世界の新車大図鑑

スズキ2021新車バイクラインナップ〈大型アドベンチャークラス〉Vストローム1050/650

●文:ヤングマシン編集部 ●情報提供:スズキ ※’21年3月7日更新

2021新車バイクラインナップ>日本車>大型アドベンチャー

Vストローム1050/XT:現代に蘇ったファラオの怪鳥[新色]

【’21 SUZUKI V-STROM 1050XT】■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 1036cc 106ps/8500rpm 10.1kg-m/6000rpm ■247kg(装備) シート高850mm 20L ■タイヤF=110/80R19 R=150/70R17 ●価格:151万8000円 [写真タップで拡大]

1036ccの90度Vツインエンジンを剛性が高いアルミフレームに搭載した、ロードセクションに重きをおいたアドベンチャー「Vストローム1050」。最新型は、最近流行の”くちばしデザイン”の元祖であるDR750S(DRBIG)のデザイナーが手がけており、スタイリングはもとより、ポジションまでかなりオフロードテイストが取り入れられた。「XT」とSTDの差は、単にホイールがスポークかキャストか、エンジンガードやスクリーン調整機構の有無などの外装装備品の違いだけではない。STDには、ボッシュ製6軸IMUも搭載されておらず、クルーズコントロールをはじめとした電子制御が非搭載となっており、8万8000円という価格以上の装備差を感じる。よほどのこだわりがないかぎりXTを選んだ方がお得だ。’21モデルはカラーチェンジのみ。

[写真タップで拡大]

【TLから継承するVツイン】TL1000シリーズ→SV1000→そしてDLシリーズと20年以上にわたり熟成を重ねてきた90度Vツインエンジン。

[写真タップで拡大]

【硬派なモノクロ反転】カラー液晶風に見えるが液晶はモノクロで、XTとSTDで液晶の背景色を黒と白で使い分ける。写真はXTのメーターパネル。

[写真タップで拡大]

【カラーバリエーション】’21モデルXTは、新色の黄×黒/灰、従来色の赤×白/黒の4色展開。 [写真タップで拡大]

【’21 SUZUKI V-STROM 1050】STDは赤×黒/黒の2色展開。●価格:143万円 [写真タップで拡大]

Vストローム650/XT:長兄同様のオンロード向け仕様[新色]

【’21 SUZUKI V-STROM 650/XT】■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 645cc 69ps 6.2kg-m ■215kg(装備) シート高835mm 20L ●価格:96万8000円 [写真タップで拡大]

TL1000由来の90度645ccVツインを搭載するミドルクラスアドベンチャー「Vストローム650」。キャストホイールのSTDとスポークホイールの「XT」が用意されるも、1050同様にキャラクターはオンロード寄り。’21モデルはカラーチェンジのみで、XTはカラフルな4色/STDは2色展開だ。

[写真タップで拡大]

【カラーバリエーション】’21モデルXTは、黄×黒/黒×赤/白/灰の4色展開。 [写真タップで拡大]

【’21 SUZUKI V-STROM 650】STDは白/灰の2色。●価格:92万4000円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報