新型バイクカタログ〈ホンダ〉

※原則として国内公道用車両を掲載

大型二輪[1001cc〜]

大型二輪[751〜1000cc]

大型二輪[401〜750cc]

普通二輪/ミドル[251〜400cc]

普通二輪/軽二輪[126〜250cc]

NSR250R(旧)

原付二種[51〜125cc]

原付一種[〜50cc]

ホンダに関連する記事

〈YM未来予想〉やっぱり欲しい5速MTダックス! モンキーと合体で犬猿マッシュアップカスタムなるか?

’19年に本誌がその存在をスクープして以来、近年まれに見るほどのスクープ合戦が各バイク雑誌を賑わせてきた大注目のダックス。こんなに楽しげなバイクを前に、ヤングマシンがムラムラしないわけがない(笑)。前回のニューカラー妄想に引き続き、ワガママ全開で「こんなの欲しい!」を考えると、先輩原付二種のモンキー125との合体案が最適かも。ラインナップ拡充は、元祖ダックスのお家芸!? レトロポップと […]

CT125ハンターカブオーナーだからこそ試してみた、ちょこっとカスタム【SNSで情報ゲット!】

全身くまなくドレスアップ&チューンしている、モトメカニック編集部・ミヤシのCT125。もうイジるところはないかと思いきや、他のオーナーの愛車をSNSやミーティングで見るたびに、もっともっと改造したくなってしまうのだとか。今回はSNS等で見つけたカスタム小ネタを実践! SNSでゲットした消耗品情報を実践 モトメカニック編集部・ミヤシが主だって利用しているSNSはフェイスブック。CT125オーナーが集 […]

〈YM未来予想〉ホンダNEWダックス ニューカラー妄想9連発! 次に来るのは伝統色か!? 新規色か?!

’19年に本誌がその存在をスクープして以来、近年まれに見るほどのスクープ合戦が各バイク雑誌を賑わせてきた大注目のダックス。こんなに楽しげなバイクを前に、ヤングマシンがムラムラしないわけがない(笑)。まずはカラーバリエーションから妄想スタート! 過去に存在したカワイイ色は、当然ながら新型にもジャストフィットするし、’70年代グラフィックやツートーンもバチッとキマる。う〜ん、楽 […]

【Q&A】エンジンは、本当に「性能の水冷、味わいの空冷」なの? 「油冷」は?【バイクトリビア011】

薄くて長い冷却フィンが美しい空冷エンジン。無機質ゆえに高性能を匂わせる水冷エンジン。ルックスは大きく異なるけれど、どちらもエンジンを冷やすための手段に変わりなく、効率を考えたら水冷に軍配が上がる気がするけれど……、空冷ってオワコンなんですか? いまどきは水冷が優勢のようだけど…… なにを今さら……の話ながら、エンジンのシリンダーの中(燃焼室)では、空気とガソリンを混ぜた混合ガスをギュッと圧縮し、点 […]

このまま終わりじゃ寂しすぎる! ホンダCB400SF/SBに有終の美「ファイナル」熱望ッ!

ホンダCB400スーパーフォア/スーパーボルドール。また1台、日本の誇る名車が消えることとなった。規制対応に必要なコストと販売台数を天秤にかければ、生産終了という結論は仕方ないのかもしれない。しかし、このバイクだけは意地でも作り続けてほしかったし、それが叶わないならば、せめて長年のファンへの感謝を込めた”ファイナル”を用意してほしい…と考えるのは贅沢だろうか? 30年も売れ […]

GB350Sが現代版カフェレーサーに! アクティブがセパレートハンドルキットなどを開発中

アクティブが東京&名古屋モーターサイクルショーに出展したGB350Sをご紹介したい。コンセプトは「往年のスタイルに縛られない現代のカフェレーサー」で、開発中のトップブリッジ&セパレートハンドルキットやアルミ鍛造ホイール、ステップキットなどを取り付け、新たなシングルスポーツ像を提案している。 シンプルな素性と美しいエンジンの存在感を生かしながら、さらなるスポーティさを 2021年に発売されたホンダG […]

〈動画〉旧型オーナー、思わず涙目!? ホンダ スーパーカブ110新旧比較【より乗りやすく上質に】

言わずと知れた国民的2輪…いや、いまや名実ともに”世界の足”であるスーパーカブが、’22年に歴史的進化を遂げた。レトロな車体に新型エンジンを積み込んで、足まわりもキャストホイール&ディスクブレーキに変更、ついにABSを搭載してみごと現代化を果たしたのだ。新型発表の4ヶ月前に従来型スーパーカブ110を購入していた(!?)フリーライターの沼尾宏明と、ヤングマシン編集 […]

ニッキー・ヘイデンを忘れない【ビッグスマイルが眩しいアメリカンライダー】

世界グランプリが4ストロークになってからの2000年代のMotoGPは、ヨーロピアンライダーたちがタイトル争いを展開。その中でもヴァレンティーノ・ロッシの強さはズバ抜けていた。そんな中、僕が忘れられないライダーはアメリカ出身のニッキー・ヘイデンだ。ニッキーは表情が豊かで人間らしさを全面に出したライダー。彼のビッグスマイルはとても気持ちがよかった。過去形なのが寂しいが、特に忘れられないのが2006年 […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース