新型バイクカタログ〈ホンダ〉

※原則として国内公道用車両を掲載

大型二輪[1001cc〜]

大型二輪[751〜1000cc]

大型二輪[401〜750cc]

NC750SNC750XX-ADVCBR650RCB650RCBR600RRレブル500

普通二輪/ミドル[251〜400cc]

CB400SF/SBCBR400R400XGB350/S

普通二輪/軽二輪[126〜250cc]

CBR250RRCB250RCRF250L/ラリーレブル250/SエディションフォルツァPCX160ADV150

PCX150(了)NSR250R(旧)

原付二種[51〜125cc]

CB125RPCX/e:HEVPCXエレクトリックリード125ディオ110スーパーカブC125CT125ハンターカブスーパーカブ110/プロクロスカブ110モンキー125グロムベンリィ110/プロベンリィe:II/プロ

原付一種[〜50cc]

スーパーカブ50/プロクロスカブ50ジョルノタクト/ベーシックダンクベンリィ/プロベンリィe:I/プロジャイロXシリーズジャイロe:シリーズ

ホンダに関連する記事

ホンダ「グロム」に鮮烈イエロー、”SP”も見参だとッ?! 【’22 ホンダ 新色続々登場】

欧州や北米にて、続々と発表されている’22モデル。ホンダもEICMA(ミラノショー)を中心にニューカラーの発表ラッシュだ。レブルのアースカラーは既報の通りだが、X-ADVにもタフなイメージに合う新色ベージュが登場。ここではフォルツァやCB650R/CBR650R、スクーターのSHシリーズなど、ホンダの新色を一挙にご紹介しよう!! とくに注目なのはグロム。”女王蜂&#8221 […]

ホンダ新型「ADV350」見参!! 欧州にタフ・スクーター投入で国内はADV250の可能性も出てきた!

ホンダは、イタリア・ミラノで開催されるEICMA2021(ミラノショー)において欧州向け’22年モデルを発表。そのラインナップの中に、ニューモデルとなるADV350も含まれていた。アドベンチャーモデルのスタイルと、都会に映えるスクーターの洗練さを融合したADVシリーズ。X-ADV、ADV150に続きミドルクラスにもタフなスクーターが登場だ! 330ccのeSP+搭載、セレクタブルトルク […]

【超速報】まさかのパラツインで転生!? ホンダが「ホーネット」のコンセプトを動画で発表!!

ホンダは11月23日に開幕したEICMA(ミラノショー)で、「The Hornet(Hornetコンセプト)」と題された動画を公開。そこにはストリートファイターらしいスポーティな外観に加え、2つのピストンが作動する様子と、どう聞いても並列4気筒には聞こえないサウンドが収められていた……ッ! 新開発の並列2気筒を搭載か? ホンダが公開した1分弱の動画には、外観のシルエットとエンジン内部でピストンが激 […]

限定30周年カラー!! ホンダ新型「CBR1000RR-R/SP」登場、パワー特性もリファイン

ホンダは欧州で「CBR1000RR-R FIREBLADE/SP」を発表した。最高出力218ps/14500rpmはそのままに、コーナー中間からの加速を改善するために吸気まわりを改善。最終減速比もショート化したほか、シフターやトラコンもリファインされた。そして何よりのニュースは、CBR900RRファイアーブレードの初登場から30周年を祝うアニバーサリーカラーの採用だ。 1992年の初代“馬場ブレー […]

ホンダCB1100 歴代&全カラーオールアルバム後編【’17〜’20:スポーティなRSも登場した”第3世代”】

ファイナルエディションをもってその11年の歴史に終止符を打つ、ホンダCB1100。それは同時に、国内の空冷直4の終焉も意味する。ここでは稀代の名車に敬意を評し、あらためて初登場からの全モデル/全カラーを振り返る。後編では、’17から’20限定カラーまでの各モデルを解説。”第3世代”はリファインされ型式名も変更、’17でスポーティなRSが登場した。 & […]

【本当にディスコン? 10年ぶりにCB400SFで全開走行】回れ、エンジン! 轟け、Vテックサウンド!

とにかくVTECを楽しんでみたかったので、迷わずサーキットへ。エンジンをぶん回して400cc/4気筒そしてVテックならではのエキゾーストノートの切り替わりを存分に楽しんだ小川編集長。「最新技術でこのパッケージがあったら面白いと思うけどなぁ……」と語る、その快感の走りとは? CB400SFデビューは1992年。ブームだった当時の400cc/4気筒はすべて旧車に…… 1974年生まれの僕は、CB400 […]

ホンダCB1100 歴代&全カラーオールアルバム中編【’14〜’16:走りも外観も深化した”第2世代”】

ファイナルエディションをもってその11年の歴史に終止符を打つ、ホンダCB1100。それは同時に、国内の空冷直4の終焉も意味する。ここでは稀代の名車に敬意を評し、あらためて初登場からの全モデル/全カラーを振り返る。中編では、’14〜’16の各モデルを解説。登場してから初めてエンジンに手を入れたほか、トラディショナルでよりCB750フォア風なイメージの新グレード、EXも登場した。 ’14モデル &#8 […]

〈動画〉ホンダ「モンキー125」5速の新型と4速の旧型、比較したら意外な結論が……!【新旧比較インプレ】

平成32年排出ガス規制(≒ユーロ5)をクリアした新エンジンを引っさげて登場した新型モンキー125。ロングストロークに5速化って、こりゃもう激変は間違いナシでしょ……と、旧型も引っ張り出して比較試乗してみたところ、ちょっとばかり意外な変化が!? 走らせての楽しさは不変だが、ヤンチャな旧型に対して新型はとっても上質! さらにさらに…と、ここから先は動画を見てのお楽しみ。このクラスのテスト経験は超豊富、 […]

モンキーとの差別化だっ! 復活ダックスは5速MTでキマリと思いきや、4速クラッチレス説浮上!?〈YM未来予想〉

タンデムOKで操作もラク。お気軽FUNバイク爆誕か? 車名の通りダックスフンドのような愛すべき胴長短足フォルムが魅力だった往年のダックスホンダ。その現代版のデビューが少しずつ近づいてきた。 ホンダは、原付二種クラスに伝統の横型エンジンを搭載したマシンを続々展開。モンキー125/スーパーカブC125/CT125ハンターカブに続くリバイバル第4弾がこの「ダックス」だ。 『ヤングマシン』誌が最初にダック […]

ホンダCB1100 歴代&全カラーオールアルバム前編【’10〜’12:拍手で迎えられた”第1世代”】

ファイナルエディションをもってその11年の歴史に終止符を打つ、ホンダCB1100。それは同時に、国内の空冷直4の終焉も意味する。ここでは稀代の名車に敬意を評し、あらためて初登場からの全モデル/全カラーを振り返る。前編では、’10〜’12の各モデルを解説。デビュー時にはタイプIとタイプIIが用意されており、’11にはホンダ系チューニングブランドより限定モデルも発売 […]

[続報] レブル1100の派生ネイキッドはGBではなく「ホーク1100」の可能性!?

’70年代旧車ファン大興奮! ビッグネームが復活か? 先日、CRF1100Lアフリカツイン譲りの並列ツインを積む新型ツアラー「NT1100」が正式発表され、これでレブル1100に続くアフリカツイン派生モデルが加わった。さらに第3弾として”ネイキッド”が企画中とのウワサについても既報のとおりだ。 この新作ネイキッドは、日本専用モデルとして企画される模様。空冷直4の […]

C100に続いて登場したスポーツカブやハンターカブ「遊びの扉も開いた、スーパーカブの派生モデルたち」

スポーツカブシリーズ/CT(ハンターカブ)シリーズ、そして派生モデルたち 庶民の移動手段として、配達などの物流を担う存在として、1958年に登場した「スーパーカブC100」は日本人の生活に大きな利便性をもたらした。しかし、「カブ」は遊びの扉を開く存在にもなった。 シンプルかつ堅牢な構造のカブ系エンジンは、モンキー、ダックスなど様々なレジャーバイクに搭載されたことは多くに人の知るところだろう。そうし […]

ホンダ「レブル1100/レブル500」に新色アースカラー! 欧州と北米で2022年モデル登場

ホンダは北米でレブル1100の新色を、そして欧州ではレブル1100およびレブル500の新色を発表した。1100のカラーリングは欧米とも共通のブラウンで、500は日本で発売されたばかりのCT125ハンターカブと同じ色名“パールオーガニックグリーン”を採用している。 大型バイクのトップセラーに早くもニューカラーを追加 ホンダは北米と欧州でレブル1100(欧州正式名:CMX1100 REBEL)に新色の […]

ホンダのミニモト「ナビ」が参上!! オートマチックのカワイイやつが北米進出だ!

ホンダは、インド生まれのオートマチックファンバイク「NAVI」を北米市場に投入することを発表した。街中でのイージーな移動手段への需要に応える形で、アメリカでは珍しい(?)オートマのミニモトが発売されることになる。 シート高765mm、約20万8000円でグロム似のタウンライドマシンをリリース ホンダはアメリカ市場にインド生まれのオートマチックファンバイク「ナビ(NAVI)※インド名はNAVI 11 […]

最後の空冷4発を徹底解剖:’10 初代ホンダCB1100メカ解説【開発資料を紐解く】

CB1100のファイナルエディションをもって、遂に市販車ラインナップから消えることとなる”空冷4気筒”。CB1100が登場したのは’10年で、当時の目標は”機能美と気持ち良い走りを両立させる”こと。どのようにしてホンダのエンジニアは、この稀有な存在を世に送り出したのか。ここでは当時の資料を紐解き、初代CB1100の技術面を改めてクローズア […]

ホンダNC750Xベースのツアードオフ「トランザルプ」復活か!?〈YM未来予想〉

大谷サン並みの二刀流。アルプスローダー復活か ヤングマシンのお家芸・未来予想ラインナップに、またも懐かしい車名が…。以前から噂のあったアフリカツインの弟分がいよいよ登場し、「トランザルプ」のネーミングを襲名するようだ。 トランザルプは’87年にデビューし、オンロード重視ながらオフロードもそこそこイケるアルプスローダーとして欧州で人気を博した。フロント19インチやワイヤースポークホイール […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報