世界の新車大図鑑

ホンダ2021新車バイクラインナップ〈51〜125cc原付二種クラス〉グロム/ハンターカブetc.

●文:ヤングマシン編集部 ●情報提供:ホンダ ※’21年3月19日更新

グロム:新設計エンジン+待望の5速ミッション。カスタムも自由自在[モデルチェンジ]

【’21 HONDA GROM】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 123cc 10ps/7250rpm 1.1kg-m/5500rpm ■102kg(装備) シート高761mm 6L ■タイヤF=120/70-12 R=130/70-12 ●価格:38万5000円 ●発売日:’21年3月25日 [写真タップで拡大]

近未来ストリートファイターとも言えるアグレッシブな原付二種スポーツ「グロム」が’21モデルでモデルチェンジ。新作された横置きの空冷単気筒エンジンはストロークを何と5.2mmも伸ばし、高圧縮化することで全域で大幅にトルクアップ。高回転域でのパワーの伸びも確保した。トランスミッションは従来の4速から、ファン待望の5速を標準装備。一体型だったマフラーは2分割となり、スリップオンサイレンサーにも対応。先行発表されたタイ仕様では、外装パーツ(タンクカバーとサイドカバー)が片側6本のボルトで簡単に着せ替え可能なことも明らかになっており、カスタムパーツの今後の展開も楽しみだ。

国内仕様のカラーバリエーションは、フォースシルバーメタリックとマットガンパウダーブラックメタリックの2色。 [写真タップで拡大]

CT125ハンターカブ:大人気のトレール名車が現代スペックで蘇った

【HONDA CT125 HUNTER CUB】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 8.8ps/7000rpm 1.1kg-m/4500rpm ■120kg(装備) シート高800mm 5.3L ■タイヤF=80/90-17 R=80/90-17 ●価格:44万円 ※’21年3月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

スーパーカブをベースに、アップマフラーやブロックタイヤを装備してトレール性能を高めたCT110=通称「ハンターカブ」が国内発売されたのが’80年。国内外で人気を博したが、’12年にオーストラリア向けモデルで生産を終了。逆輸入車や中古車市場でも高い人気を誇る名車で、そのリバイバルモデルがこの「CT125」だ。スーパーカブC125をベースに、アップマフラー/メッキのアンダーガード/大型キャリヤなどをも再現し、走破性を高めるトップブリッジまで繋がるフロントフォークも踏襲。前後17インチのブロックタイヤにとどまらず、サスペンションのストロークも伸ばして最低地上高も165mm確保した本格トレール。スタイルこそCT110を踏襲するが、灯火類はフルLEDでメーターも液晶。主たるフィールドは自然の中だが、何物にも似ないモダンなデザインは都会にも映える。ヤングマシン独自情報では近々アーミー調のグリーンが登場する模様だが、現行の2色に追加されるのか、どちらかが廃盤になるのかは未定。

[写真タップで拡大]

’20モデルのカラーバリエーションは、グローイングレッドとマットフレスコブランの2色。

[写真タップで拡大]

【’21新色はグリーンか?】’21年モデルにアーミー風のグリーンが登場するのではという情報をキャッチ。クロスカブ50/110のカモフラージュグリーンに近似したカラーか!?

モンキー125/ABS:大きくなってもカワイイ猿

【HONDA MONKEY 125/ABS】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 9.4ps/7000rpm 1.1kg-m/5250rpm ■107kg(装備) シート高775mm 5.6L ■タイヤF=120/80-12 R=130/80-12 ●価格:40万7000円 ※’21年3月時点の国内仕様 ※諸元はABS [写真タップで拡大]

“遊び心”で右に出るモノがない「モンキー」。50年に渡って生産された50ccモデルは惜しまれながら’17年に生産終了したが、グロムをベースに125ccで’18年に復活! Z50Z系の台形燃料タンク/タックロールシート/倒立フォーク/2本サスペンションなど、”モンキーらしさ”を満載。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

カラーバリエーションは赤/黄/青/黒の4色。燃料タンクやサイドカバーだけでなく、フレーム/スイングアーム/アウターチューブ/スプリングまで同色だ!

CB125R:DOHC4バルブの新エンジンとSFF-BPで走り一新[モデルチェンジ]

【’21 HONDA CB125R】■水冷4スト単気筒DOHC4 バルブ 124cc 15ps/10000rpm 1.2kg-m/8000rpm ■ 130kg(装備) シート高815mm 10L ■タイヤF=110/70R17 R=150/60R17 ●価格:47万3000円 ●発売日’21年4月22日 [写真タップで拡大]

ネオスポーツカフェCB-Rの末弟である「CB125R」の’21年モデルが欧州で先行発表され、3月19日に国内も正式発表。従来モデルデザインを踏襲するのでマイナーチェンジと思いきや、水冷単気筒エンジンがSOHC2バルブからDOHC4バルブに完全刷新! ボア×ストロークを58.0×47.2mmから57.3×48.4mmにロングストローク化し、圧縮比も11.0:1→11.3:1に高めて15psを発揮する。WMTCモードで46.8km/Lの好燃費と排ガスのクリーン化を実現し、欧州仕様ではユーロ5への完全適合もアナウンスされている。また倒立フォークは125クラス初のφ41mmSFF-BPを装備。IMU付きABSの4ポッドラジアルマウントキャリパー&φ296mmウェーブディスクのブレーキと合わせ、足まわりも強化された。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【カラーバリエーション】カラーはグレーとレッド、ツヤ消しのブラックの3色を設定。ブロンズ色になったエンジンカバーや同色のホイールが高級感を醸し出す。ライトリムはブラックに変更。

スーパーカブC125:初代C100へのリスペクトから生まれたプレミアムモデル

【HONDA SUPER CUB C125】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 9.7ps/7500rpm 1.0kg-m/5000rpm ■125kg(装備) シート高780mm 3.7L ■タイヤF=70/90-17 R=80/90-17 ●価格:40万7000円 ※’21年3月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

’58年に発売された初代スーパーカブC100の誕生60周年を記念して、’18年に登場した「スーパーカブC125」。初代のスタイルやカラーをオマージュするが装備は最新。エンジンはモンキー125と同系の横置き空冷単気筒で、WMTCモード66.1km/Lの好燃費を誇る。切削仕上げが美しいC125専用キャストホイールにはチューブレスタイヤを履き、フロントブレーキは油圧式ディスク。”かもめハンドル”に埋め込まれた前ウインカーやレンズが飛び出したリヤウインカーなど灯火類はフルLEDで、スマートキーによるアンサーバックで自車位置を知らせる機能も装備する。コンパクトなリヤキャリヤもボディ同色にペイントするなど、とことん質感を高めたスペシャルなカブだ。

カラーバリエーションは、初代C100モチーフの青×赤シートに加え、’19年はグレー、’20年にはブラックが追加されて3色がラインナップされる。 [写真タップで拡大]

クロスカブ110シリーズ:野山を駆けるバイク版SUV。タフカブに新色登場か!?

【HONDA CROSS CUB 110】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 109cc 8.0ps/7000rpm 0.87kg-m/5500rpm ■106kg(装備) シート高784mm 4.3L ■タイヤF=80/90-17 R=80/90-17 ●価格:29万7000円 ※’21年3月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

スーパーカブ110をベースに、SUV的なモディファイを加えたタフな「クロスカブ110」。独立ケースに収めた丸型LEDライトはキャリヤにもなる武骨なパイプガードに守られ、フレームカバーはレッグシールドを省略した専用品。マフラーにはスリット入りのヒートガードを取り付け、リヤキャリヤはブラックアウトしてワイルドなイメージを演出。スタイルだけでなく、最低地上高もスーパーカブ110より22mm高い157mmで、前後17インチタイヤはワイドなセミブロックタイプを装備し、ステップも可倒式に変更。そんな遊び心満点なクロスカブだけに、ゆるキャラのくまモンとコラボしたバージョンもラインナップ。’21年モデルでは新色としてブルーが登場する?

カラーバリエーションは黄/白/緑の3色。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【誰か買って!!】スペシャルエンブレムや足跡マークの入る「くまモンバージョン」(1万1000円高)もアリ。

[写真タップで拡大]

【’21新色はブルー!?】ヤングマシン独自情報によると、’21年モデルにはブルー系のカラーが投入される模様。くまモン仕様に続く”ド〇えもん”バージョンとなるか!?

スーパーカブ110/プロ:1億台超えの世界を支えるビジネス車

【HONDA SUPER CUB 110/PRO】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 109cc 8.0ps/7500rpm 0.87kg-m/5500rpm ■ 99kg(装備) シート高735mm 4.3L ■タイヤF=70/90-17 R=80/90-17 ●価格:28万500円 ※’21年3月時点の国内仕様STD [写真タップで拡大]

’58年の登場以来、世界生産累計1億台を超えた脅威のベストセラーモデル「スーパーカブ」。’18年に丸みを帯びたデザインに回帰し、LEDの丸目ライトを装備。停車時のみロータリー式になる自動遠心クラッチの4速ミッションなど利便性も抜群。ポップなブルーメタリック/パールイエロー/白/ベージュ/緑/青とカラーも多数用意。前後14インチタイヤとフロントバスケット&大型リヤキャリヤを装備する「プロ」もラインナップ。

【HONDA SUPER CUB 110 『天気の子Ver.】映画『天気の子』に登場したピンクのカブ。受注期間は終了したが、まだ販売店在庫アリ!●価格:31万3500円 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

カラーバリエーションは青/黄/白/ベージュ/濃緑/濃紺の6色。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【HONDA SUPER CUB 110 PRO】●価格:30万2500円 ※’21年3月時点の国内仕様

[写真タップで拡大]

【タイで新世代110登場!】タイホンダは”オールニュー”と銘打った’21年モデルを発表。前後一体シートも目を引くが、ロングストロークの新型エンジンを搭載!


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報