世界の新車大図鑑

スズキ2021新車バイクラインナップ〈大型ネイキッドクラス|新色GSX-S750 etc.〉

スズキ2021新車バイクラインナップ〈大型ネイキッドクラス|新色GSX-S750 etc.〉

●文:ヤングマシン編集部 ●情報提供:スズキ ※’21年2月28日更新

2021新車バイクラインナップ>日本車>大型ネイキッド

GSX-S1000:’21は海外でも未発表

スズキGSX-S1000|'21新車バイクラインナップ|日本車

【SUZUKI GSX-S1000】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 148ps/10000rpm 10.9kgm/9500rpm ■209kg(装備) シート高810mm 17L ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ●価格:115万2800円 ※’21年2月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

GSX-R1000のDNAを受け継いだスポーツツアラー・GSX-S1000Fからフルカウルを取り払った俊敏ネイキッド「GSX−S1000」。ハンドルマウントのビキニカウルや大型のラジエターシュラウドを持ち、車重はFより5kg軽量化。サスペンション設定はネイキッド向けに最適化されている。国内現行モデルは’20年2月にカラーチェンジを受けて、ブルー/グレー/ブラックの3色で登場。’21モデルはまだ海外でも発表されていない。

スズキGSX-S1000|'21新車バイクラインナップ|日本車
スズキGSX-S1000|'21新車バイクラインナップ|日本車

【カラーバリエーション】’20欧州モデルは、日本と同じグレーメタリックのほか、日本では型落ちしたホワイトの継続販売なども含めた4色6パターンが設定された。 [写真タップで拡大]

GSX-S750:ビキニカウルが精悍ブラックに[新色]

スズキGSX-S750|'21新車バイクラインナップ|日本車

【’21 SUZUKI GSX-S750】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 749cc 112ps 8.2kg-m ■212kg(装備) シート高820mm 16L ●価格:98万7800円 [写真タップで拡大]

「GSX-S750」のエンジンはGSX-R750ベースの直4で、最終減速比もローギヤードに設定され加速はスパルタン。3段階+OFFのトラクションコントロールのほか、スズキおなじみのローRPMアシストやイージースタートシステムといった電子装備を持つ。’21年モデルでは白を廃止し、新色の青×黒と灰×黒は倒立フォークをゴールドアウターチューブに。

スズキGSX-S750|'21新車バイクラインナップ|日本車
[写真タップで拡大]

【貴重なナナハン直4】エンジンはGSX-Rベース。ライバルたちは800cc以上に排気量アップしていったため、ナナハンとしては今や貴重な直4だ。

スズキGSX-S750|'21新車バイクラインナップ|日本車
スズキGSX-S750|'21新車バイクラインナップ|日本車

【カラーバリエーション】’21モデルは青×黒のほか、灰×黒、ツヤ消し黒の3色展開。 [写真タップで拡大]

SV650 ABS:フレーム色がすべて異なる[新色]

スズキGSX-SV650|'21新車バイクラインナップ|日本車

【’21 SUZUKI SV650】■水冷4ストV 型2気筒DOHC4バルブ 645cc 76.1ps/8500rpm 6.5kg-m/8100rpm ■197kg(装備) シート高785mm 14L ■タイヤF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ●価格:78万5400円 [写真タップで拡大]

645ccのVツインエンジンを搭載したミドルネイキッド「SV650」。スズキ独自のSCEMメッキシリンダーなどによって高い信頼性を誇り、ローRPMアシストなどで扱いやすさも確保するほか、スタータースイッチをワンプッシュするだけでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」なども装備する。国内’21モデルは主要諸元に変更なく、カラーチェンジ(全3色)のみ施された。

スズキGSX-SV650|'21新車バイクラインナップ|日本車
スズキGSX-SV650|'21新車バイクラインナップ|日本車

【カラーバリエーション】ツヤ消し黒(青フレーム)の他、黒×白(赤フレーム)と黒(金フレーム)の3色展開。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報