ロイヤルエンフィールド新型バイク総まとめ【’22は英国の薫り漂う真正レトロ、クラシック350が目玉】

ロイヤルエンフィールド新型バイク総まとめ

●まとめ:ヤングマシン編集部

クラシカルな雰囲気を味わえる伝統ブランド

創業は1891年、実業家ボブ・ウォーカーとアルバート・エディによりスタート。現存するバイクブランドの中でもかなりの歴史を持つのが、ロイヤルエンフィールド(ROYAL ENFIELD)。イギリスで誕生し、現在はインド資本下。インド国内でも高い人気を誇るブランドだ。

真のレトロを味わえるブランドであり、なんと基本設計は’50年代のままという本物ビンテージ、ビュレット500/クラシック500シリーズを’21までラインナップしていた。

’22からは代わりに、新作クラシック350が登場。クラシカルなデザインだが、ベースは’21から日本にも導入された人気のメテオ350と共通。全域で扱いやすく、単気筒の味わいがありつつも不快な振動は無い。そんなメテオ同様の走りをみせてくれるはずだ。

2気筒モデルのINT650とコンチネンタルGT650には、創業120年を祝う特別仕様車が台数限定で登場。

南極を走破するプロジェクトを成功させたADV、ヒマラヤはマイナーチェンジでナビシステムを獲得するなど、老舗ブランドの挑戦は止まらない。

ロイヤルエンフィールド 最新モデルの動向

  • ’21で創業120周年の老舗
  • 新作シングル、メテオ350も人気
  • クラシック350が’22話題作
  • 2気筒の主力モデルに記念車
  • ヒマラヤもナビ獲得でパワーアップ

ロイヤルエンフィールド ラインナップ

ヘリテイジ/ネオクラシック

アドベンチャー/クロスオーバー/オフロード


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ロイヤルエンフィールドに関連する記事

ロイヤルエンフィールド INT650 試乗【良き時代の英国クラシックの香りを現代の感性で再び……】

“バイクの最新技術”と聞くと、よりハイスペックなマシンや多彩な電子制御のための言葉に思えるが、ロイヤルエンフィールドはクラシックフィーリングを再現することに重点をおき、その技術を投入。ライダーに寄り添うような優しさと安心感を追求し続けている。尖った部分がなく、どこまでもフレンドリー、速度を問わずバイクの楽しさを教えてくれるのがINT650だ。 ロイヤルエンフィールドは空冷パラレルツインを熟成させ続 […]

Hello クラシック350! ロイヤルエンフィールドの350cc シングルエンジンに乗ってみた【with HIMALAYAN vol.7】

40歳でバイクに乗りたいと思い立ち、普通二輪&大型二輪の免許を取得。今年2月に人生初バイク・ヒマラヤを購入したと同時にバイクライフが本格的にスタートしたミリオーレ営業・ムラタ。ヒマラヤとの生活を謳歌しつつ話題のクラシック350に試乗してみたり、はたまたYou Tubeでヒマラヤの旅を擬似体験したり。バイクに乗るようになって、生活は少しずつ変化しつつある。 ヒマラヤでヒマラヤを走る! Mot […]

はじめてのマスツーリング@奥多摩、ヒマラヤはじめての負傷?【with HIMALAYAN vol.6】

40歳でバイクに乗りたいと思い立ち、普通二輪&大型二輪の免許を取得。今年2月に人生初バイクを購入したと同時にバイクライフが本格的にスタートしたミリオーレ営業・ムラタ。5月某日、ロイヤルエンフィールド13台でのマスツーリングに参加。他のライダーと一緒に走行すること自体にとてもとても緊張し、なんとツーリングスタート時にアクシデントが! インフルエンサーのmapicoさんとYUさんともご一緒させ […]

海外メーカーの搭載車種と機能を一挙紹介:後編【スマホと “つながる”バイク最新事情】

近頃、スマートフォンと連動できる機能を備えたバイクが一挙に増えてきた。電話の発着信に、音楽、ナビゲーション機能。スマホがバイクの機能の一部として使えるようなもので、慣れればとても便利な機能だ!! そこで今回は、最新のスマホ連動機能搭載車とその機能をチェック。ここではトライアンフ、KTMやハーレーなどの海外メーカーについて、どんな車種にどれだけの機能が採用されてきているのかを見てみよう。 【TRIU […]

ロイヤルエンフィールド コンチネンタルGT650 試乗【ハリスフレームに空冷ツインを搭載した正統派英国カフェレーサー】

1950~1960年代の英国カフェレーサーを現代に蘇らせたのが、ロイヤルエンフィールドのコンチネンタルGT650だ。トップブリッジの下にマウントされたハンドルに手を伸ばし、2眼メーター越しに見る風景はとてもノスタルジー。しかしその走りは本格的で、650ccとは思えないパルス感と共に力強い加速を約束してくれる。 市街地を散策しながら、そのポジションと鼓動を楽しむ まだ眠っている早朝の都内は、とても静 […]

人生初のバイク納車は、慣らしやキルスイッチ、ハンドルロックに困惑……【with HIMALAYAN vol.4】

2021年の春に思い立ち10月に大型二輪の免許を取得したわけだが、そこから実際にバイクに乗ったのは4カ月後。公道デビューするなら自分のバイクがいい! とひたすらに納車を心待ちにし、2022年2月に念願のヒマラヤが納車! ついにミリオーレ営業・ムラタのバイクライフがスタートした。 自分ビビりですから! 新車ヒマラヤの初走行はベテラン任せ 図らずもタンデムによって見えてきた初心者ライダーの課題 タンデ […]

教習所通いを後悔した日々がYouTubeに救われるまで【with HIMALAYAN vol.3】

前回の記事ではバイクに乗りたい! 教習所に行こう! と決断に至るまでの至極個人的な歴史を20代後半~40代にかけて簡潔に振り返った次第だが、教習所に通いはじめて早々にそんな想いは打ち砕かれた。よくエンストし、よく転び、そして人知れず涙しながら登校拒否? まで頭の片隅によぎった日々をお伝えしようと思う。 4月に申し込んだ教習が6月からようやくスタート! 4月に訪れた教習所に再び足を踏み入れたのは6月 […]

待望の試乗! ロイヤルエンフィールド クラシック350【レトロとモダンの完璧な融合】

今、これほどまでにクラシックスタイルを追求するバイクメーカーは他にない。1901年に世界で初めてバイクを製造したロイヤルエンフィールドは、1970年までイギリスでバイクを製造していたが、現在はインドで存続。R&Dは今もイギリスで行っている。近年の厳しい規制に対応しつつも、空冷エンジンだけを生産し続ける稀有なメーカーだ。そんなロイヤルエンフィールドがクラシックの名前を使った新しいモデルを提案。日本に […]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース