世界の新車大図鑑

2021新車バイクラインナップ〈日本車大型スクータークラス〉X-ADV/TMAX etc.

2021新車バイクラインナップ>日本車>大型スクーター

ホンダ X-ADV:出力アップに加えフレームも再設計[モデルチェンジ]

よりシャープでスリムなスタイリングになったのはもちろんだが、エンジン、フレームにまで手を入れるブラッシュアップを敢行した「X-ADV」。最大の目玉は、今回から電スロが投入され、”スタンダード/スポーツ/レイン/グラベル”の4種類モードに加え、出力/エンジンブレーキ/トラクションコントロールが自由に設定できる”ユーザー”の5種類のモードが選択可能になったこと。ちなみにテールスライドコントロールに便利なGスイッチは”グラベル”へと統合。DCTのシフトパターンも5種類から選べるようになった。車体に関してはキャスター&トレールに変更はないものの、フレームで1kg軽量化が行れ、車体全体では約2kgのシェイプアップ。将来的にはアフリカツインやCRFシリーズで定着しつつある長脚の<s>仕様も期待したいところだ。

ホンダX-ADV|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター

【’21 HONDA X-ADV】■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 745cc 58ps/6750rpm 7.0kg-m/4750rpm ■236kg(装備) シート高790mm 13L ■タイヤF=120/70R17 R=160/60R15 ●価格:132万円 ●発売日:’21年3月25日 [写真タップで拡大]

ホンダX-ADV|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター
[写真タップで拡大]

【電スロ化でパワーUP】4psアップした58psを6750rpmで発揮。ギヤ比を再設定し1~3速はショート化してパンチをアップ。逆に4~6速は燃費のためにロング化。

ホンダX-ADV|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター
[写真タップで拡大]

【スクーターは姿だけ】アフリカツインと同形状のテーパーハンドルを引っさげ’17年に登場したX-ADV。’18年のトラクションコントロール装備に加え、今回は電子制御スロットルを得たことで、さらにそのSUV具合に磨きがかかった。

ホンダX-ADV|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター
[写真タップで拡大]

【ボイスコントロール対応カラーTFT】5インチTFTディスプレイは無線接続でスマートフォンとリンク。バイク側から音声(要インカム)やスイッチボックスからの操作が可能に。

ホンダX-ADV|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター
[写真タップで拡大]

【防風性&調整域UP】5段階調整できるスクリーンも新形状に。パーキングブレーキがハンドル右へと移設され、新たにグローブボックスも新設。

ホンダX-ADV|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター
ホンダX-ADV|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター

【強烈複眼+DRL】内側と外側の区別がないシームレスデザインはそのままにスリム化。LEDヘッドライトには、細目のデイタイムランニングライトも採用。 [写真タップで拡大]

ホンダX-ADV|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター
[写真タップで拡大]

【フルフェイスOK】フレーム再設計で足着き性を向上させるとともに、シート下が1L拡大して22Lに。USBタイプCの充電コネクタも装備。

ホンダX-ADV|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター
[写真タップで拡大]

【スマートキー仕様】スマートキーを継続採用。イグニッション操作はもとより、給油口解錠やハンドルロック、加えてOPのトップボックスの解/施錠が可能。

ホンダX-ADV|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター
ホンダX-ADV|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター

カラーバリエーションはパールディープマッドグレーとグラファイトブラックの2色。 [写真タップで拡大]

ホンダX-ADV|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター
[写真タップで拡大]

【オプションでSUV感UP】38/50Lトップボックスに、左右それぞれ33/26Lのパニアと旅性能を高めるオプションも充実。

ホンダ フォルツァ750:日本車最大スクーターも国内導入は微妙?[新型]

エンジン、フレームなどの基本構成はX-ADVを踏襲し、スクーターライクなアーバンデザインが与えられた、「フォルツァ750」というブランニューモデル。だが、ひと昔前を知るライダーからすれば、’12年登場のインテグラを連想するだろう。インテグラは、NC700の3兄弟として生まれたものの、後のアドベンチャーブームの立役者となったNC700Xとは違いセールス面は苦戦。スクータースタイルなのに、他の兄弟モデルよりも少ないラゲッジスペースが利便性で劣るなどの弱点もあった。しかしこの「フォルツァ750」は、ヘルメットがきちんと収納できる22Lのシート下スペースを確保しており、装備類もアップデート。ただ、いまのところ国内導入の声は聞こえてこない。

ホンダ フォルツァ750|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター

【’21 HONDA FORZA 750】■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 745cc 58.5ps/6750rpm 7.0kg-m/4750rpm ■235kg(装備) シート高790mm 13.2L ■タイヤF=120/70R17 R=160/60R15 ●国内導入予定なし? ※諸元は海外仕様 [写真タップで拡大]

ホンダ フォルツァ750|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター
[写真タップで拡大]

【パワーアップ】X-ADVとは制御が異なり、ライディングモードは4種類。DCTのシフトタイミングは4種類から選ぶことが可能。

ホンダ フォルツァ750|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター
[写真タップで拡大]

【大径ディスク】タイヤサイズも120mmストロークもX-ADVと共通だが、ブレーキディスクは14mm外径が大きいφ310mm。

ホンダ フォルツァ750|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター
[写真タップで拡大]

【5インチフルカラー】5インチTFTメーターはX-ADVと同じだが、デザインを5種類から選択可能。ホンダスマートフォンボイスコントロールも装備。

ホンダ フォルツァ750|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター
[写真タップで拡大]

【大胆DRL】フルLED照明でフォルツァらしい2眼の吊り目。ボディーマウントのミラーはシリーズ共通だが、ウインカーは埋め込みタイプを採用。

ホンダ フォルツァ750|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター
[写真タップで拡大]

【USB電源もある】シート下スペースは22Lでヘルメットも収納可能で、背面に給電のためのUSBタイプCを装備。

ホンダ フォルツァ750|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター
ホンダ フォルツァ750|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター

[写真タップで拡大]

ホンダ フォルツァ750|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター
[写真タップで拡大]

【カラーバリエーション】欧州は4色展開だ。

ホンダ フォルツァ750|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター
[写真タップで拡大]

X-ADVと同様、オプションも豊富。38Lトップボックス、26/33Lパニアケースなどに加え、ディフレクター類やレッグカバーなども用意される。

ヤマハ TMAX560/テックマックス:スポーツスクーターの王者はブラッシュアップ済み[新色]

’20年5月に、ユーロ5への対応とともに561ccへと排気量アップしたTMAX。アルミフレームにスイングアームを組み合わせた車体構成、360度クランクの並列2気筒でありながらバランサーとしての第3のピストンを備えるエンジンなどなど。その走りに徹した様式は国内外のスポーツ系スクーターに影響を与え続けている。上級仕様の「テックマックス」には、クルーズコントロール/電動スクリーン/プリロード&伸側減衰力調整機能付きのリヤショックなどを追加装備する。’21モデルではテックマックスに新色パステルダークグレーが追加される。

ヤマハ TMAX560/テックマックス|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター

【’21 YAMAHA TMAX560/TECH MAX ABS】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 561cc 48ps 5.7.kg-m ■220kg シート高800mm 15L ●価格:[STD]127万6000円 [TECH MAX]141万9000円 ●発売日:’21年4月26日 [写真タップで拡大]

ヤマハ TMAX560/テックマックス|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター
[写真タップで拡大]

【2連アナログ+TFT】左右の指針式メーターの間に3.5インチTFTメーターを装備。モノクロだが燃費などの情報に加え、トラクションコントロールの設定状況などを表示。

ヤマハ TMAX560/テックマックス|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター

テックマックスの継続色・マットダークグレーメタリックA(マットグリーニッシュグレー)。 [写真タップで拡大]

ヤマハ TMAX560/テックマックス|2021新車バイクラインナップ|日本車|大型スクーター

STDのマットブルーイッシュグレーメタリック3(マットグレー)も継続。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報