キムコ新型バイク総まとめ【ガチスポーツからピュアEVまで様々なスクーターが揃う】

キムコ新型バイク総まとめ

●まとめ:ヤングマシン編集部

台湾ブランドで多種多様なスクーターを展開!

ホンダとの技術協力契約締結により、1964年より2輪の製造販売を始めた光陽工業。同社が展開する、台湾ブランドがキムコ(KYMCO)だ。ホンダの生産ノウハウや品質管理を活かし、成長を続ける。

キムコブランドを立ち上げたのは1992年。現在は人口100人当たり65台以上という、世界トップレベルのバイク普及率を誇る台湾においてトップシェアを誇っている。現在、日本においてはスクーターのみを展開。

’21モデルとして発表されたF9は、0-50km/h加速がわずか3秒という俊足電動バイク。近々市場導入予定との噂だ。

悪路にも強い3輪モデル、CV3やトラコンを備えたDT X360など、国内未導入モデルに魅力的な車種も多く存在。’22では、SS並みの足を持つガチスポーツAK550のツアラー版が発表。こちらも日本への投入が待たれる。

ヒット作グランドディンクの後継Gディンク250i、軽量で鋭い走りのレーシングS 150/125、20万円を切るシャープなGP125iなど、様々なタイプのスクーターをラインナップしている。

キムコ 最新モデルの動向

  • ホンダの海外生産拠点として成長
  • バイク大国台湾でトップのシェア
  • 俊足電動バイクも近々市場投入か
  • 本国には悪路に強い3輪も
  • ’22ではガチスポーツにツアラー追加

キムコ ラインナップ

スクーター

電動バイク


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

キムコに関連する記事

キムコ新型バイク総まとめ【ガチスポーツからピュアEVまで様々なスクーターが揃う】

台湾ブランドで多種多様なスクーターを展開! ホンダとの技術協力契約締結により、1964年より2輪の製造販売を始めた光陽工業。同社が展開する、台湾ブランドがキムコ(KYMCO)だ。ホンダの生産ノウハウや品質管理を活かし、成長を続ける。 キムコブランドを立ち上げたのは1992年。現在は人口100人当たり65台以上という、世界トップレベルのバイク普及率を誇る台湾においてトップシェアを誇っている。現在、日 […]

キムコAK550/ST[新型バイクカタログ]:スポーティさ全開! 本気ハイエンド

AK550/ST 概要 270度クランクの並列ツインをアルミフレーム+Φ41mm倒立フォークを車体に積むキムコの旗艦。走行モード/ブレンボ製ラジアルキャリパーに加え、フルLED/カラー液晶まで備える。 国内導入は未定だが、電動スクリーンやグリップヒーターで巡航性能を高めたSTが’22で追加される。 ’22 AK550ST ’21 AK550

キムコ KRV[新型バイクカタログ]:万能な180cc設定

KRV 概要 AK550と同様、独立式のスイングアームを備え、優れた前後重量バランスを実現。心臓は新開発のパワフルな175cc単気筒で、トラクションコントロールも獲得した。カラー液晶/キーレスほか装備も充実している。国内導入は今のところ未定だ。 ’21 KRV[海外仕様]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース