世界の新車大図鑑

ドゥカティ2021新車バイクラインナップ〈#3:ムルティストラーダシリーズ etc.〉

ドゥカティ2021新車バイクラインナップ〈#3:ムルティストラーダシリーズ etc.〉

●文:ヤングマシン編集部 ●情報提供:ドゥカティ ※’21年2月16日更新

ムルティストラーダ

ムルティストラーダV4/S/Sスポーツ:新設計V4を積む最強バージョン。レーダーにも注目だ[新型]

DUCATI MULTISTRADA V4S SPORT

【’21 DUCATI MULTISTRADA V4S SPORT】■水冷4ストV型4気筒DOHC4バルブ 1158cc 170ps/10500rpm 12.7kg-m/8750rpm ■240kg シート高840/860mm 22L ■タイヤF=120/70ZR19 R=170/60ZR17 ●価格:347万円(日本仕様はレーダーなどのフルオプション仕様) [写真タップで拡大]

ドゥカティのグランツーリスモとなるムルティストラーダ。’21ではV4の1158cc完全新設計エンジンを搭載した「V4」がデビューする。代名詞のデスモドロミックを採用せず、一般的なスプリングリターンバルブ駆動方式(ロッカーアームはフィンガーフォロワー)を選択して、6万kmのメンテナンスサイクルを実現。ボッシュと共同開発の前後レーダーシステムを量産2輪車で初採用(オプション)するのもトピックだ。「Sスポーツ」はV4Sベースで、カーボン製フロントフェンダーとアクラポヴィッチ製認証マフラーを備える。

DUCATI MULTISTRADA V4S

【’21 DUCATI MULTISTRADA V4S】スカイフック電子制御サスペンションや、ナビ表示機能付きの6.5インチディスプレイ、スティルマ仕様のブレンボ製フロントブレーキキャリパーを装備。●価格:288万円 [写真タップで拡大]

DUCATI MULTISTRADA V4

【’21 DUCATI MULTISTRADA V4】オンロード重視ながら、前輪は19インチ径に。メインフレームはアルミ製モノコックタイプ、スイングアームはシリーズ共通で両持ち式に刷新。 [写真タップで拡大]

ムルティストラーダ1260S/パイクスピーク/エンデューロ:グレードが豊富なLツイン万能ツアラー

DUCATI MULTISTRADA 1260S

【DUCATI MULTISTRADA 1260S】■水冷4ストL型2気筒DOHC4バルブ 1262cc 158ps/9500rpm 13.1kg-m/7500rpm ■235kg シート高800/820mm 20L ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●色:ツヤ消し灰 赤 ●価格:274万9000円 ※’21年2月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

従来の旗艦となる「ムルティストラーダ1260」は、可変バルブタイミング機構付きのLツインエンジンを鋼管トラスフレームに搭載。ホイールは前後17インチが基本だ。このうち「S」はスカイフック仕様の前後セミアクティブサスを搭載。電子制御も多彩だ。

DUCATI MULTISTRADA 1260 PIKES PEAK

【DUCATI MULTISTRADA 1260 PIKES PEAK】前後サスペンションはオーリンズ製、マフラーはテルミニョーニ製で、一部外装はカーボンに。米国ヒルクライムレース開催地が車名の由来だ。●色:赤×白×灰 ●価格:319万9000円 ※’21年2月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

DUCATI MULTISTRADA 1260 ENDURO

【DUCATI MULTISTRADA 1260 ENDURO】前輪を19インチとしつつ前後ホイールをスポーク化。スイングアームを両持ち式とし、サスストロークも伸長して冒険性能を磨いた。●色:茶 赤 ●価格:赤288万円 茶292万1000円 ※’21年2月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

ムルティストラーダ950/S:兄貴譲りの電脳を軽快に味わえる[新色]

DUCATI MULTISTRADA 950S

【’21 DUCATI MULTISTRADA 950S】■水冷4ストL型2気筒DOHC4バルブ 937cc 113ps/9000rpm 9.8kg-m/7750rpm ■230kg シート高840mm 20L ■タイヤF=120/70ZR19 R=170/60ZR17 ●色:白×灰 赤 銀 ●価格:199万9000円~ [写真タップで拡大]

水冷Lツインエンジンを搭載したミドルオンロードアドベンチャー「ムルティストラーダ950」。上級版の「S」はセミアクティブサスペンションやクルーズコントロール、5インチTFTカラーディスプレイなどを専用装備。’21年型では新色のホワイトが追加された。

DUCATI MULTISTRADA 950
DUCATI MULTISTRADA 950

カラーバリエーション [写真タップで拡大]

DUCATI MULTISTRADA 950

【DUCATI MULTISTRADA 950】STDは機械式サスなどで価格を抑制。両仕様ともメインフレームは鋼管トラス構造で、ホイールはキャストが標準(Sはスポークも選択可能)。●価格:176万9000円 ※’21年2月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

ハイパーモタード

ハイパーモタード950/SP/RVE:過激な走りに応えるスパルタンモタード[新型]

DUCATI HYPERMOTARD 950 RVE

【’21 DUCATI HYPERMOTARD 950 RVE】■水冷4ストL型2気筒DOHC4バルブ 937cc 114ps/9000rpm 9.8kg-m/7250rpm ■200kg シート高870mm 14.5L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17●価格:178万9000円 [写真タップで拡大]

スーパーモタードにインスパイアされた「ハイパーモタード」シリーズ。新登場の「RVE」は、車両の美を競うコンクールでアワードを受賞したマシンに由来。標準仕様に専用カラー&グラフィックを与え、フラットシートやクイックシフターも搭載する。

DUCATI HYPERMOTARD 950

【DUCATI HYPERMOTARD 950】メイン/サブとも鋼管トラス構造のフレームに、水冷Lツインを組み合わせる。STDはマルゾッキ+ザックス製サスペンション採用。●価格:169万9000円 ※’21年2月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

DUCATI HYPERMOTARD 950SP

【DUCATI HYPERMOTARD 950SP】最上級版は、オーリンズ製フルアジャスタブルサスやマルケジーニ製のアルミ鍛造ホイール、カーボンパーツで武装する。●価格:219万円 ※’21年2月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

2021新車バイクラインナップ|外国車ドゥカティ


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報