世界の新車大図鑑

2021新車バイクラインナップ〈日本車大型クルーザークラス〉レブル/ゴールドウイング etc.

●文:ヤングマシン編集部 ●情報提供:ホンダ ヤマハ カワサキ ※’21年3月8日更新

シートにドカッとお尻を乗せて足を前に投げ出すような、スポーツライディングとは対極にあるポジションが特徴的なクルーザーモデル。最近はゴールドウイングなどのツアラーも合わせて”クルーザー”と呼ばれるようになっている。’21年はホンダからレブル1100が登場することにより、国産クルーザークラスが活性化する可能性が高い。本記事ではホンダレブル1100/500/ゴールドウイング、ヤマハボルト、カワサキバルカンSを紹介する。

キングレブル登場で国産クルーザーが活性化へ?!

’90年代後半から’00年にかけてのビッグバイクブームをピークに国内のアメリカン市場が下火になったのは、排出ガス規制が厳しくなった’08年あたり。もともとアメリカン市場が下火になっていたこともあったが、エミッション対応で不利な空冷エンジンが規制のあおりを受けたのだ。クラシカルなスタイリングこそ持ち味のアメリカンにとっては大打撃。一部のモデルはすでに水冷化されていたものの、国内市場ではアメリカンモデル自体がほとんどないような状況が近年まで続いていた。

ところがである。’17年にホンダからとんでもないモデルが登場。’20年も軽二輪クラスでトップセールスを記録したレブル250だ。車体こそロー&ロングなフォルムであったものの、エンジンはCRF250LやCBR250Rに使われる水冷単気筒エンジン。「これは本当にアメリカンなのか?」と訝しむ声も聞こえたが、蓋を開けてみれば扱いやすい低シートの車体に素直なハンドリングで大人気に。

その爆発的人気は、ついにアフリカツインのエンジンをベースにした1100のレブルまで登場させることになったのである。

’21最新潮流

  • アフリカツインエンジン転用のレブル1100が登場
  • オフ系車からクルーザーへのエンジン転用図式が復活

大型クルーザー・ラインナップ

ホンダ[レブル1100/DCT|レブル500|ゴールドウイング/ツアー]

ホンダ レブル1100/DCT
ホンダ レブル1100/DCT[写真タップで詳細へ]
ホンダ レブル500
ホンダ レブル500[写真タップで詳細へ]

ホンダ ゴールドウイング/ツアー
ホンダ ゴールドウイング/ツアー[写真タップで詳細へ]

ヤマハ[ボルト/Rスペック]

ヤマハ ボルト/Rスペック
ヤマハ ボルト/Rスペック[写真タップで詳細へ]

カワサキ[バルカンS]

カワサキ バルカンS
カワサキ バルカンS[写真タップで詳細へ]
〈次のページは…〉大型クルーザーラインナップ・車両紹介
WEBヤングマシン|最新バイク情報