世界の新車大図鑑

BMW2021新車バイクラインナップ〈#1:スポーツ&ロードスター〉M1000RR etc.

BMW2021新車バイクラインナップ〈#1:スポーツ&ロードスター〉M1000RR etc.

ヤングマシン編集部 ●情報提供:BMWモトラッド ※’21年3月22日更新

スポーツモデル

M1000RR:”M”の名を冠した究極スポーツ[新型]

BMW M1000RR|'21新車バイクラインナップ|外国車

【BMW M1000RR】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 212ps/14500rpm 11.5kg-m/11000rpm ■192kg シート高832mm 16.5L ■タイヤF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ●価格:378万3000円〜 ●発売時期:’21年初夏(予約受注は2月1日開始) ※写真は’21欧州仕様 [写真タップで拡大]

本格派ツアラーから電動スクーターまで幅広く手がけるドイツのBMW。バイクでは初のMモデル(クルマでは歴史のあるBMW M社の特別仕様車)として新登場した「M1000RR」は、S1000RRを徹底チューンしたロードゴーイングレーサーだ。変更点は多岐にわたるが、馬力アップと軽量化、エアロダイナミクスの向上が要点。エンジンは、新作ピストンの採用やチタンコンロッドの軽量化、圧縮比アップなどが図られている。M GPSラップトリガー・ソフトウェアやM切削パーツ&カーボンパッケージなどを装着した上級版「Mコンペティションパッケージ」は、428万円と発表されている。

BMW M1000RR|'21新車バイクラインナップ|外国車

[写真タップで拡大]

BMW M1000RR|'21新車バイクラインナップ|外国車
[写真タップで拡大]

可変バルブタイミング&リフト機構のシフトカムは新ジオメトリー。フィンガーフォロワーロッカーアームの軽量スリム化も施された。

BMW M1000RR|'21新車バイクラインナップ|外国車
[写真タップで拡大]

マルゾッキ製の機械式倒立フロントフォークに、”M”の刻印が施されたMブレーキをマウント。前後ホイールはカーボンファイバー製。

BMW M1000RR|'21新車バイクラインナップ|外国車
[写真タップで拡大]

【ビーエム初のウイング】ボックス状のカーボンファイバー製ウイングレットは、300km/h走行時に前輪13.4kg/後輪2.9kgのダウンフォースを生むとの発表。

S1000RR:いまやリッターSSのメートル原器[新色]

BMW S1000RR|'21新車バイクラインナップ|外国車

【BMW S1000RR】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 207ps/13500rpm 11.5kg-m/11000rpm ■200kg シート高824mm 16.5L ■タイヤF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ●価格:233万円~ ※諸元は’21年2月時点の国内仕様。写真は’21欧州仕様 [写真タップで拡大]

初代「S1000RR」は’09年にデビューし、’19年型の完全刷新で現行型に。フレックスフレームと呼ばれる”く”の字状メインフレームは、剛性と柔軟性を最適化しつつ軽量化とライダーの自由度向上を実現。水冷並列4気筒エンジンには、スモールとラージの吸気側カムを切り替えるシフトカムを採用する。もちろん電子制御も充実!

BMW S1000RR|'21新車バイクラインナップ|外国車

[写真タップで拡大]

BMW S1000RR|'21新車バイクラインナップ|外国車

[写真タップで拡大]

BMW S1000RR|'21新車バイクラインナップ|外国車
[写真タップで拡大]

レースパッケージ(アルミ鍛造ホイール)や白×青×赤に塗られたMパッケージ(カーボンホイール)は、電子制御サスペンション仕様も選択できる。※写真は’21欧州仕様

R1250RS:規制対応した定番旅スポーツ[マイナーチェンジ]

BMW R1250RS|'21新車バイクラインナップ|外国車

【BMW R1250RS】■空水冷4スト水平対向2気筒DOHC4バルブ 1254cc 136ps/7750rpm 14.5kg-m/6250rpm ■250kg シート高820mm 18L ●価格:212万7000円 ※諸元は’21年2月時点の国内仕様。写真は’21欧州仕様 [写真タップで拡大]

ハーフカウルのボクサーツインスポーツツアラー「R1250RS」。前サスペンションにテレレバーを使うRTに対して、RSはテレスコピック式として軽快な操縦性を狙う。リヤはシャフト+パラレバーだ。ユーロ5適合の’21年型は、ABSのキャンセル機能が廃止された。

ロードスターモデル

R1250R:ネイキッドボクサーもRS同様の変更[マイナーチェンジ]

BMW R1250R|'21新車バイクラインナップ|外国車

【BMW R1250R】■空水冷4スト水平対向2気筒DOHC4バルブ 1254cc 136ps/7750rpm 14.5kg-m/6250rpm ■246kg シート高820mm 18L ●価格:195万円 ※諸元は’21年2月時点の国内仕様。写真は’21欧州仕様 [写真タップで拡大]

「R1250R」は、RSと同じく前サスペンションはテレスコピック式。現行ボクサーツイン系でもっとも親しみやすいロードスターだ。電子制御はシリーズ他機種同様に多彩。こちらも、’21年型ではABSのキャンセル機能廃止やオプションの充実化などが図られた。

S1000R:フルモデルチェンジで現行RRベースに進化[モデルチェンジ]

BMW S1000R|'21新車バイクラインナップ|外国車

【BMW S1000R】■水冷4スト並列4気筒DOHC4 バルブ 999cc 165ps/11000rpm 11.6kg-m/9250rpm ■206kg シート高814mm 17.5 L ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●価格:185万9000円 ※諸元は’21年2月時点の国内仕様。写真は’21欧州仕様 [写真タップで拡大]

S1000RRをバーハンドル化&カウルレスデザインとしたストリートファイター系「S1000R」。本国で発表された’21年型は、2年遅れで現行RRベースに刷新されている。パワーユニットは、4~6速をロング化するなど公道走行重視で仕様を最適化。坂道発進補助機能などのIMUを活用した数々の電子制御と、3種類のライディングモードを搭載する。

BMW S1000R|'21新車バイクラインナップ|外国車
BMW S1000R|'21新車バイクラインナップ|外国車

6.5インチのTFTカラー液晶ディスプレイは現行RRと同様で、スマホ接続機能もある。リヤのフレーム&アームもRRと同様のデザイン。※写真は’21欧州仕様 [写真タップで拡大]

F900R:軽快ミドルはコスパも魅力[マイナーチェンジ]

BMW F900R|'21新車バイクラインナップ|外国車

【BMW F900R】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 894cc 105ps/8500rpm 9.3kg-m/6500rpm ■215kg シート高770mm~ 13L ●色:銀×赤 青 黒 ●価格:105万7000円〜 ※諸元は’21年2月時点の国内仕様。写真は’21欧州仕様 [写真タップで拡大]

ミドルロードスターの復活作として’20年型で登場した「F900R」。F850GS用をボアアップした270度クランク水冷パラツインを積む。ベース仕様なら100万円+α(’20年型の場合)という求めやすい価格も魅力。一方で上級版は電子デバイス満載だ。

G310R:ビーエムの末っ子ネイキッドも電子制御スロットル化[マイナーチェンジ]

BMW G310R|'21新車バイクラインナップ|外国車

【’21 BMW G310R】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 313cc 34ps/9250rpm 2.8kg-m/7500rpm ■159kg シート高785mm 11L ●価格:62万3000円〜 ●予想発売時期:’21年3月 ※諸元は’21年2月時点の国内仕様。写真は’21欧州仕様 [写真タップで拡大]

BMWの現行型最小排気量となるG310シリーズは、鋼管フレームに前方吸気/後方排気の水冷シングルエンジンを搭載する。このうち「G310R」はスポーツ系ネイキッド。’21年型ではフェイスリフトが施され、ヘッドライトとウインカーのLED化を伴いながら、より精悍な外観に生まれ変わった。電子制御スロットル化やアシスト&スリッパークラッチの採用なども実施されている。

BMW G310R|'21新車バイクラインナップ|外国車
BMW G310R|'21新車バイクラインナップ|外国車

カラーバリエーション(’21欧州仕様) [写真タップで拡大]

2021新車バイクラインナップ|外国車BMW


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報