世界の新車大図鑑

ハスクバーナモーターサイクルズ2021新車バイクラインナップ〈スヴァルトピレン125 etc.〉

ヴィットピレン401:ミニマムモダンなクール系カフェレーサー

【’21 HUSQVARNA MOTORCYCLES VITPILEN 401】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 373cc 44ps/9000rpm 3.77kg-m/7000rpm ■151kg(燃料なし) シート高835mm 9.5L ●価格:70万円 ※’21年3月時点で公表されている国内仕様 [写真タップで拡大]

オフ車で有名なスウェーデン発祥のハスクバーナモーターサイクルズ。’18年に投入したスポーツネイキッドシリーズが「ヴィットピレン」と「スヴァルトピレン」のピレン兄弟だ。グループ会社であるKTMの390デュークを基に、現代アート風の洒落た外装をまとう。カフェレーサー仕様の373cc版「ヴィットピレン401」は、セパレートハンドルとオンロードタイヤを採用。ブロンズ色にアルマイトされたホイールが特徴だ。WP製φ43mm倒立フォークなどの本格的な脚は、サスペンションストロークも含め、スヴァルトピレンと共通。

スヴァルトピレン401:アップハンドル&ブロックタイヤのスクランブラー仕様

【’21 HUSQVARNA MOTORCYCLES SVARTPILEN 401】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 373cc 44ps/9000rpm 3.77kgm/7000rpm ■152kg(乾燥) シート高835mm 9.5L ●価格:71万5000円 ※’21年3月時点で公表されている国内仕様 [写真タップで拡大]

「スヴァルトピレン401」は、KTMの390デュークの水冷シングル+鋼管トラスフレームをベースに、タンク~サイドカバー一体型の外装を施す。アップハンドルと前後17インチのブロックパターンタイヤが特徴だ。

スヴァルトピレン250:クラスでも異彩を放つ

【’21 HUSQVARNA MOTORCYCLES SVARTPILEN 250】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 248.8cc 31ps/9000rpm 2.45kg-m/7250rpm ■153kg(燃料なし) シート高835mm 9.5L ●価格:61万5000円 ※’21年3月時点で公表されている国内仕様 [写真タップで拡大]

’20年に追加された250cc版「スヴァルトピレン250」。車体は401と同等で、WP倒立やラジアルキャリパーなどの装備も健在だ。心臓に250デューク譲りの水冷シングルを積み、兄貴分のスポークホイールに対してキャストを履く。

スヴァルトピレン125:原付二種の末弟登場![新型]

【’21 HUSQVARNA MOTORCYCLES SVARTPILEN 125】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 125cc 15ps/9500rpm 1.22kg-m/7500rpm ■146kg(燃料なし) シート高835mm 9.5L ●価格:53万9000円 ※’21年3月時点で公表されている国内仕様 [写真タップで拡大]

’21年モデルの目玉として新登場したのが、原付二種の末弟「スヴァルトピレン125」。スタイリッシュなデザインだけでなく、バイブレ製ブレーキやボッシュ製ABSシステムなども兄貴分から受け継いだ。

701スーパーモト/エンデューロ:ピュアな速さを求めた本格派

KTMの690SMC Rをベースに、独自の出力特性やサス設定で味付けしたビッグシングル「701スーパーモト/エンデューロ」。外装も専用品が与えられる。’20でベース車と同様、トラクションコントロールやコーナリングABSやシフターなどの電脳が充実。’21モデルは”ライドモード2″によりトラコンやABSのコントロール性が増している。

【’21 HUSQVARNA MOTORCYCLES 701 SUPERMOTO/ENDURO】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 692.7cc 75ps/8000rpm 7.49kg-m/6500rpm ■148kg (燃料なし) シート高890mm 13L ●価格:152万円 ※’21年3月時点で公表されている国内仕様SUPERMOTO [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報