新型バイクカタログ〈スズキ〉

スズキ車すべて

大型二輪[1001cc〜]

ハヤブサVストローム1050 シリーズ

カタナ(旧)

大型二輪[751〜1000cc]

GSX-R1000RKATANAGSX-S1000GSX-S1000F

大型二輪[401〜750cc]

GSX-S750Vストローム650 シリーズSV650 シリーズ

GSX-R750(了)GSX-R600(了)

普通二輪/ミドル[251〜400cc]

バーグマン400

普通二輪/軽二輪[126〜250cc]

GSX250RVストローム250ジクサーSF250ジクサー250バーグマン200ジクサー150

原付二種[51〜125cc]

GSX-R125GSX-S125スウィッシュ シリーズアドレス125 シリーズアドレス110

原付一種[〜50cc]

アドレスV50レッツ シリーズ


※原則として公道用車両のみ掲載
※(未)=国内未発売/(了)=国内販売終了/(競)=競技用/(旧)=旧車

コンテンツラインナップ

スズキに関連する記事

インド製の二輪車が増えているけど、先進国向け四輪車にもインド製ってあるの?

スズキ、KTM、BMWなど二輪ではインド生産車が増えている ホンダが空冷単気筒のロードスポーツモデル「GB350」を日本で発表しました。 このモデル、すでにインドでは「ハイネスCB350」という名前で先行発売されていたことで、デビュー前から日本でも話題を集めていました。 生産もインド現地で行われるハイネスCB350ですが、なぜ、インドで先行しているのかといえば、かの地が二輪にとっての大きなマーケッ […]

スズキ新型「GSX-S1000GT」は純正アクセサリーも充実! 車体同色パニアや大型スクリーン等

スズキが世界同時発表した新型スポーツツーリングモデル「GSX-S1000GT」には、多くの純正アクセサリーが設定されている。いずれも欧州仕様向けなので、日本仕様が登場した際に全てが導入されるとは限らないが、愛車候補と考えている向きには妄想を膨らますネタにもなる? 赤いブレンボには見覚えも……? カーボンパーツも多数 GT=グランドツアラーの世界観を広げる純正アクセサリーも多数公開された! スズキの […]

国内4メーカーのトライアルモデル×厳選5台【愛と青春のオフロードバイクを振り返る】

オフロードマシン専門誌『ゴー・ライド』連載企画『令和の世に放つ 愛と青春のオフロードマシン』より、バイクが熱かった時代にラインナップされた懐かしのオフロードマシンを、”迷車ソムリエ”ことムッシュ濱矢が振り返る。平均速度はどのモータースポーツより遅いが、やっていることはとんでもないというトライアル競技の凄さと面白さ…。本記事では、そんなトライアルに最近ハマっているムッシュが独断と偏見で選んだトライア […]

スズキ新型「GSX-S1000GT」は電脳も大幅進化! スマホ接続やクルコン、シフターも

スズキが世界同時発表した新型スポーツツーリング「GSX-S1000GT」は、デザインやハードウエアの進化もさることながら、電脳に関する進化の幅がもっとも大きいと言える。本記事では電子制御について解説していこう。 走行モードを統合する“SUZUKI INTELLIGENT RIDE SYSTEM (S.I.R.S.)” スズキの新型スポーツツーリングモデル「GSX-S1000GT」は、電脳分野でも長 […]

【スズキ新型 GSX-S1000GT】基本骨格は踏襲し、振動対策やタンデム強化でタフな走りを実現

世界同時発表されたスズキの新型GSX-S1000GTは、スーパースポーツを思わせる堅固なフレームを前作のGSX-S1000Fから踏襲しつつ、新作シートフレームやアップデートされたサスペンションなどで走りを強化している。 高かった俊敏性を生かしながら、高速域の安定性やタンデム居住性を向上 振動対策としてハンドルバーはラバーを挟み込んだフローティングマウントになり、ステップはアルミ地だった従来型からラ […]

伝説の“K5”ベース!! スズキ「GSX-S1000GT」のエンジンはゼロヨン加速 10.15秒

GSX-S1000に続き、ブランニューモデルとして登場したGSX-S1000GTは、2005年モデルからはじまるGSX-R1000の並列4気筒エンジン、通称“K5”を磨き上げたパワーユニットを搭載する。基本的な構成は変わっていないものの、ユーロ5排出ガス規制に適合しながらパフォーマンスを向上しているという。 スムーズなトルクデリバリーと、ロー&ミッドレンジの増強を両立 そんなK5ベースのエンジンを […]

スズキ新型「GSX-S1000GT」登場! 先鋭デザイン+クルコン、シフター、パワーモード!

スズキは、新型GSX-S1000の派生モデルで、従来のGSX-S1000Fの後継モデルに当たるブランニューのスポーツツーリングマシン「GSX-S1000GT」を世界同時発表。ネイキッドモデルのGSX-S1000と同様の新世代を感じさせるデザインに生まれ変わり、各種電子制御やスマートフォン接続機能など装備も充実だ! アップハンドルのスーパースポーツから、正調スポーツツーリングモデルへ スズキが発表し […]

ワタシの愛車インプレッション〈スズキ ハヤブサ〉from ヤングマシンメンバーズ

ヤングマシンが運営する無料の会員メンバーシップ「ヤングマシンメンバーズ」では、会員の方々から愛車インプレッションレポートを募集している。本記事では、NoRefindBest(NRB)さんの愛車・スズキ ハヤブサ(’21)を紹介しよう。 燃費は良くないけど軽さと電子制御が魅力 5年乗った2型ハヤブサが車検のため、買い換えを検討していたとき、新型情報をゲットしました。それから新型の情報を追 […]

GSX1100Sカタナに新品のタンクを! 英国の「ビンテージパーツプログラム」に新着

スズキGBが展開する「スズキ ビンテージパーツ プログラム」に真新しいカタナの燃料タンクが入荷した。長きにわたってスズキを愛するファンのために、今もさまざまな部品を復刻/ラインナップしている。 GSX1100SDおよびGSX1100SZカタナに適合する光沢シルバーの燃料タンク スズキGB(英国スズキ)は、同社のクラシックバイクを愛するファンのためにパーツの再生産やレストアプロジェクトを遂行する「ス […]

ナナハンは死なず! スズキが北米で「GSX-R750/GSX-R600/GSX-R1000」の2022年モデルを公開

スズキの逆輸入車として日本でも買うことができていたGSX-R750およびGSX-R600は、それぞれ2018年/2017年モデルを最後に排出ガス規制の関係などから国内導入が終了している。しかし、北米仕様は今も生き残り、2020年秋にはスズキ100周年記念カラーが発表されていた。そして今秋、2022年カラーが発表されたのだ。 36年の歴史を誇るナナハン・スーパースポーツと、兄弟車のR600 1985 […]

ル・マン優勝車「初代GSX-R750」の系譜を継ぐナゾのカタナ「スズキGSX-F」シリーズとは?

スズキ GSX600F「レーサーレプリカとツアラーの融合モデル」 2021年6月に行われた「ル・マン24時間耐久」でスズキ参戦チーム「ヨシムラSERT Motul」が優勝したことは記憶に新しいと思う。 ところで、ル・マン優勝マシンの系譜を継いだ「KATANA」があることをご存じだろうか? それが欧米を中心に販売されたGSX-600Fだ。 スズキ GSX600Fは、1988年に海外向けモデルとして発 […]

7角形がハヤブサに合う! ヨシムラ「HEPTA FORCE サイクロン」スリップオンマフラー

ヨシムラジャパンは、今年デビューしたばかりのスズキ新型「ハヤブサ」用のスリップオンマフラーを発表。2021年9月上旬に発売する。純正と同じ2本出しで、ステンレス製サイレンサーのカバーをエンドを各2種類用意し、組み合わせで4バリエーションとなる。 シンメトリー7角形[Heptagon]ベースの斬新なコーン形状 ヨシムラが間もなく発売するハヤブサ用スリップオンマフラー「HEPTA FORCE」は、エッ […]

2021新型バイク総まとめ:日本車大型スーパースポーツクラス【軽量ツインYZF-R7が一石を投じる!】

レースで勝つことより、純粋に走りを極めることを目的に誕生したこのスーパースポーツクラス。しかし、時代の流れととともにやはり勝利が至上命題となり、先鋭化した戦場となってしまった。’21年はそんな流れに一石を投じるヤマハYZF-R7が登場。新潮流が生まれるか? スペック&価格の先鋭化に対し、新生R7が一矢を報いる! かつては日本車の独断場であったが、外国車勢の巻き返しもあり、世界中のメーカ […]

ヤングマシンメンバーズ・ワタシの愛車インプレッション〈スズキGSX-R125〉

ヤングマシンが運営する無料の会員メンバーシップ「ヤングマシンメンバーズ」では、会員の方々から愛車インプレッションレポートを募集している。本記事では、読者の愛車・スズキGSX-R125(’20)を紹介しよう。 ’20年の自粛期間をきっかけに乗り始めました 新型コロナウイルス感染拡大防止のための自粛期間で、どうしようもなくバイクに乗りたくなり、購入しました。普通二輪で乗れるスポ […]

シン・ハヤブサに専用設計のラジエターコアガードが登場〈エッチングファクトリー〉

エッチングと呼ばれる特殊技術で生み出されるステンレス製ラジエターコアガード。ラジエターのコアを保護する定番アイテムだ。その性能と信頼性から、モトGPマシン/ワールドスーパーバイク/鈴鹿8耐マシンにも採用されるほどの逸品に、早くも話題の新型ハヤブサ用がラインナップされた。 美しく高い機能性のプロテクションアイテム ラジエターを保護するアイテムと言えば、エッチングファクトリーのラジエターコアガード。そ […]

スズキ バーグマン200 ABS 試乗インプレッション【ついにABSを獲得! 絶妙なサイズ感が光る】

’14年から販売されているスズキ バーグマン200が、ついにABSを標準装備した。250ccフルサイズのスクーターよりも軽量で、150ccクラスよりもパワフルという、軽二輪界で絶妙な立ち位置の1台。あらためてその魅力に迫る! [◯] キビキビ向きを変える。トランクが使いやすい ’14年のデビュー以来、7年ぶりの試乗となるバーグマン200。仕向地によってはすでに採用されていたABSが、’21年型から […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報