世界の新車大図鑑

SYM2021新車スクーターラインナップ〈マキシム/クルージム/ジョイマックス etc.〉

●文:ヤングマシン編集部 ●情報提供:SYMジャパン[モータリスト] ※’21年3月26日更新

マキシムTL:心臓部はツイン。最高峰のオートマチックSS

【SYM MAXSYM TL】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 465cc 40.7ps/6750rpm 4.3kg-m/6250rpm 223kg シート高795mm 12.5L ●価格:99万円 ※’21年3月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

台湾の人気ブランドで、コスパの高さが特徴のSYM。456ccの「マキシムTL」は、同社初の2気筒を積むフラッグシップモデルだ。倒立フォーク/リンク式モノサス/アルミスイングアームとSS並みの脚を誇る。

クルージム250:ロングも楽々

【SYM CRUiSYM 250】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 249.4cc 21.4ps 2.3kg-m 196kg シート高760mm 12L ●価格:64万9000円 ※’21年3月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

「クルージム250」は、余裕のサイズと前14&後13インチの足まわりで、その名のとおりクルージングが得意。2段階調整式スクリーンや、フルフェイスが2個収納できる大容量ラゲッジボックス、USBソケットも備える。

DRG BT:イメージを裏切らない韋駄天

【SYM DRG BT】■水冷4 スト単気筒SOHC4 バルブ 158cc 14.8ps 1.5kg-m 132kg シート高803mm 7.4L ●価格:44万9900円 ※’21年3月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

鋭い外観のとおり、俊敏な走りが自慢の軽二輪モデル「DRG BT」。ショートストロークの心臓部と、ほぼ50:50の前後重量配分を実現した車体を持つ。水平リヤショックは、イニシャル調整も可能だ。

ジョイマックスZ250:50万円を切る快適クルーザー

【SYM JOYMAX Z 250】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 249.4cc 21.4ps 2.3kg-m ■184kg シート高747mm 12L ●価格:49万5000円 ※’21年3月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

「ジョイマックスZ250」は、適度に大柄なボディと前14&後13インチで、安定感溢れる走りが特徴。クルージムより価格を抑えつつ、調整式スクリーンやフルフェイス×2個OKの収納、USB電源など装備は十分だ。

ジェットS:リヤ2本サスのキビキビ原付二種

【SYM JET S】■空冷4スト単気筒SOHC4バルブ 124.65cc 11.5ps 1.0kg-m 129kg シート高780mm 6.8L ●価格:34万9800円 ※’21年3月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

巨大な2眼が際立つスポーティー原付二種「ジェットS」。前後12インチにリヤ2本サスペンションを組み合わせ、シッカリした乗り味が美点だ。メインキーで開くフロント給油口とシート、USB電源も便利。

オービット3:シンプルながら高コスパ

【SYM ORBIT 3】■空冷4 スト単気筒SOHC2バルブ 125cc 10.1ps 0.9kg-m 120kg シート高765mm 5.7L ●価格:[50]16万5000円~ [125]22万5000円~ ※’21年3月時点の国内仕様 ※諸元は125 [写真タップで拡大]

前後12インチのコンパクトスクーターで、50ccと125cc仕様を用意。ともに価格控えめながら、フルフェイス+αが入る収納や、フロント給油口、USB電源までアリ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報