世界の新車大図鑑

ヤマハ2021新車バイクラインナップ〈51〜125cc原付二種スクーター〉NMAX/トリシティetc.

●文:ヤングマシン編集部 ●情報提供:ヤマハ ※’21年3月23日更新

NMAX:125も155も海外モデルは新型に

【’21 YAMAHA NMAX】■水冷4スト単気筒SOHC 125cc 12.2ps/8000rpm 1.1kg-m/6000rpm ■131kg(装備) シート高765mm 7.1L ■タイヤF=110/70-13 R=130/70-13 ●予想価格:調査中 ●予想発売時期:’21年秋 ※諸元は海外仕様 [写真タップで拡大]

125と155で車体を共有する「NMAX」。155はインドネシアで先行して’20年モデルとして新型に移行していたが、125はヨーロッパで’21年モデルとして刷新。可変バルブ機構(VVA)を持つブルーコアエンジンはトラクションコントロール機能やアイドリングストップを備え、安全/環境性能に長ける。灯火類はすべてLEDでヘッドライト/テールランプともに鋭さを増したデザインとなる。

[写真タップで拡大]

液晶ディスプレイの上の受話器マークからもわかるように、着信やメールなどスマートフォンとの連携機能を装備。

[写真タップで拡大]

普段使いの頻繁な乗り降りや、買い物で手がふさがっている時も非常に便利なキーレスエントリーを採用。

欧州仕様は赤/青/グレーの3色をラインナップ。TMAXの流れを汲むレッグ部のブーメラン状のパネルはツヤのある黒で豪華な印象。 [写真タップで拡大]

シグナスX:スポーツ魂溢れるシャープなデザイン

【YAMAHA SYGNUS-X】■空冷4スト単気筒SOHC4バルブ 124cc 9.8ps/7500rpm 1.0kg-m/6000rpm ■119kg(装備) シート高775mm 6.5L ■タイヤF=110/70-12 R=120/70-12 ●価格:33万5500円 ※’21年3月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

エッジの効いたフォルムのスポーツ感溢れる原付二種スクーター「シグナスX」は、フロントにφ245mmのウェーブディスク、リヤは200mmディスクと前後に大径ブレーキを装備する。カラーはグラフィックの入った青と赤、ソリッドの白と黒の4色を揃える。ワークスマシンYZR-M1のファクトリーカラーを纏う限定800台の「モンスターエナジー ヤマハモトGPエディション」は、音叉マークも標準モデルと異なるゴールドだ。

[写真タップで拡大]

液晶ディスプレイにはスポーツモデルらしくバータイプのタコメーターを備える。

[写真タップで拡大]

STDのカラーバリエーションは白/赤/青/黒の4色。 [写真タップで拡大]

【YAMAHA SYGNUS-X MONSTER ENERGY YAMAHA MOTO GP EDITION】●価格:34万6500円 ※’21年3月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

トリシティ125/ABS:曲がる楽しさを体感できる3輪

【’21 YAMAHA TRICITY 125/ABS】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 125cc 12ps 1.2kg-m ■164kg(装備) シート高765mm 7.2L ■タイヤF=90/80-14 R=130/70-13 ●価格:[STD]42万3500円 [ABS]46万2000円 ※諸元はABS [写真タップで拡大]

フロント2輪ならではの高い安定性と、リーン(傾斜)して旋回するバイクならではの乗り味を両立させたヤマハ独自のLMWテクノロジーで生まれた「トリシティ125」。現行モデルでは125と155で外寸やシート高は変わらず、重量もほぼ同じ。排気量は異なるが、両車ともエンジンはブルーコアを搭載。

カラーは白、ツヤ消しグレー、ツヤ消し青(銀ホイール)の全3色。 [写真タップで拡大]

アクシスZ:使い勝手をとことん追求

ヤマハ125スクーターでトップの低燃費54.6km/Lを誇る「アクシスZ」。快適な666mmのロングシートの下にはヘルメットが2個入る37.5Lの大容量トランクを装備。100kgの軽量な車体や足着き良好な770mmのシート高にフロント給油口など、利便性を追求。 ’21モデルはマット緑/黒/白/マット灰/紫の5色。

【’21 YAMAHA AXIS Z】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 8.2ps 0.99kg-m ■100kg(装備) シート高 770mm 5.5L ●価格:24万7500円 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

カラーバリエーションは、マットグリーン/ブラック/ホワイト/マットダークグレー/パープルの5色。 [写真タップで拡大]

BW’S:元祖SUVスクーターがタフさを増して復活![台湾モデル]

【’21 YAMAHA BW’S】■空冷4スト単気筒4バルブ 125cc ■127kg(装備) シート高785mm 6.1L ■タイヤF=120/70-12 R=130/70-12 ●国内入荷予定なし ※諸元は台湾仕様 [写真タップで拡大]

オフロード系レジャースクーターの草分けといえる「BW’S(ビーウィズ)」は、’88年の50ccモデルの登場以来、生産休止と排気量の拡大を重ねてきたが、現行国内モデルは生産を休止した。しかし台湾ヤマハから’21年の新型が登場! 地上高の高さやワイドなチョコレートパターンの専用ブロックタイヤと大きく隙間を開けたフェンダーに、ゴツいフォークガードやアンダーガードが、いかにもタフなアドベンチャーマシンをイメージさせるスタイルは、あきらかにホンダADV150をライバル視。さらにオプションのパイプガードやキャリヤをガッチリと装着できるように、あらかじめステーを設けた新型フレーム(テンションロッドを採用し25%も剛性アップ!)は、カスタムにも適するハズ。搭載するエンジンはNMAX系のブルーコアで、低速向け/高速向けのカムが切り替わる可変バルブ機構(VVA)を装備。国内導入の可能性は低そうだが、タフな原付二種を熱望する国内ファンの期待に応えてほしい!

[写真タップで拡大]

【ブルーコア搭載】低速/高速でカムが切り替わるVVA機構により、優れた燃費と加速性能を両立する。

[写真タップで拡大]

【フロント荷台】左右非対称のヘッドライトの上は荷台として活用できるスペースを設け、タフな道具感をアピール。純正オプションのパイプ製キャリヤも装備できる。

【ガード類装着前提の設計】フロントのガードキャリアだけでなく、テールカウルの側面やレッグ部など、パイプガード類を装着する前提でフレームにあらかじめステーを設けている。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【本国では4色展開】ツヤ消しグレー/グリーン/ツヤ消しオレンジ/グレーの4色は、いずれもアドベンチャーテイストに溢れるカラーだ。

ビノーラ/M:思いっきりカエル顔![台湾モデル]

【’21 YAMAHA VINOORA】■空冷4スト単気筒SOHC 125cc ■94kg(装備) シート高745mm 4L ■タイヤF=90/90-10 R=0/90-10 ●国内入荷予定なし ※諸元は台湾仕様 [写真タップで拡大]

“New”と”Retro”の要素を合わせた”Newtro”をコンセプトに、台湾ヤマハが発表した意欲作「ビノーラ/M」。顔まわりのデザインは30年近く昔の’91年東京モーターショーでヤマハが電動コンセプトモデルで発表した「フロッグ」とそっくり。124㏄エンジンはヤマハならではのブルーコアで、フロントポケットやコンビニフック、USB電源も備えた便利仕様。この顔、日本でも大いにウケると思うのだが…。

[写真タップで拡大]

ゆるキャラを思わせる表情豊かな丸型のヘッドライトとテールランプはLED。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

ファニーフェイスに合わせたカラーバリエーション。

【’21 YAMAHA VINOORA M】Mはツヤ消し黒。ヘッドライトガード/フロントバンパー/テールモール/大き目なタンデムパイプを装備。 ●国内入荷予定なし ※諸元は台湾仕様 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報