世界の新車大図鑑

カワサキ2021新車バイクラインナップ〈126〜250cc軽二輪クラス〉ZX-25R etc.

●文:ヤングマシン編集部 ●情報提供:カワサキ※’21年2月11日更新

ニンジャZX-25R:復活のマルチクォーターは電子制御と強脚で武装!

【’21 KAWASAKI Ninja ZX-25R/SE/SE KRT EDITION】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 249cc 45ps/15500rpm 2.1kgm/13000rpm ■184kg(装備) シート高785mm 15L ■タイヤF=110/70R17 R=150/60R17 ●価格:91万3000円 ※諸元はSE KRT EDITION [写真タップで拡大]

現行250クラスで唯一の4気筒エンジンを搭載するライトウエイト・スーパースポーツ「ニンジャZX-25R」。完全新設計のエンジンはZXR250系よりショートストローク化され、狭角バルブやメッキシリンダーをはじめ、ライドバイワイヤのスロットルやパワーモード、トラクションコントロール等、リッタースーパースポーツに肉薄する電子デバイスでエンジンを制御。レッドゾーンの1万7000rpmまで淀みなく回り、超ショートサイレンサーは4気筒ならではの高周波サウンドを奏でる。そしてショーワ製SFF-BPのフロントフォークやリンク装備のホリゾンタルバック式のリヤサスペンション、ラジアルマウントのフロントブレーキキャリパーなど足まわりもクラスを超えた充実度。そんな走りに徹した作りにも関わらず、クッション性の高いシートやその下のUSBソケットなど、実用装備も手抜かりない。

[写真タップで拡大]

【走りは絶品の気持ちよさ】1万7000rpmのレッドゾーンまで淀みなく吹け上がるエンジンを、秀逸なシャシーが支え、トラコンやクイックシフターなど最新デバイスを駆使することで、とことん味わえる!

[写真タップで拡大]

【官能性能の45ps】軽量ピストンやインコネルの排気バルブなどリッタースーパースポーツ顔負けの最新最強直4エンジンは、ラムエア加圧で+1psの46psを発揮!

[写真タップで拡大]

【音質も作り込み】低重心とマスの集中に貢献する4.5Lの大容量チャンバーを備えた超ショートサイレンサーは、胸のすく高回転サウンドにチューニング。

[写真タップで拡大]

【1クラス上の脚】ショーワのサスペンションはフロントにSFF-BP、リヤはリンク機構を持つホリゾンタルバック。フロントキャリパーはラジアルマウントだ。

[写真タップで拡大]

【クイックシフターは上下対応】SE/SE KRTにはKQS(クイックシフター)を標準装備。シフトダウン時は回転合わせを行うオートブリッパーが作動する本格仕様!

[写真タップで拡大]

【2万を刻むタコ】アナログ式のタコは1万7000rpmからレッドゾーン。組み合わせた多機能液晶パネルにはギヤポジションやパワー/KTRCモードも表示。

【純正オプションパーツにアクラポ&オーリンズも】カワサキとアクラポビッチが共同開発したフルエキゾーストは、STDのECUで出力特性を向上できる。ストリート用とクローズドコース用をラインナップする。リヤショックもカワサキとオーリンズの共同開発品が発売予定だ。 [写真タップで拡大]

【国内は全3色】SEにカワサキワークスを彷彿させるライムグリーンのKRT仕様と、赤フレームが映える黒×白(左)を用意。STDモデルは精悍なブラック(右)だ。 [写真タップで拡大]

ニンジャ250:ツインSS最軽量で熱い走りを実現!

【’21 KAWASAKI Ninja250/KRT EDITON】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 248cc 37ps/12500rpm 2.3kg-m/10000rpm ■166kg(装備) シート高795mm 14L ■タイヤF=110/70-17 R=140/70-17 ●価格:KRT65万4500円 [写真タップで拡大]

250フルカウルスポーツ復権の立て役者である「ニンジャ250」は、3代目となる’18年のフルチェンジで大幅にパワーアップと軽量化を施し、逆スラントの2眼フェイスは兄貴分のZX-Rシリーズにいっそう近づいた。’21年モデルは’20年のWSBワークスマシンをイメージさせる緑×黒×白のKRTカラーと、1万1000円プライスを抑えた単色のメタリックカーボングレーの2色展開。

[写真タップで拡大]

多機能液晶スクリーンとアナログ式のタコをセットした見やすいメーターは、ZX-6R系を踏襲する。

[写真タップで拡大]

【カラーバリエーション】カラーリングは緑×黒×白のKRTカラーと、単色のメタリックカーボングレーの全2色。

Z250:250ネイキッド最強パワー!

【’21 KAWASAKI Z250】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 248cc 37ps/12500rpm 2.3kg-m/10500rpm ■164kg(装備) シート高795mm 14L ■タイヤF=110/70-17 R=140/70-17 [写真タップで拡大]

Zシリーズ共通の”Sugomi”デザインを与えられ、ひと目でカワサキとわかるシルエットの「Z250」。シャシーやエンジンを共用するニンジャ250から1年遅れの’19年にフルチェンジし、250ネイキッドで最強の37psを発揮。しかも車重はニンジャ250より2kg軽量の164kgだ。操作力が軽く、急なシフトダウン時などの過度なバックトルクを逃がすアシスト&スリッパークラッチを装備し、ペタルタイプのディスクはフロントにZ1000と同径のφ310mmを採用する。

[写真タップで拡大]

メーターはデジタル液晶だが、タコはアナログ風で3種の表示モードを持つ。

[写真タップで拡大]

【カラーバリエーション】’21年カラーはティール(青緑)×黒と赤×黒の2色。

KLX230:レーサーと同時開発!

【’20 KAWASAKI KLX230】カラーはKXイメージのライムグリーンとエボニーの2色。■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 232cc 19ps/7600rpm 1.9kg-m/6100rpm ■134kg(装備) シート高885mm 7.4L ■タイヤF=2.75-21 R=4.10-18 ●価格:49万5000円 [写真タップで拡大]

KLX250の生産終了以降、久々に登場した新型トレール「KLX230」。空冷単気筒エンジンは完全新設計で厳しい排ガス規制に対応し、搭載する高張力鋼のペリメターフレームも非常に幅が狭くシンプルでコンパクト。レーサーのKLX230Rと同時開発したためシート高は885mmと相応に高めだが、それだけに走破性に優れる。ボッシュ社と共同開発したカワサキ初のデュアルパーパスABSも装備する。

[写真タップで拡大]

メーターは薄型の液晶で、速度の他にデュアルトリップ/燃料計/時計を表示。

ヴェルシスX250ツアラー:スタイルも積載量も本格派

【’20 KAWASAKI VERSYS-X 250 TOURER】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 248cc 33ps/11500rpm 2.1kg-m/10000rpm ■183kg(装備) シート高815mm 17L ■タイヤF=100/90-19 R=130/80-17 ●価格:70万4000円 [写真タップで拡大]

「ヴェルシスX250ツアラー」に搭載されたニンジャ250譲りの並列2気筒エンジンは、アドベンチャーのキャラクターに合わせてチューニングされ、操作力の軽いアシスト&スリッパークラッチも装備。フロント130mm/リヤ148mmと長いサスペンションストロークを確保しながら、幅の狭い専用フレームによりシート高を815mmに抑えて足着き性も良好。大型のウインドシールドやハンドガード、サイドカウルやエンジンを守るガードパイプを始め、積載性に優れる大型リアキャリアや左右のパニアケース、電源ソケットやセンタースタンドも標準装備して、アドベンチャーとしての“旅力”を高めている。

[写真タップで拡大]

メーターはニンジャ250等と同系のアナログ式タコメーター+多機能液晶ディスプレイで、中央には便利なギヤポジションを表示する。

[写真タップで拡大]

カラーバリエーション


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報