世界の新車大図鑑

スズキ2021新車バイクラインナップ〈126〜250cc軽二輪クラス〉ジクサーシリーズ etc.

●文:ヤングマシン編集部 ●情報提供:スズキ ※’21年3月17日更新

ジクサーSF250:軽量ハイパワーを独自の油冷システムで実現

【SUZUKI GIXXER SF 250】■油冷4スト単気筒SOHC4バルブ 249cc 26ps/9000rpm 2.2kg-m/7300rpm ■154kg(装備) シート高800mm 12L ■タイヤF=110/70R17 R=150/60R17 ●価格:48万1800円 ※’21年2月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

スズキ独自の油冷システム”SOCS”を採用した完全新設計エンジンで’20年に国内登場。インドで大人気のジクサーの最大排気量モデルにしてフルカウルの「ジクサーSF250」は、単気筒ながら水冷並列2気筒のGSX250Rを2ps上回る26psを発揮する。高剛性なφ41mmのフロントフォークやバイブレ(インド生産のブレンボ)のフロントブレーキキャリパーなど足まわりも充実。フロントカウルの面に沿ったワイドなLEDヘッドランプや大型のリヤグリップ、厚みのあるパッセンジャーシート等の装備はGSXシリーズとは趣が異なり、ハヤブサ系の豪華さを感じさせる。モトGPワークスマシンを彷彿させるエクスターカラーを纏ったフェアリングも魅力。インドではすでにスズキ100周年カラーが登場しており、国内モデルにも反映される可能性が高い。

[写真タップで拡大]

【新世代の油冷】燃焼室の周囲に設けたらせん状のオイル通路で、効率的にエンジンを冷却。水冷より部品点数も少なく非常にコンパクトに仕上げている。

【カラーバリエーション】ワークスマシンGSX-RRを踏襲したブルーメタリックと、ツヤ消しのシルバーメタリック(左)、ブラックメタリック(右)の3色をラインナップ。 [写真タップで拡大]

【海外では’21カラーが登場】インドスズキは’21年モデルとしてブルー×シルバーの100周年カラー(左)と、国内仕様とデカール色が異なるマットブラック(右)を発表した。 [写真タップで拡大]

GSX250R:実用性に優れたSSスタイル

【’21 SUZUKI GSX250R/ABS】■水冷4スト並列2気筒SOHC2バルブ 248cc 24ps/8000rpm 2.2kg-m/6500rpm ■181kg(装備) シート高790mm 15L ■タイヤF=110/80-17 R=140/70-17 ●価格:[STD]53万6800円 [ABS]56万9800円 (エクスターカラーは+1万2100円) ※諸元はABS [写真タップで拡大]

GSX-Rの流れを汲むスーパースポーツのフォルムだが、高さのあるハンドルや低いシートに加え同クラスでは大柄な車体がゆったりとしたポジションを生む「GSX250R」。水冷2気筒エンジンはSOHCの2バルブで、ストロークが長く低中速向けのマイルドな乗り味にセットアップされており、日常使いやツーリングを快適にこなせる。アグレッシブなペタル形状のディスクローターなど、細部のデザインにもこだわった作りが嬉しい。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【カラーバリエーション】白×黒と青×黒(上左)のツートーンおよび黒(上左)の3色は同一価格で、スズキワークスのエクスターカラー(左)のみ1万2100円アップ。

ジクサー250:元気な油冷ネイキッド

【SUZUKI GIXXER 250】■油冷4スト単気筒SOHC4バルブ 249cc 26ps/9000rpm 2.2kg-m/7300rpm ■158kg(装備) シート高800mm 12L ■タイヤF=110/70R17 R=150/60R17 ●価格:44万8800円 ※’21年3月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

「ジクサー250」はSFのネイキッド版。ベースがジクサー150だけに非常にコンパクトで、ジクサーSFより65mmも幅広でアップライトなバーハンドルのため、ハンドリングはいっそう軽快。しかしグラマラスなラジエターシュラウドやエッジが効いたアンダーカバーが迫力あるネイキッドスタイルを演出。厚みのあるパッセンジャーシートや握りやすい形状のリヤグリップにより、タンデムも快適だ。

[写真タップで拡大]

【’21海外でSFと同様の新カラーを展開】ネイキッドにワークスカラーのトリトンブルーメタリックのエクスターが新鮮。マットブラックはSF同様にデカール文字がゴールドで、ピボットカバー等のカラーも異なる。 [写真タップで拡大]

Vストローム250 ABS:「DR-BIG」を継承するアドベンチャー

【SUZUKI V-Strom 250 ABS】■水冷4スト単気筒SOHC2バルブ 248cc 24ps/8000rpm 2.2kg-m/6500rpm ■189kg(装備) シート高800mm 17L ■タイヤF=110/80-17 R=140/70-17 ●価格:61万3800円 ※’21年3月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

ロードモデルGSR250の並列2気筒エンジンやシャシーを転用し、ホイールやブレーキはGSX250Rと同系ながら、ベースモデルの面影を感じさせないアドベンチャースタイルを実現した「Vストローム250」。800mmのシート高と前後17インチは気軽に普段乗りにも使える。防風性の高いウインドスクリーンやナックルカバー、便利なセンタースタンドやDCソケットも標準装備。大型のアルミ製リヤキャリヤは荷掛けフックが装備され、オプションで用意するトップ/サイドケースをスマートに装着できる。非ABS車は生産終了。

[写真タップで拡大]

見やすい反転液晶の大型ディスプレイはバータイプのタコやギヤポジション、デュアルトリップなどを表示。左脇にDCソケットを装備。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【カラーバリエーション】カラーは4色。黒×黄(上左)、青(上右)、黒(左)。黒×銀のみデカールのグラフィックが異なる。また、黒×銀はホイールに赤のラインが入っており、ライトリムもシルバーだ。

スズキ ジクサー150:高速道路も走れるスモールネイキッド

【’21 SUZUKI GIXXER 150】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 154cc 14ps/8000rpm 1.4kg-m/6000rpm ■ 139kg(装備) シート高795mm 12L ■タイヤF=100/80-17 R=140/60-17 ●価格:35万2000円 [写真タップで拡大]

欧州テイストのスタイルと手に入れやすい価格がアジアで大人気の「ジクサー150」。ロングストロークの空冷単気筒は中低速トルクと燃費性能に優れ、街中から高速まで快適に使える。’20年にスタイルを一新し、ヘッドライト/テールランプをLED化し、ABSも標準装備した。150ccなので原付二種ではなく軽二輪となり小型限定免許では乗れないが、高速道路を走れるメリットは大きい。’21モデルでは新色が追加された。

カラーバリエーションはパールミラレッド/トリトンブルーメタリック/グラススパークルブラックの3色。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報