世界の新車大図鑑

2021新車バイクラインナップ〈大型スーパースポーツクラス|日本車最新潮流解説〉

2021新車バイクラインナップ〈大型スーパースポーツクラス|日本車最新潮流解説〉

●文ヤングマシン編集部 ●情報提供:ホンダ ヤマハ スズキ カワサキ ※’21年2月10日更新

純粋にバイクが持つ速さを追い求め、最先端の技術や装備が惜しみなく注ぎ込まれている、文字通り最強/最速のカテゴリー=スーパースポーツ。’20年はホンダが超絶パワーの新型CBR1000RR-Rファイアーブレードを投入して話題になったが、’21年はこれに対抗すべくレース最速のカワサキ ニンジャZX-10Rがさらに牙を研いだ。

大型スーパースポーツ:レース性能を重視し、よりエッジィな進化へ

’92年のCBR900RRから始まったスーパースポーツカテゴリー。最初はワインディング最速から始まったこのカテゴリーも、約30年を経た今やその舞台をサーキットに変え、200psを超える超高速域での熾烈なバトルへと変貌している。

そんななか、’20シーズンは開祖ホンダが満を持してクラス最強を誇るCBR1000RR‐Rを投入。12年ぶりのフルチェンジに恥じぬ218psの超絶パワーと最先端のウイングレットを引っ提げて、世間の度肝を抜いた。これに対し、国産SSではいち早く電脳装備を充実させてサーキット戦闘力に全振りしていたヤマハは、YZF‐R1を熟成。久々に国内仕様として設定してヤル気を見せた。スズキGSX‐Rは美しい100周年カラーを設定。そして、’21はSBKチャンピオンのカワサキが、王座を譲らぬままいよいよZX‐10R/RRをモデルチェンジ。メーカーの威信を懸けた戦いに拍車がかかる。

他にも、’21年で生産終了が確実となったスーパーチャージドマシンのニンジャH2や、新型CBR600RRが登場した600クラスも目が離せない。覇権を握るのはいったいどれだ?

’21最新潮流

  • ウイング装備が主流へ
  • SSにもスマホ通信&クルーズコントロール
  • 市販車パワー競争の終焉?
  • 4気筒600SSは一足先にサーキット専用車へ向かう

大型スーパースポーツクラス・新車ラインナップ

SS1000cc

カワサキ ニンジャZX10-R/RR
カワサキ ニンジャZX10-R/RR [写真タップで詳細へ]
ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード/SP
ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード/SP [写真タップで詳細へ]

ヤマハYZF-R1/R1M
ヤマハYZF-R1/M [写真タップで詳細へ]
スズキGSX-R1000R
スズキGSX-R1000R [写真タップで詳細へ]

カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R [写真タップで詳細へ]
カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R [写真タップで詳細へ]

SS600cc

カワサキZX-6R/KRTエディション
カワサキZX-6R/KRTエディション [写真タップで詳細へ]
ホンダCBR600RR
ホンダCBR600RR [写真タップで詳細へ]
ヤマハYZF-R6レースベース車
ヤマハYZF-R6レースベース車 [写真タップで詳細へ]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報