新型バイクカタログ〈カワサキ〉

カワサキ車すべて

大型二輪[1001cc〜]

ニンジャZX-14R(海外仕様)

大型二輪[751〜1000cc]

ニンジャH2カーボン/RニンジャH2 SX SE/SE+ニンジャZX-10R/RRヴェルシス1000SEZ H2 シリーズニンジャ1000SXZ1000Z900RS シリーズZ900メグロK3W800 シリーズ

大型二輪[401〜750cc]

ニンジャZX-6R シリーズニンジャ650 シリーズZ650バルカンS

普通二輪/ミドル[251〜400cc]

ニンジャ400 シリーズZ400

普通二輪/軽二輪[126〜250cc]

ニンジャZX-25R シリーズヴェルシスX250ツアラーニンジャ250 シリーズZ250KLX230

原付二種[51〜125cc]

Z125プロ


※原則として公道用車両のみ掲載
※(未)=国内未発売/(了)=国内販売終了/(競)=競技用/(旧)=旧車

コンテンツラインナップ

カワサキに関連する記事

カワサキ「ニンジャZX-10R/RR」新色スチールグレーがイカス! 欧州で2022年型発表

カワサキは欧州で、2021年にモデルチェンジして大胆な顔つきに変貌した「ニンジャZX-10R(Ninja ZX-10R)」にニューカラーを設定し、ホモロゲーションマシンの「ニンジャZX-10RR」とともに2022年モデルとして投入する。 10RのKRTカラーと10RRのライムグリーンは継承、エボニーに変化アリ! カワサキは、10月5日に北米で先行発表していたニンジャZX-10R/10RRの2022 […]

【カワサキ Z650RS】ザッパーの過去・現在・未来。前世代のザッパーが30年間もカワサキを支えてきた

ザッパーは、カワサキミドル最長ファミリー!? かねてから噂のあったカワサキのZ650RSが、ついに発表された。まずは欧州モデルだが、日本でも2022年の春に販売が予定されているので期待に胸が膨らむ。 1970年代、大人気を博していたトップモデルの900 Super 4、すなわちZ1より軽快に扱える4気筒というコトで、400~500ccと900の間を埋め、かつ“750より速く”というコンセプトで開発 […]

感涙の初代ZXRカラー! SBK・第12戦に出場のカワサキZX-10RRがカッコ良すぎる!

史上最強のSBKチームとして、前人未到のスーパーバイク7連覇に挑んでいるカワサキワークス&ジョナサン・レイ。その第12戦・アルゼンチンに出走したZX-10RRを見て、思わず目を剥いた人も多いに違いない。だだだだってこれ、‘89年の初代ZXR750カラーじゃないの! 僚友ロウズはGPZ900Rカラー レイのワークスZX-10RRがまとうこのカラーは、カワサキ初のレーサーレプリカとして登場した‘89年 […]

2021新型バイク総まとめ:日本車51〜125cc原付二種クラス【新125&110横型エンジン投入でホンダ原二再躍進!】

アジアや欧州で新型の先行販売が報じられるたび、「すぐに国内販売を!」と期待に胸躍る原付二種クラス。ホンダの新横型エンジンの勢いは止まらず、モデルチェンジはもちろん、ダックス125など”復刻125″も現実味を帯びてきた!? 進撃止まぬ原付二種の勢いはファーストバイクの領域に タイ/インドネシア/台湾などのアジア地区ではこのクラスが活況。欧州でも免許制度の兼ね合いで125ccま […]

今度は鮮やかな赤! カワサキ「W800シリーズ」が全てニューカラーの2022年モデルに

カワサキモータースジャパンは、カワサキが50年にわたって育んできた「W」ブランドの最新進化系、W800/W800ストリート/W800カフェにニューカラーを設定し、2022年モデルとして発売する。新たにカワサキケアモデルに設定されたほか、新排出ガス規制に適合して型式指定・認証番号を変更。WMTCモード燃費もわずかに変化した。 トラディショナルカラーのW800と、モダンな雰囲気のW800ストリート/W […]

カワサキ「メグロK3」に新排ガス規制適合の2022年モデル!【空冷2気筒/銀鏡塗装】

カワサキモータースジャパンは、W800をベースにスペシャル装備を施した「メグロK3」の2022年モデルを発表した。銀鏡塗装や職人手塗りのエンブレムなどは一切変更なく、空冷バーチカルツインを新排出ガス規制に適合して型式指定・認定番号を変更。スペック上はWMTCモード燃費がわずかに変わったのみだ。 伝説のメグロ大復活から1年、その姿を変えずに2022年モデルへ 2020年11月に一葉の写真が公開され、 […]

2021新型バイク総まとめ:日本車126〜250cc軽二輪スクータークラス

普通二輪免許で乗れる軽二輪スクーターは、車検不要なのはもちろん、通勤通学のアシから高速道路に乗ってのロングツーリングまで1台でこなせてしまうパフォーマンスの高さが魅力だ。パワーも余裕のフルサイズ250ccフォルツァ/XMAX、コンパクトで軽快なPCX160/NMAX155/マジェスティS/ADV150に加え、その中間を行くバーグマン200や3輪のトリシティ155と、ラインナップは多彩だ。 日本車1 […]

ニンジャZX-25Rターボ見参!!「内燃機関を極めたい」トリックスターの夢がカタチに

2021年初頭、エンジンベースのニンジャZX-25Rにレーシングチューンを施し、実測200km/hを突破したトリックスターが、さらにとんでもないことをおっぱじめた! なんとホンダでも市販に至らなかった(関連記事参照)“250ccターボ”にチャレンジしようというのだ。我々をワクワクさせてくれるトリックスターの原動力とは? 何馬力出るのか、見当もつかない 「4輪はターボがもはや一般的で、さらにハイブリ […]

カワサキの特別仕様車!「Z H2 冬パッケージ」と「Z650 旅パッケージ」

カワサキモータースジャパンは、カワサキプラザ店で取り扱うZ H2(2021年モデル)およびZ650(2020年モデル)に特別仕様を設定し、「Z H2 ウインターパッケージ」、「Z650 ツーリングパッケージ」として販売する。もちろん価格はそれぞれのアクセサリーをバラで買うよりもお得な設定だ。 Z H2 ウインターパッケージ ZシリーズのフラッグシップモデルZ H2にウインターパッケージが登場。快適 […]

カワサキ「KLX230R/S」登場! ローダウン版は公道モデルにも波及する?

カワサキモータースジャパンは、クローズドコース専用オフロードモデル「KLX230R」をカラーチェンジし、2022年モデルとして発売する。また新たにサホイールトラベルを短縮してシート高を-25mmとした「KLX230R S」もラインナップし、ファンバイクとして間口を広げている。 北米で発表済みのKLX230Sのコンペモデル版 カワサキモータースジャパンが発表したKLX230RおよびKLX230R S […]

2021新型バイク総まとめ:日本車126〜250cc軽二輪クラス【ZX-25Rが牽引する”身近な本格派”市場】

車検不要の軽二輪(126〜250cc)クラスにおいて、ニンジャZX-25Rの登場により軽量スポーツマシンの価値観が大きくシフトした’21年。オフロード車も本気度を増す中、レブル250が好調に販売を伸ばすのはクラス唯一のアメリカンだからか? 他と被らない存在感が優位性を発揮する。 手軽さよりも本気度。求められる”存在感” 国内において”車検不要の最大排 […]

2021新型バイク総まとめ:日本車251〜400ccミドルクラス【大人気GB350の登場でクラス全体が活性化するか?】

’21シーズン、日本で話題を集めたニューモデルと言えば、4月に発売開始されたホンダGB350。7月中旬には派生モデルとなるGB350Sも登場した。一方、ヤマハのSR400は’21年で生産終了。ネオクラシック系をきっかけに、400ccクラスに再び注目が集まるか!? 250ccよりも余裕があり、”適度感”に優れるが… 日本独自の排気量帯ということもあり、 […]

2021新型バイク総まとめ:日本車大型クルーザークラス【傑作レブル1100が新たなライバルを生み出すか?!】

大型クラスにおいては、世界的な絶対王者としてハーレーダビッドソンが君臨するクルーザークラス。近年、国内メーカー製のラインアップは減少傾向が続いていたのだが、レブル1100の新登場でトレンドがちょっと変わりそうな雰囲気も…。現状の寂しいラインアップからの脱却なるか? レブルシリーズの成功で風向きが変わった 国内メーカー製のビッグクルーザーは、この10年ほどでラインアップがかなり減った。この大きな要因 […]

ついに見えた! カワサキの水素エンジンはスパチャ+直噴か!?

トヨタとの提携で水素社会インフラの実現を目指す川崎重工の元、水素エンジンバイクの開発も視野に入れているカワサキ。そんな折りに水素燃料を見据えたエンジンの現物が公開された。ニンジャH2系のスーパーチャージャーユニットをベースとする直噴エンジンは、来たる水素エンジンの実現に向けた研究機という触れ込みだ。 2系統の燃料ライン。他燃料との混焼も想定? 10月1日に川崎重工から分社化し「カワサキモータース」 […]

2021新型バイク総まとめ:日本車大型アドベンチャークラス【新型トレーサーなどオンロード重視系が台頭】

旅先で遭遇したダートも走破できる性能を…というのが本来のコンセプトとなる大型アドベンチャークラスだが、近年は舗装路でのツアラー性能を重視した”オンロードアドベンチャー”系が台頭。ゆったりとしたライディングポジションや優れた積載性で長旅にいざなう! 電子制御の高度化により、旅の快適性を磨くのが主流 ’20年型では、オフロード性能も高められたホンダ アフリカツインシ […]

ワンメイクレースでZX-25Rを超満喫!【ニンジャチームグリーンカップ in 鈴鹿サーキット】

’21年からスタートしたカワサキ ニンジャZX-25Rのワンメイクレース「ニンジャチームグリーンカップ(NTGC)」。全4戦が予定されているうち、8月7〜8日に行われた第2戦(鈴鹿サーキット)の模様をお届けする。真夏の熱気に負けじと、約30名の参加者たちが鈴鹿サーキットのフルコースを駆け巡った。 鈴鹿フルコースで超高回転型4発を回し切れ! 「ニンジャZX-25Rをもっと楽しんでほしい。超高回転エン […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報