世界の新車大図鑑

2021新車バイクラインナップ〈大型ヘリテイジクラス|日本車最新潮流解説〉

●文ヤングマシン編集部 ●情報提供:ホンダ ヤマハ スズキ カワサキ ※’21年3月13日更新

大ヒットのZ900RSに続いて、Wシリーズの原点であるメグロブランドを復活させるカワサキ。新生カタナの充実をはかるスズキ。ホンダはCB1300がレジェンドの域に。ヤマハのXSRシリーズもモデルチェンジが近いか。懐かしいが大型ヘリテイジクラスはもっともホットなカテゴリーだ。

大型ヘリテイジ:Z900RSの大人気に高まるネオレトロ市場

最近は日本のみならず世界的に往年の名車をモチーフにしたレトロ風味のマシンが注目の的。だが、姿は懐かしくても中身は最新。カッコよさと乗りやすさが同居しているのも特徴だ。

なかでも一番人気を誇るのがZ1イメージのカワサキ「Z900RS」で、’21モデルはかつてのゼファーを思わせる車体色が登場。その世界観をさらに押し広げている。加えてカワサキは、Wシリーズに原点回帰の「メグロK3」も投入と手を緩めない。

次にスズキの「KATANA」。デビューから2年目を過ぎ、カスタムパーツも随分と充実。より往年のイメージに近づいた作例もビルダーたちによって発表され、多くのファン層でにぎわう。’21年早々に特別色のレッドが限定発売されるも即完売となった。また、ヤマハはXSRシリーズを春以降に新型へ切り替えか?

そしてジャパニーズネイキッドの金字塔であるホンダ「CB1300SF/SB」。エンジン基本設計が’97年と古いため排ガス規制への対応が危ぶまれ、これまで何度も生産終了が噂されてきた同車だが、なんと’21モデルでスロットルバイワイヤー化して最新規制に適合するモデルチェンジを発表。ロングセラーの灯は今後も続くこととなった。

’21最新潮流

  • “メグロ”ブランドが大復活
  • CB1300が待望の電子制御スロットル化
  • XSRも規制対応間近か
  • 特別色のカタナが限定発売
  • Z900RSはいまだ人気を維持

大型ヘリテイジクラス・新車ラインナップ

カワサキ[Z900RS/カフェ|メグロK3|W800/カフェ/ストリート]

カワサキZ900RS
カワサキZ900RS[写真タップで詳細へ]
カワサキ メグロK3
カワサキ メグロK3[写真タップで詳細へ]
カワサキW800カフェ
カワサキW800カフェ[写真タップで詳細へ]

スズキ[KATANA|SV650X]

スズキKATANA
スズキKATANA[写真タップで詳細へ]
スズキSV650X
スズキSV650X[写真タップで詳細へ]

ホンダ[CB1300SF/SB|CB1100/EX/RS]

ホンダCB1300SB
ホンダCB1300SB[写真タップで詳細へ]
ホンダCB1100EX
ホンダCB1100EX[写真タップで詳細へ]

ヤマハ[XSR900|XSR700]

ヤマハXSR900
ヤマハXSR900[写真タップで詳細へ]
ヤマハXSR700
ヤマハXSR700[写真タップで詳細へ]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報