世界の新車大図鑑

スズキ2021新車バイクラインナップ〈51〜125cc原付二種クラス〉GSX-R125/S125

●文:ヤングマシン編集部 ●情報提供:スズキ ※’21年3月22日更新

GSX-R125:本格スーパースポーツの遺伝子を継承

【’21 SUZUKI GSX-R125 ABS】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 124cc 15ps/10000rpm 1.1kg-m/8000rpm ■134kg(装備) シート高785mm 11L ■タイヤF=90/80-17 R=130/70-17 ●価格:41万5800円 [写真タップで拡大]

スーパースポーツの雄・GSX-Rを名乗るにふさわしい縦2灯のヘッドライト(もちろんLED!)を装備したフルカウルに始まり、エンジンもパワフルな水冷4バルブDOHCを搭載した「GSX-R125」。10本キャストのホイールにダンロップD102を履き、前後ブレーキディスクはアグレッシブなペタルタイプと足まわりも本格派。’21モデルでは新色の赤×黒を追加した。

[写真タップで拡大]

水冷DOHC単気筒エンジンは、独自のSCEM(メッキシリンダー)や高性能フューエルインジェクションで15psを発揮し、6速ミッションを装備する。

【カラーバリエーション】新色のストロンガーレッド×タイタンブラック、継続色のトリトンブルーメタリック、タイタンブラックの3色展開。 [写真タップで拡大]

GSX-S125:アップライトで快走

【’21 SUZUKI GSX-S125 ABS】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 124cc 15ps 1.1kg-m ■133kg(装備) シート高785mm 11L ●価格:38万2800円 [写真タップで拡大]

GSX-R125をベースに、バーハンドルでアップライトなポジションに仕立てたファイター系ネイキッド「GSX-S125」は、足着きも良好。縦2灯のライトユニットはGSX-Rと同一だが、精悍なライトカバーやメーターバイザーによって見事にイメージを変えている。’20年に液晶メーターを視認性の良い反転表示に変更し、ハザード機能も追加して利便性を向上。’21モデルでは青/黒2色のグラフィックを変更した。

[写真タップで拡大]

【’20から反転液晶】メーターは見やすい反転液晶で、任意で点灯する回転数を設定できるシフトアップインジケータも装備。

[写真タップで拡大]

【’20でハザード追加】周囲に意思を伝えやすいハザードランプを装備。このクラスでは珍しい充実した装備だ。

カラーバリエーションはトリトンブルーメタリックとタイタンブラックの2色。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報