世界の新車大図鑑

ヤマハ2021新車バイクラインナップ〈126〜250cc軽二輪クラス〉新色MT-25 etc.

●文:ヤングマシン編集部 ●情報提供:ヤマハ ※’21年2月24日更新

YZF-R25 ABS:独特な青緑カラーが日本にも登場[新色]

【’21 YAMAHA YZF-R25 ABS】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 249cc 35ps/12000rpm 2.3kg-m/10000rpm ■170kg(装備) シート高780mm 14L ■タイヤF=110/70-17 R=140/70-17 ●価格:65万4500円 [写真タップで拡大]

’19年にフルチェンジされ、倒立フォークや肉抜きしたトップブリッジ、アンダーブラケットなどシャーシをはじめ、兄貴分のYZF-R1/R6の流れを汲むスタイルを手に入れた「YZF-R25」。’21年のカラーは従来型と共通の青に加え、グラフィックを変更したブラックと、オレンジ色のホイールを組み合わせた独特の青緑色「シアン」が登場。非ABS車は消滅した。

[写真タップで拡大]

メーターはYZR-M1をイメージさせる大型液晶。

【カラーバリエーション】ヤマハブルー(左)とマットブラック(右)は継続だ。 [写真タップで拡大]

MT-25 ABS:精悍なマスクのファイター[新色]

【’21 YAMAHA MT-25 ABS】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 249cc 35ps/12000rpm 2.3kg-m/10000rpm ■169kg(装備) シート高780mm 14L ■タイヤF=110/70-17 R=140/70-17 ●価格:62万1500円 [写真タップで拡大]

YZF-R25と車体やエンジンを共用するファイター系ネイキッド「MT-25」は、’20年のマイナーチェンジでLEDモノアイの精悍なフロントマスクを与えられ、タンク横のダクトなどエクステリアも一新。KYB製倒立フォークも獲得し、いっそうアグレッシブなマシンに変貌した。

’21年モデルは新グラフィックに変更。従来のマットグレーをメタリックグレーとし、鮮やかなバーミリオンのホイールを採用した「パステルダークグレー」のほか、マットグレーの割合を増した「ディープパープリッシュブルーメタリックC」、さらに定番のブラックの新たに濃いマットグレーへと変換した「マットダークグレーメタリック8」の3色をラインナップ。

[写真タップで拡大]

メーターは大型の液晶ディスプレイ。

【カラーバリエーション】パステルダークグレーの他、ディープパープリッシュブルーメタリックC(左)とマットダークグレーメタリック8(右)の3色を展開。 [写真タップで拡大]

セロー250ファイナルエディション:大地を楽しむロングセラー、35年の歴史に幕を下ろす

【YAMAHA SEROW 250 FINAL EDITION】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 249cc 20ps/7500rpm 2.1kg-m/6000rpm ■133kg(装備) シート高830mm 9.3L ■タイヤF=2.75-21 R=120/80-18 ●価格:58万8500円 ※’21年2月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

’85年に登場した初代の225からロングセラーを続けてきた「セロー」。厳しさを増す排出ガス規制にも対応してきたが、遂に生産終了となった。ビギナーからベテランまで多くのライダーに愛され、気軽にダートにも踏み込める扱いやすさが最大のウリ。最終モデルは燃料タンク上に”FINAL EDITION”のエンブレムが装着され、塗装も従来モデルの1コートから2コートに増して質感を高めている。

[写真タップで拡大]

低中速で扱いやすくエンストしにくい空冷SOHC2バルブエンジン。

[写真タップで拡大]

ツイントリップや時計も表示するコンパクトな液晶メーター。

カラーは初代225をオマージュする白×赤と白×緑をラインナップ。 [写真タップで拡大]

【YAMAHA TOURING SEROW】●価格:64万4600円 ※’21年2月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

トリッカー:どこでも遊べるプレイバイク

【YAMAHA TRICKER】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 249cc 20ps/7500rpm 2.1kg-m/6000rpm ■127kg(装備) シート高810mm 7.0L ■タイヤF=80/100-19 R=120/90-16 ●価格:47万6300円 ※’21年2月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

セロー250をベースにエンジンやフレームを共用し、Xゲームをイメージさせるデザインに仕上げた「トリッカー」も、セローと同様に排出ガス規制やABSの装着義務化に抗えず、残念ながら生産終了。ボトムリンク式のリヤサスペンションは、快適性とアクティブな走りに対応するトリッカー専用のリンク比を採用。セローより小径な前後タイヤと短めに設定したホイールベースにより、軽快なフットワークを実現する。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報