ドゥカティ新型バイク総まとめ【’21-’22は各カテゴリーに魅力的な新型を投入!】

2021新車バイクラインナップ〈ドゥカティ〉

●まとめ:ヤングマシン編集部

スポーツマインドが息づく、アツいイタリアンブランド

そのバイクづくりの根底には、熱いスポーツマインドが息づいているイタリアのドゥカティ(DUCATI)。スーパースポーツのみならず、ストリートファイター/アドベンチャー/ネオクラなどジャンル展開が多彩なことも特徴だ。

V型エンジンへのこだわりがあり、代表モデルのひとつである「パニガーレV4」はその名の通り”V型4気筒”を搭載。動力性能を追求した同モデルには、’21年モデルより最高峰モデルとなる「SP」を新設定し、フロントフェンダーやウイングなどをカーボン製とするなど、戦闘力を向上させている。

1000万円オーバーのフラッグシップスーパースポーツ「スーパーレッジェーラ」も搭載するのはV型4気筒。超軽量なカーボンボディに、最強レベルとなる224psを融合。世界で500台の限定モデルで、すでに完売となっている。

初代登場以来、高い人気を誇る「モンスター」は’21年にモデルチェンジ。トレリスから脱却し、アルミ製のフロントフレームを導入。ちなみに日本仕様はローダウンバージョンだ。

アドベンチャーの雄「ムルティストラーダ」の旗艦も’21年よりV4を搭載する新モデルに。先進電子デバイスも積極採用するなど、伝統に胡座をかかず、進化を続ける目の離せないブランドだ。

ドゥカティ最新モデルの動向

  • パニガーレV4に最高峰SP登場
  • 人気のモンスターは新世代へと全面刷新
  • ムルティストラーダの新旗艦がLツインからV4モデルに
  • スクランブラーも引き続き派生モデル多数
  • スーパーレッジェーラは完売御礼

ドゥカティ ラインナップ

スーパースポーツ

ネイキッド

ヘリテイジ

アドベンチャー&モタード

クルーザー


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

ドゥカティに関連する記事

個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’00年代#2〉ネイキッド編【もはやフォルムの一部。遊びゴコロ爆発!】

造り手の意志やマシンの個性を端的に表し、当代の先進技術とデザインが色濃く反映されている部品=メーター。’00年代はデジタル式の速度計/タコが一般化し、液晶パネルの採用が拡大。加えて、樹脂などの成型技術が上がり、デザイン上の制約も少なくなったことで、より多種多彩なメーターが登場した。本記事では遊びゴコロが爆発したネイキッド編をお届けする。 ヤマハMT-01[’05-]:満月? 文字盤も乙 […]

個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’00年代#1〉スーパースポーツ編【デジタル速度計が増殖】

造り手の意志やマシンの個性を端的に表し、当代の先進技術とデザインが色濃く反映されている部品=メーター。’00年代はデジタル式の速度計/タコが一般化し、液晶パネルの採用が拡大。加えて、樹脂などの成型技術が上がり、デザイン上の制約も少なくなったことで、より多種多彩なメーターが登場した。本記事ではソソる計器の多いスーパースポーツ編をお届けする。 ベネリ トルネード900トレL.E[’03 – […]

ドゥカティが本格アドベンチャー「デザートX」を発表! エンジンは水冷Lツイン

ドゥカティは、『ドゥカティ・ワールド・プレミア2022』と題し、2022年に発売するニューモデルを9月より順次発表し、12月10日に7台目となる『DESERT X(デザート・エックス)』を発表してその幕を閉じた。パニガーレV2ベイリス仕様、ストリートファイターV2/V4SP、パニガーレV4といった“ドゥカティの本流”ともいえるスーパーバイク系を連発した後で最後を締めくくったのは、本格派ビッグオフロ […]

ドゥカティとランボルギーニのコラボ! アヴェンタドールとお揃いカラーの「スーパーレッジェーラV4J」

ドゥカティが同郷のスーパーカーメーカー・ランボルギーニとコラボ。アヴェンタドールSVJをイメージした「スーパーレッジェーラV4J」を発表しました。 このコラボを主導したのは、カリフォルニア州にあるドゥカティのディーラー。ベースになっているのは、世界で500台のみ生産したスーパーバイク「スーパーレッジェーラV4」です。 サーキットでの使用を主眼に置きつつ、公道での走行も可能なバイクを目指して開発され […]

普通二輪免許で楽しめる外国車ピックアップ【扱いやすいサイズでも備えた個性は満点!】

“外車”と聞いて、どんなイメージが浮かぶだろうか。まんべんなく性能を備えた国産車に比べて、よくも悪くも個性の塊…といったところだろうか。その個性がどこから来るのかといえば、やはりエンジンだ。国産車にはあまりないチョイスをすることが多く、400cc以下に限っても、ここで取り上げている空冷Lツインやロングストローク単気筒、やたらハイパワーな水冷シングルなど、エンジンの設計や味付 […]

左右非対称の特別カラー! ドゥカティ「ディアベル1260S ブラック&スチール」12/25発売

ドゥカティジャパンは、2021年6月に発表されたディアベル1260ファミリーの新顔「ディアベル1260S ブラック&スチール」を日本で12月25日に発売する。イメージの基となったのは、2019年ミラノデザインウィークに出展された「ディアベル マテリコ」。価格は295万5000円だ。 タイガースカラーじゃないよ! ドゥカティは、2019年に開催されたミラノ・デザインウィークの「Beautiful B […]

ドゥカティエンジンブレーキ最強説急浮上! 【モトGP最終戦でドゥカ勢が1-2-3達成】

カウンターステアを当てるか、当てないか…。絶妙なアングルで安定した進入スライドを見せる、モトGP・ドゥカティファクトリーの2台。後輪の制動力を高める狙いで、スリッパークラッチを作り込んでいるようだ。細部も手を抜かない開発姿勢…。 マスダンパーや空力パーツ、そしてホールショットデバイスなど、ちょっとしたことでも逃すことなくトライし続けているドゥカティ。モトGP界の先駆者として、テクノロジーをリードし […]

ドゥカティ主催ライディングレッスン「DREレーストラックアカデミー」体験レポート

ドゥカティ主催のライディングレッスン「DRE(ドゥカティライディングエクスペリエンス)」が日本に上陸した。先行開催された公道スキルを磨くロードアカデミーに続き、今回は袖ヶ浦フォレストレースウェイを舞台とした「レーストラックアカデミー」だ。 ドゥカティの走りの世界に浸りながら上手くなれる ドゥカティ主催のライディングレッスン・DRE(ドゥカティライディングエクスペリエンス)のサーキット編「DREレー […]

ドゥカティ「パニガーレV4/S」がモデルチェンジ! ユーロ5適合&出力向上

ドゥカティは、1103cc90度V型4気筒エンジンを搭載するスーパーバイクのフラッグシップ『パニガーレV4』と『パニガーレV4S』の2022年式を発表した。このたびのアップデートでは車両全般を改良し、最新排ガス規制のユーロ5に対応しつつも、より速く、さらに扱いやすいスーパースポーツとなっている。 エンジンから電子制御デバイスまですべてにわたってアップデート 2022年式パニガーレV4/V4Sのアッ […]

約1万円でドゥカティオーナーになる!……自分で作らなきゃだけど。「パニガーレV4Rレゴ」を製作してみた

ドゥカティ×レゴの公式コラボアイテム 撮影が終わった後、モデルのたけいみさとが、モーサイ編集部でいつもどおり雑談していたときのことである……。 たけい(パラパラと雑誌をめくりながら)「ねぇねぇ、ドゥカティって格好いいけど、お高いんでしょ? おいくら万円くらいするの?」 ──唐突にどうしたの? ドゥカティ欲しいの? 新車だと下が100万円ちょっとからで、一番高いのはスーパーレッジェーラV4っていうM […]

153ps/178kg! ドゥカティが新型「ストリートファイターV2」を発表、「V4 SP」も登場

ドゥカティは、「Fight Formula」のコンセプトを軸に、スーパーバイクのパニガーレシリーズからネイキッドモデルへと変身した「ストリートファイター」に、エントリーモデルのV2と、上級モデルのV4 SPを追加した。ドゥカティ・ワールド・プレミア・ウェブシリーズのエピソード4にあたる。 エントリーモデルとトップエンドモデルが同時デビュー! ドゥカティは新型スポーツネイキッドの「ストリートファイタ […]

いま新車で買える!! 林道ツーリングを楽しめるマシンたち〈海外モデル編|ゴーライド編集部厳選〉

これから林道ツーリングに行ってみたいというビギナーやリターンライダー、さらに乗り換えや増車を考えている人たちに向けて、オフロードマシン総合誌『ゴーライド』編集部が選んだ”新車で購入できる/未舗装路もバリバリ走って林道ツーリングを楽しめる”マシンたちを紹介。本記事では海外モデルを一挙掲載するゾ! ファンティック XEF125/250:本格装備のプレミアムトレール 低中速で粘るトルクと高回転までスムー […]

V4パイクスピークが登場! ドゥカティ「ムルティストラーダV4」のスポーティ版

ドゥカティは、デスモドロミック機構を廃した新型V型4気筒エンジンを搭載する新型ムルティストラーダV4に、スポーティバージョンである「ムルティストラーダV4パイクスピーク」を追加。2022年モデルとして発表した。名前の由来であるパイクスピーク・インターナショナル ヒルクライム レースはバイクカテゴリーの参戦を中止しているが、そのスピリットは生き続けている。 電子制御サスペンション、鍛造17インチホイ […]

【ドゥカティ ストリートファイターV4S インプレ】ジェントルにもワイルドにも思うがまま

「A New Opera」これはパニガーレV4登場時のキャッチコピーだ。それはSBKエンジンをLツインからV4に変えるというドゥカティの歴史的瞬間をとても美しく表現していた。オペラは演劇と違い歌手が歌唱で舞台を彩るイタリア発祥の文化だ。スロットルを捻りその歌声に魅了された。2020年からドゥカティはストリートファイターV4をオペラの主役に抜擢し、新たな舞台を上演する。 モチーフは映画の「ジョーカー […]

ドゥカティが電動レーサーを開発! 2023年シーズンからMotoEにマシンを供給

ドゥカティが電動化でも先陣を切る! 2023年から2026年までの4シーズンにわたって、ドゥカティがMotoE World Cupクラスでレーシングマシンの公式サプライヤーになることが発表された。 『FIM Enel MotoE World Cup』に参戦する全てのチームがマシンを使用 ドゥカティが電動レーシングマシンを製作する! FIM Enel MotoE World Cup用の、軽量で高性能 […]

ドゥカティがスクランブラーの新機種「1100トリビュートPRO」「アーバンモタード」を発表

ドゥカティは、12月9日発表予定の「デザートX」に向けたドゥカティワールドプレミアのエピソード2にとして、スクランブラーシリーズの1100および800にそれぞれニューモデルの「スクランブラー1100トリビュートPRO」「スクランブラー アーバンモタード」を製作。2022年モデルとして発売する。 1970年代を彷彿とさせる独自のイエローカラー ドゥカティ スクランブラー1100トリビュートPROは、 […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報