世界の新車大図鑑

カワサキ2021新車バイクラインナップ〈大型アドベンチャークラス〉ヴェルシス1000SE/SE+

カワサキ2021新車バイクラインナップ〈大型アドベンチャークラス〉ヴェルシス1000SE/SE+

●文:ヤングマシン編集部 ●情報提供:カワサキ ※’21年3月7日更新

2021新車バイクラインナップ>日本車>大型アドベンチャー

ヴェルシス1000SE/SE+:リッター直4エンジン搭載のモンスターアドベンチャー[新型]

カワサキ ヴェルシス1000SE/SE+|新車バイクラインナップ|大型アドベンチャークラス

【’21 KAWASAKI VERSYS 1000 SE/SE+】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1043cc 120ps/9000rpm 10.4kg-m/7500rpm ■257kg(装備) シート高820mm 21L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●予想価格:220万円前後 ●予想発売時期:’21年4月 ※諸元は’20SE/写真は’21SE+ [写真タップで拡大]

アドベチャーのカテゴリーで異色を放つ「ヴェルシス1000」。そのエンジンはなんと直列4気筒1043㏄エンジン。大きくて重く、慣性トルクも大きいこのエンジン形式はオフロードセクションでは不利な要素しかない。だが、それもそのはず。ヴェルシスは、実はオフロード性能は正直ほとんど考慮されていない。ハイパワーな直4エンジンをサーキットではなく公道で使い切るには、高い視点による視界の確保と幅広ハンドルで得られるコントロール性こそ、“頂点(vertex)”の“system”である、という意味でその名が与えられている。’21モデルは、電子制御サスペンションのショーワEERAに、ショーワ初のスカイフック制御を導入してのリニューアルが施される。

カワサキ ヴェルシス1000SE/SE+|新車バイクラインナップ|大型アドベンチャークラス

[写真タップで拡大]

カワサキ ヴェルシス1000SE/SE+|新車バイクラインナップ|大型アドベンチャークラス

【スカイフックは魔法のじゅうたん】前後のサスの入力に対しリアルタイムで制御を行い、極力車体のピッチングを減らすスカイフック制御。それだけに接地感が希薄になりがちだが、ショーワのスカイフックは独自の制御でこの接地感を確保。ちなみにOFF機能はない。 [写真タップで拡大]

カワサキ ヴェルシス1000SE/SE+|新車バイクラインナップ|大型アドベンチャークラス
[写真タップで拡大]

【クルーズコントロール標準】クルーズコントロールに加え、上下連動のクイックシフターも装備。将来的にAI活用も示唆された専用アプリ“ライディオロジー”にも対応している。

カワサキ ヴェルシス1000SE/SE+|新車バイクラインナップ|大型アドベンチャークラス

カラーバリエーション ※写真は’21SE+ [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報