世界の新車大図鑑

スズキ2021新車バイクラインナップ〈大型スポーツ&ツーリングクラス〉ハヤブサetc.

スズキ2021新車バイクラインナップ〈大型スポーツツーリングクラス〉ハヤブサetc.

●文:ヤングマシン編集部 ●情報提供:スズキ ※’21年2月23日更新

2021新車バイクラインナップ>日本車>大型スポーツツーリングクラス

ハヤブサ:ファン待望の新型、ようやく登場!

【’21 SUZUKI HAYABUSA】■全長2180 全幅735 全高1165 軸距1480 シート高800(各mm) 車重264kg(装備) ■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1340cc 190ps/9700rpm 15.3kg-m/7000rpm 変速機6段 燃料タンク容量20L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ●価格&発売時期:未発表 ※諸元は欧州仕様 [写真タップで拡大]

オーバー300km/h戦国時代の’99年に”アルティメットスポーツ”として初代が登場、’08年に排気量を1290㏄→1340㏄へと拡大して197psを誇る2代目にモデルチェンジしたハヤブサ。だが、ユーロ4には対応せず国内や欧州では’18年限りでラインナップ落ちしてしまい、独自規制の北米仕様のみ’20年まで供給されていた。だがユーロ5を迎えた’21年、いよいよこれに対応した新型となって復活する! 直4エンジンは1340ccをキープし、最高出力は190ps。電子制御システム”S.I.R.S.(Suzuki Intelligent Ride System)”が導入され、IMU制御によるトラクションコントロールなど、電脳面で大きく進化を遂げる。また車体はフレーム/スイングアームともに変更ないものの、700gの軽量化を実現。待ちに待った主役がようやく登場だ!

【衝撃の初代モデル】ホンダ/カワサキを相手に繰り広げられた300km/h戦国時代に登場した衝撃の初代ハヤブサは’99モデル。1299cc/175psを発揮した。 [写真タップで拡大]

【余裕を残した刷新】’08でフルモデルチェンジ。1340cc/197psとなりパワーに磨きをかけた。’13でブレンボキャリパー+ABSとなる変更を受けている。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【幻のハヤブサ?】その後、新型は何度も噂に。’15東京モーターショーではオブジェクト「コンセプトGSX」の姿に正式発表は間近と目されたが、幻に。

GSX-S1000F:R1000の息遣いをツーリングで堪能する

【SUZUKI GSX-S1000F】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 148ps/10000rpm 10.9kg-m/9500rpm ■214kg(装備) シート高810mm 17L ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ●価格:120万7800円 ※’21年2月時点の国内仕様 [写真タップで拡大]

’05GSX-R1000のエンジンをストリート向けの特性にチューニングし、軽量な専用アルミフレームとこれまたR1000からまんまのカタチで譲り受けたスイングアームを持つ車体に搭載したスポーツツアラー「GSX-S1000F」。3段階+OFFのトラクションコントロールやフロントにブレンボキャリパーを採用したABSブレーキといった電子制御を持つ。剛性を高めつつ重量と振動低減に貢献するテーパー構造のアルミファットバーハンドルはレンサル製だ。’17年にユーロ4に相当する国内の平成28年規制に対応するマイナーチェンジを実施。同時にパワー&トルクアップとアシストスリッパークラッチ追加を受けた。それ以降はカラー変更のみで現行の’20モデルは3色で発売。’21モデルの発表は現時点でまだだ。

[写真タップで拡大]

【名作のRユニット】名作と評判の高かった’05GSX-R1000の直4エンジンをベースにチューニング。気筒間に設けられたベンチレーションホールがポンピングロスを減らしている。

[写真タップで拡大]

モノクロ液晶のデジタルメーターを採用。輝度調整が可能で、バックライトはホワイト色だ。燃費計は瞬間/平均や航続可能距離を表示可能。

【’21新色が待ち遠しい】’20カラーはブルー×ブラックのほか、ホワイトとブラックの3色を設定。さて、’21の新色はどうなる? [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報