新型バイクカタログ〈ヤマハ〉

※原則として国内公道用車両を掲載

大型二輪[1001cc〜]

XT1200ZE(生産終了)

大型二輪[751〜1000cc]

YZR-M1(競技用)

大型二輪[401〜750cc]

トレーサー7シリーズ(海外仕様)YZF-R6(国内生産終了)

普通二輪/ミドル[251〜400cc]

普通二輪/軽二輪[126〜250cc]

トリッカー(生産終了)

原付二種[51〜125cc]

ビノーラ(海外仕様)BW’S125(国内生産終了)ズマ125(海外仕様)

原付一種[〜50cc]

ヤマハに関連する記事

〈動画〉これぞ究極のオールラウンダー!【ヤマハ トレーサー9 GT】試乗インプレッション

アドベンチャースタイルにスポーツモデルの運動性能を実現し、ツアラーとしての快適性&積載性を拡張したトレーサー9 GT。盛りに盛った欲張り系マシンの本機が、ベースモデルとなるMT-09と同時にリニューアルを果たした! 排ガス規制対策はもちろんのこと、前モデルから43ccの排気量アップした通称”CP3″エンジンは最高出力120psを達成。MT電子制御サスペンションにクルーズコン […]

【MotoGPはブレーキディスクカバーもセッティングパーツ】冷やしたい!温度をキープしたい!だけでなくコントロール性も変わる?

近年のMotoGPで見た目にわかりやすい進化はエアロダイナミクスだけ。MIGLIOREでは度々その形状や進化に触れてきたが、今回はフロントディスクブレーキのカバーに注目してみよう。 カーボンディスクは温度管理がシビア。 ウエットでは冷やしたくない? 2022年のMotoGPは前半戦を終了。ファクトリー勢のマシンがまとまってくるなど、例年通りの流れで進んでいる。MIGLIOREではMotoGPマシン […]

【Q&A】リヤタイヤの回し方は様々。じつはチェーンよりも高効率なシャフトドライブ【バイクトリビア016】

BMWやモト・グッツィなどが積極的に採用しているシャフトドライブは、頑丈そうなルックスだけど一般的なチェーンより何だか構造が複雑そうだし、重そうな感じもする……。バイクに採用されている理由って何ですか? バイクの後輪、どうやって回してる? 現行バイクのほとんどが後輪駆動。そしてエンジンが後輪を駆動する方法はチェーンが主流で、双璧を成す……まではいかないかもしれないが「シャフトドライブ」もけっこうメ […]

ヤマハ YZF-R7 試乗インプレッション【スーパースポーツの敷居を下げた革命児】

MT-07をベースに、幅広い技量のライダーがサーキットで扱いきれることを目指して誕生したのが、このYZF-R7だ。センターブレースなどで剛性バランスを調整したフレーム/KYB製の倒立フォーク/ブレンボの純ラジアルマスターなどを採用。100万円を切る車両価格にも注目だ。 ’22 ヤマハ YZF-R7 概要 スタイリング ライディングポジション [◯] 操縦性はスーパースポーツそのもの。シャーシの完成 […]

【ヤマハらしさとは何か? ハンドリングの数値化を進める理由は?】ヤマハ開発のトップに聞く!Vol.3

ハンドリングのヤマハ。これは西田さんが入社する以前から言われていたこと。数値やスペックで表現しにくいが、ライダーが一番大切にするこの感性はどうのように受け継がれてきたのか? また今後どのように継承されていくのか?  さらにヤマハらしさについても聞いてみた。 ハンドリングやヤマハらしさはどのように継承されてきた? バイクの魅力やインプレッションで語られることの多い、ハンドリング。目には見えないが、乗 […]

’22最新ヘルメットカタログ〈フルフェイス編 #2〉Xフォーティーン/Z-8/EXゼロ/YF-1Cロルバーン etc.

国内規格に沿った主要ヘルメットメーカーの’22人気モデルを一挙に紹介。見比べて、アナタにピッタリのモデルを選んで欲しい。 本記事はフルフェイス編その2。アライと並び世界で絶大な人気を誇るSHOEIと、ヤマハブランド用品全般を展開しヘルメットも手掛けるワイズギアの製品を紹介する。 独自装備をフル注入。勝利を追求した最高峰〈SHOEI Xフォーティーン〉 200km/h超を想定したリヤスポ […]

ビギナー&リターンライダーが安全安心の基本ライテクを習得〈YRA大人のバイクレッスン〉

昨今のバイク熱の高まりを受けて、ヤングマシン読者の周囲でも「新たに二輪免許を取った」「ひさしぶりにバイクに復帰したい」といった声が多く聞かれるのではないだろうか? そんな仲間たちが安全に楽しくバイクの世界に飛び込んでもらえるよう手助けをするのが、「YRA大人のバイクレッスン」だ。 バイクブームの今だからこそ、基礎からしっかりマスターしたい ヤマハがバイク安全普及活動の一環として取り組む「YRA(ヤ […]

ノリックの長男、阿部真生騎がヴァレンティーノ・ロッシと初対面!【第11回目 ヤマハVR46 マスターキャンプ】

ノリックこと阿部典史の長男である阿部真生騎は、現在ウェビック チームノリック ヤマハから全日本に参戦。今シーズンからST600にフル参戦している。ウェビック チームノリック ヤマハはノリックの強い要望により2006年に設立されてから今年で16年目を迎える。そんな阿部真生騎がノリックをリスペクトしていたヴァレンティーノ・ロッシと初対面! 未来のライバルとヤマハVR46 マスターキャンプに参加 ウェビ […]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース