BMW [’22後期新型バイクカタログ]:”M”を冠するSSに限定車が登場! 各モデルとも熟成&新色導入実施だ

BMW [’22後期新型バイクカタログ]

●まとめ:ヤングマシン編集部 ※情報更新日:2022年7月28日

SSからスクーターまで揃える名門ドイツブランド

スーパースポーツのみならず、スポーツツアラーやアドベンチャー部門においても、広く受け入れられる名モデルを有するBMW。ネオクラシック/クルーザー/スクーターなども揃えており、豊富なジャンル展開が特徴の総合ブランドだ。各車に搭載される心臓部も、同社の象徴であるボクサーツインを筆頭に、並4/並2/シングルなど多彩。

’22後期ではスーパースポーツの旗艦、M1000RRに50台の限定車が登場。四輪でも知られるスポーツの象徴”M”を冠した同車だが、今回の限定モデルはBMW M社設立50周年を記念したもの。残念ながら申し込みは’22年6月で終了している。

’22で熟成され、国内未導入だったF900Rなどのマイナーチェンジモデルも、一部は’22後期から国内導入。ニューカラーも多数だ。伝統の空油冷ボクサーを抱く元祖ネオクラモデル、Rナインティシリーズにも新色が登場している。

歴代最大、1803ccという巨大な空油冷ボクサーツインを抱くネオビンテージクルーザー、R18には’22より2タイプが新登場。バガーのB、トップケースまで備えたトランスコンチネンタルだ。さらに’22後期では、STDとクラシックにレッド、パープルなどの新色が追加された。多くの輸入車が値上げする中、R18シリーズは’22後期で値下げを実施。

こちらもBMW社の象徴のひとつ、”シルキー6″のノウハウが息づくツアラーK1600GTは’22でフルモデルチェンジの上、国内導入された。BMS-Oと呼ばれるエンジン制御システムを導入してユーロ5に対応、最大トルクも増強。’21で日本未投入だったグランドアメリカも、新たに導入されている。

また同社は以前から電動スクーターにも積極的。先に海外でデビューを飾った新モデルCE04も、遂に国内導入となった。

BMW最新モデルの動向

  • 旗艦SSに特別な限定車
  • ’22新色も次々国内へ投入
  • ネオクラR18は値下げを実施
  • “シルキー6″K1600GTはフルチェン
  • 新顔電動スクCE04が国内導入

BMWラインナップ

スーパースポーツ

スポーツ&ツーリング

ネイキッド

ヘリテイジ

アドベンチャー/クロスオーバー/オフロード

クルーザー

スクーター


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース