世界の新車大図鑑

2021新車バイクラインナップ〈251〜400ccミドルクラス|日本車最新潮流解説〉

2021新車バイクラインナップ〈251〜400ccミドルクラス|日本車最新潮流解説〉

●文:ヤングマシン編集部 ●情報提供:ホンダ ヤマハ カワサキ ※’21年3月11日更新

普通自動二輪免許で乗ることができる最大排気量クラスであるにも関わらず、2年に一度(新車は3年)の車検があるために敬遠されがちだった251〜400ccクラスだが、ここにきて300cc台のグローバルモデルが相次いで登場。大型車からのダウンサイジング志向にも合うため、今後の盛り返しに期待だ。

新型GB350、空洞化に歯止めをかけろ!

現在の国内2輪市場において長年苦戦を強いられているのが(50ccを除く)、この400ccミドルクラスだ。

第一の理由はやはり車検。金銭的な負担となる要車検マシンはビギナーから敬遠されやすく、加えて大型二輪免許を取ってしまえば、維持費において400ccクラスは”よっぽどの特別な理由”がないかぎり、わざわざ選ぶ理由もなくなってしまう。

加えて海外で主流の排気量クラスとの違いもこのクラスに追い打ちをかける。400ccという排気量はグローバルでみるとガラパゴス状態なのだ。

CBR400Rなどは海外では500cc。それをわざわざ排気量ダウンして国内に導入している。当然作り分けるにはそれなりのコストが必要となる。

そんな逆風の中で国内メーカーはなんとか踏ん張ってくれているのだが…。意地で継続するのか? 諦めるのか? ABS装着の義務や排出ガス規制強化などで、いまやそれも風前の灯である。

モデルの空洞化が進むこのクラスで売れるためには、他車にはない”よっぽどの特別な理由”が必要なのだ。新たに登場するホンダGB350の活躍に期待したい!

’21最新動向

  • インドで先行発表されたハイネスCB350が日本名GB350として国内展開へ
  • CB400が規制対応で継続か
  • SRに最終特別仕様が登場

251〜400ccミドル・ラインナップ

ホンダ[GB350|CB400SF/SB|CBR400R|400X]

ホンダGB350
ホンダGB350(国内正式未発表)[写真タップで詳細へ]
ホンダCB400SF/SB
ホンダCB400SF/SB[写真タップで詳細へ]
ホンダCBR400R
ホンダCBR400R[写真タップで詳細へ]
ホンダ400X
ホンダ400X[写真タップで詳細へ]

カワサキ[ニンジャ400|Z400]

カワサキ ニンジャ400/KRTエディション
カワサキ ニンジャ400/KRTエディション[写真タップで詳細へ]
カワサキZ400
カワサキZ400[写真タップで詳細へ]

ヤマハ[SR400ファイナルエディション|YZF-R3|MT-03]

ヤマハSR400ファイナルエディション
ヤマハSR400ファイナルエディション[写真タップで詳細へ]
ヤマハYZF-R3
ヤマハYZF-R3[写真タップで詳細へ]
ヤマハMT-03
ヤマハMT-03[写真タップで詳細へ]

スクーター[ヤマハ トリシティ300|スズキ バーグマン400]

ヤマハ トリシティ300
ヤマハ トリシティ300[写真タップで詳細へ]
スズキ バーグマン400 ABS
スズキ バーグマン400 ABS[写真タップで詳細へ]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報