ハスクバーナ初のアドベンチャーモデル

ハスクバーナのネオクラアドベンチャー「ノルデン901(NORDEN 901)」の量産が決定!

  • 2019/12/6

アドベンチャーモデルにもネオクラシックスタイルの波が来た! ネオクラのストリートモデルで優れたデザイン性を発揮しているハスクバーナは、EICMAでノルデン901というコンセプトモデルを発表。これが大反響を呼んだことから、早くも実際に生産されることが決定したという。

ハスクバーナ初のアドベンチャーモデル

ハスクバーナ・モーターサイクルズは、EICMAでのノルデン901(NORDEN 901)コンセプトモデルのアンベールに続き、この同社にとって初めてのアドベンチャーモデルを生産すると発表した。ハスクバーナはオフロードモデルの競技用車両で強みを見せてきたブランドだが、近年は独創的なネオクラシックスタイルの公道モデルで人気となっている。

ハスクバーナ初のツアラーマシンであるノルデンは、同じく新登場となったKTMの890デュークRと同じ排気量であり、車体は評価の高いKTM790アドベンチャーがベース。オフロードとツーリングの高バランスを狙ってフロント21/リヤ18インチホイールを採用し、WP製サスペンションで足元を固める。

しかし、何より注目なのはネオクラシックスタイルをアドベンチャーマシンに持ち込んだことだろう。奇しくもドゥカティがスクランブラー1100ベースでデザートXというコンセプトモデルを発表し、喝采を浴びている。

889.5cc並列2気筒エンジンを搭載すること以外、スペックの詳細は不明だが、余裕のある排気量と程よい車格で人気を呼びそうだ。もちろん、スタイリングはクラシック傾向でも中身は最新。安全性能も折り紙付きだろう。現時点では日本への導入は未定というが、これは期待したい。

【HUSQVARNA NORDEN 901 2020】主要諸元■水冷4ストローク並列2気筒 889.5cc ●価格&発売時期:未定
ラリーの経験に基づいたエルゴノミクスが与えられ、スリムかつ軽量で扱いやすく、多用途の長距離冒険マシンに仕上がっているという。
荷物を満載にしても運動性は確保されていそう。ダカールラリー気分で日本一周、行ってみちゃう?
LEDのフォグランプは標準装備か不明ながら魅力的。丸眼1灯は今むしろ個性だ。

“401”シリーズもマイナーチェンジ

[左]ヴィットピレン401/[右]スヴァルトピレン401【2020年モデル】

373cc単気筒エンジンを搭載する401シリーズは、40mm延長した新しいボルトオンサブフレームを採用することでパッセンジャーの快適性を増すとともに、やや落ち着いたシルエットに。新しいシルバーのカラーリングとあいまって、幅広い年齢層に受け入れやすそうだ。43馬力を発生するなど、主な諸元に変更はないようだ。

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)