YMショートニュース

新型コロナ禍でも海外バイクブランドの販売好調【トライアンフ、KTM等】

  • 2020/8/4
新型コロナ禍でも海外バイクブランドの販売好調【トライアンフ、KTM等】

新型コロナによる経済悪化が報道される中、バイク販売は健闘している。上半期において250㏄超の新車販売は前年比6.1%減だったが、126〜250ccは1月から4か月連続で増加するなど比較的堅調を維持している。中でも外国車は好調で、トライアンフ、KTM、ハスクバーナの3ブランドがいずれも国内の新車登録台数を伸ばした。

年間最多記録のトライアンフをはじめ、KTM、ハスクバーナ・モーターサイクルズが上半期の登録UP

トライアンフモーターサイクルズジャパンによると、6月度で過去最高だった’19年から38%増(438台)と記録を更新。さらに’20年度(’19年7月〜’20年6月)の年間登録台数が初めて2000台を突破し、2062台となった(前年比8%増)。’20年度にオープンした新店舗が好調の主な要因となっている。

新型コロナ禍でも海外バイクブランドの販売好調【トライアンフ】

トライアンフ熊本に続いて、5月にトライアンフ東京ベイ(東京都江戸川区)が開店し、好調の後押しに。 [写真タップで拡大]

続いてKTMジャパンは、’20年上半期の販売台数が前年比13%増の780台だったと発表。’14年に次ぐ過去2位の記録で、6月単月としては過去最高の販売台数となった。4月登場の新型1290スーパーデュークRや390アドベンチャーなどの好調が販売を押し上げた。

新型コロナ禍でも海外バイクブランドの販売好調【KTM】

KTMは390アドベンチャーなどが好調。5月オープンした香川県初の正規ディーラーも販売に貢献した。 [写真タップで拡大]

そしてハスクバーナ・モーターサイクルズは上半期の販売新記録を樹立。289台を販売し、前年比37.6%増と大幅な伸びを示した。なおかつ5月に達成した月間販売記録も6月に塗り替えている。’20年型ピレンシリーズと701シリーズが販売増に貢献した形だ。

●まとめ:沼尾宏明
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事