ここでしか知ることのできない、”世界のHARADA”の現在

連載:世界GP王者・原田哲也のバイクトーク【独占Webコラム】

1993年、デビューイヤーにいきなり世界GP250チャンピオンを獲得した原田哲也氏。虎視眈々とチャンスを狙い、ここぞという時に勝負を仕掛ける鋭い走りから「クールデビル」と呼ばれ、たびたび上位争いを繰り広げた。’02年に現役を引退し、今はツーリングやオフロードラン、ホビーレースなど幅広くバイクを楽しんでいる。そんな原田氏が[WEBヤングマシン]に登場! ’99年以来となる連載は、バイクやレースに関するあれこれを大いに語るWEBコラムだ。「世界のHARADA」の現在は、唯一ここでしか読めない!

Vol.3「『オレがオレが!』に立ち向かうために必要だったこと」

外国人ライダーたちと接していて感じるのは、とにかくワイルドだってことです。大ざっぱというか豪快というか、細かいことは気にしない。まだ僕が全日本ライダーだった頃、初めて世界グランプリを視察した時、コーナー立ち上がりでアウト側にある縁石のさらに外側を走るマックス・ビアッジを見て、ドギモを抜かれたことをよく覚えています。「これは敵わないぞ」と。でも、その時に「こんな世界があったのか!」と逆に燃えて、グランプリで戦いたいと思うようになったんですけどね(笑)。

Vol.2「カピロッシよりも8km/h速かった理由」

前回、’98年最終戦で起きたロリス・カピロッシとの出来事について書きましたが、書いてるうちに思い出しました。そもそも’97~’98年はマシンが非常によく壊れたシーズンだったことを。レースで「たられば」を言っても仕方ないけど、ランキング3位だった両シーズン、マシンが壊れなければどっちも僕がチャンピオンを獲っていたはずです。まさに「たられば」ですが(笑)。

Vol.1「カピロッシ? 今じゃ親友だよ」

年始のパーティーはずいぶん飲んだなぁ……。生きてきた中でも1番楽しいパーティーだったかもしれません。誰と一緒だったかって? 1998年に世界GP250ccクラスでチャンピオンを獲得した、ロリス・カピロッシです。ロリスは踊りまくるわヅラをかぶるわ、本当に楽しいヤツです。……なぁんて話をすると、以前からGPを観ていた方には「ええーっ!?」と本気で驚かれます。僕とロリスとの間では、日本人GPファンの方にとっては衝撃の出来事がありましたからね。


Supported by MICHELIN

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

原田哲也

原田哲也

記事一覧を見る

1993年ロードレース世界選手権(WGP)250の世界チャンピオン。1992年に全日本で同クラスのチャンピオンを獲得し、翌年に初挑戦のWGP250で戴冠した。現役当時のニックネームは「クールデビル」。'02年に現役を引退し、現在はツーリングやオフロードラン、ホビーレースなど幅広くバイクを楽しんでいる。

特集/連載

  1. 2019世界の新車総図鑑
  2. 自二車は中型二輪に限る
  3. ナイケン
  4. 岡崎静夏
  5. 兄弟車試乗インプレ対決
バイク王
Z900RS x STRIKER