ヤマハSR400ファイナルエディション/リミテッド[新型バイクカタログ]:惜しまれつつも43年の歴史に幕

ヤマハSR400ファイナルエディション/リミテッド[新型バイクカタログ]

SR400ファイナルエディション/リミテッド 概要

’78の初代発売以来、環境規制適合化をはじめとする数々の改良などを受けながらも、空冷OHC2バルブ単気筒エンジンの基本部とキックのみの始動方法、一部をオイルタンクとして使用する鋼管フレームの根幹を継承してきたスタンダードロードモデルがSR400。

前後スチール製フェンダーや昔ながらのハンドルスイッチデザインを採用するなど、とことんクラシックにこだわってきた。しかし、’21に生産終了を正式発表。そして最終型として’21年3月に発売されたのが、ファイナルエディションおよびカラーリングやエンブレムなどを特別仕様とした1000台限定のファイナルエディションリミテッド。ただしどちらのモデルもすでにメーカー完売状態で、店頭在庫のみ狙える状況だ。

’21 SR400ファイナルエディションリミテッド

'21 ヤマハSR400 ファイナルエディション リミテッド|ヤマハブラック

【’21 YAMAHA SR400 FINAL EDITION LIMITED】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 399cc 24ps/6500rpm 2.9kg-m/3000rpm ■車重175kg シート高790mm 12L ■タイヤサイズF=90/100-18 R=110/90-18 ●色:ヤマハブラック ●価格:74万8000円 ●発売日:’21年3月15日 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ SR400ファイナルエディションリミテッド|メーター
[写真タップで拡大]

【FINAL EDITIONロゴ入りメーター】リミテッドのメーターは文字盤が黒で、回転計側にはFEを示すロゴがあしらわれている。

'21 ヤマハ SR400ファイナルエディションリミテッド|燃料タンク
[写真タップで拡大]

【職人の手塗り燃料タンク】ブラウンのサンバースト塗装を施した燃料タンクもリミテッド専用。音叉マークは真鍮製だ。

'21 ヤマハ SR400ファイナルエディションリミテッド|シート
[写真タップで拡大]

【本革調表皮シート】リミテッドはシートも専用。天面はダークブラウン、側面はブラックで、専用色ステッチだ。

'21 ヤマハ SR400ファイナルエディションリミテッド|ホイールリム
[写真タップで拡大]

【アルマイト処理】車体色に合わせ、リミテッドの前後ホイールリムは新色のカッパーブラウンアルマイト処理。

'21 ヤマハ SR400ファイナルエディションリミテッド|サイドカバー
[写真タップで拡大]

【電鋳立体エンブレム】リミテッドのサイドカバーには電鋳立体エンブレムを採用。右側はシリアルナンバー入り。

’21 SR400ファイナルエディション

'21 ヤマハSR400ファイナルエディション|ダークグレーメタリックN

【’21 YAMAHA SR400 FINAL EDITION●色:ダークグレーメタリックN ダルパープリッシュブルーメタリックX ●価格:60万5000円 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ SR400ファイナルエディション|ダルパープリッシュブルーメタリックX
[写真タップで拡大]

ファイナルエディションは台数制限なし。カラーバリエーションは、ダークグレー/ブルーの2色展開。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

SR400ファイナルエディション/リミテッドに関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車251〜400ccミドルクラス【大人気GB350の登場でクラス全体が活性化するか?】

’21シーズン、日本で話題を集めたニューモデルと言えば、4月に発売開始されたホンダGB350。7月中旬には派生モデルとなるGB350Sも登場した。一方、ヤマハのSR400は’21年で生産終了。ネオクラシック系をきっかけに、400ccクラスに再び注目が集まるか!? 250ccよりも余裕があり、”適度感”に優れるが… 日本独自の排気量帯ということもあり、 […]

バイク女子のホンネ:ホンダGB350試乗インプレ【イヤなものをすべて排除したのがGB】

新型ホンダGB350はバイク女子にも受け入れられるのか? キック始動とはいえ女子人気が高いヤマハSR400と比較試乗を行なった。ヤングマシンテスターとしておなじみ丸山浩氏の愛弟子・ことりちゃんがヤングマシンに初登場だ!!(※おまけ:ついでにYM編集部のオジサンインプレもお届けする) 単気筒好きに訴えかけるパルス感に、浮気しそう!? このような単気筒エンジンのバイクというのは、ヤマハSR400もその […]

現役SR400オーナーが感じたホンダGB350本音インプレ【キック最高…でもGBのパルス感を羨望】

バイク系ユーチューバーとしても活躍中のMATT氏。SR400を日常の足として使う氏は、GB350に乗ってどんなことを感じたのか? 異色のニューカマーが、忖度&ひいきナシの本音インプレッションをお届けする。 単気筒好きに訴えかけるパルス感に浮気しそう!? まず驚いたのは、GB350が想像していたよりも乗りやすかったこと。排気量差に反して、車格としてはSR400よりもGB350のほうが大きいので、足着 […]

ホンダGB350 vs ヤマハSR400 丸山浩比較試乗インプレ【ついにやって来た世代交代の瞬間】

新世代の空冷シングルマシンとして’21年4月に発売されて以降、爆売れ状態の続くホンダGB350。若年層の支持をも集めるニューフェイスに対して、もっとも比較されるであろうネオクラシック系モデルがヤマハSR400だ。排気量が近く、ともにシングルエンジンを搭載する両車、その魅力の違いはどんなところにあるのか? 両マシンのディテール比較に続き、ヤングマシンメインテスター丸山浩氏が公道にて比較試乗を行なった […]

ホンダGB350 vs ヤマハSR400ディテール徹底比較【ネオクラとリアルレトロ、実は対照的だ】

新世代の空冷シングルマシンとして’21年4月に発売されて以降、爆売れ状態の続くホンダGB350。若年層の支持をも集めるニューフェイスに対して、もっとも比較されるであろうネオクラシック系モデルがヤマハSR400だ。排気量が近く、ともにシングルエンジンを搭載する両車、その魅力の違いはどんなところにあるのか? 比較試乗を行う前に両車のディテールを徹底比較した。 洗練されたメカのGB。古典を今 […]

ヤマハSRブーム再び!? ファイナルエディションリミテッドが100万円オーバーのプレミア価格に!

1000台限定のSR400のファイナルエディション&ファイナルエディションリミテッドが発表されて数日後に、実は何店かのヤマハ販売店に電話してみた。「SR400のファイナルエディションリミテッドって予約できますか?」すでに手遅れだった。あっと言う間に完売していた。でも、そういうモデルは時間が経過するにつれて再び気になるもの……ですよね。 定価は74万8000円。なのにオークションでは100万円以上で […]

愛すべきヤマハの象徴・SRの43年を振り返る#5〈全型式全色図鑑’10s〜’21〉

’78年から同じ姿のまま進化と熟成を重ねたヤマハSRの、時代に合わせ“変わらないために変わり続けた”歴史。比類なきロングセラーの43年に渡る歩みと色彩を振り返る。’78デビューから’00年代末までに引き続き、本記事では’10年代から’21ファイナルエディションまでのモデル変遷を辿る。 〈’12年1月〉SR400[3HTU] ’12年モデルはカラー変更。ヤマハブラ […]

愛すべきヤマハの象徴・SRの43年を振り返る#4〈全型式全色図鑑’00s〉

’78年から同じ姿のまま進化と熟成を重ねたヤマハSRの、時代に合わせ“変わらないために変わり続けた”歴史。比類なきロングセラーの43年に渡る歩みと色彩を振り返る。’78デビューから’90年代末までに引き続き、本記事では’00年代のモデル変遷を辿る。 〈’00年2月〉SR400[3HTB] ドラムブレーキの最終モデル。’99年のブラックゴールドは継続し、ダークパープリッシュレ […]

愛すべきヤマハの象徴・SRの43年を振り返る#3〈全型式全色図鑑’90s〉

’78年から同じ姿のまま進化と熟成を重ねたヤマハSRの、時代に合わせ“変わらないために変わり続けた”歴史。比類なきロングセラーの43年に渡る歩みと色彩を振り返る。’78デビューから’80年代末までに引き続き、本記事では’90年代のモデル変遷を辿る。 〈’91年11月〉SR400[3HT3]/SR500[3GW3] 多重クリアの”ミラクリエイト塗装”に […]

43年間ありがとう! ヤマハSR400は時速80キロの心地よさがたまらない、日本の道のためのスタンダード

ネオクラシックが世界的に流行し、ひとつのジャンルとして大きな勢力を築いている。ヤマハ的にはそれをスポーツヘリテージと呼ぶが、他とはひと味違う風格を放っているのが「SR400」だ。なにせ43年前の送り出され、そこからほとんど姿を変えていないリアルクラシックとして君臨。果たしてその魅力はどこにあるのか? ピンクレディーの時代から変わらない ヤマハSR400は、1978年3月に発売された。今から43年前 […]

愛すべきヤマハの象徴・SRの43年を振り返る#2〈全型式全色図鑑’70s〜’80s〉

’78年から同じ姿のまま進化と熟成を重ねたヤマハSR。時代に合わせ“変わらないために変わり続けた”43年の歴史。比類なきロングセラーの歩みと色彩を振り返る。まずは’78初代〜’80年代末までのモデル変遷を辿ってみよう。 〈’78年3月〉SR400[2H6]/500[2J3]:ここから始まったロードスポーツの原点 ’76年に発売したオフロー […]

愛すべきヤマハの象徴・SRの43年を振り返る#1〈プロローグ:’78初代インプレ再録〉

時代に合わせて生き続けた、愛すべきヤマハの象徴 スポーツバイクにおいて、スペックが重要な指標のひとつなのは間違いない。しかし1000ccで200psオーバーが当たり前の現代において、最高出力が25psにも満たない空冷単気筒バイクが、確固たる存在感を示している。ヤマハのSR400だ。 振り返れば’78年に、ヤマハ初の4ストローク・ビッグシングルのXT500をベースに、当時としてもトラッド […]

コロナ禍で新車が買えない?! 欲しいのに…世界的な半導体、コンテナ不足が招く生産遅延

コロナ禍がバイク文化に与えた影響はきわめて大きい。人と接する必要なく移動できる手段として多くの二輪免許保持者がバイクを稼働させはじめており、新車や中古車市場も活況。ところが、あちらこちらで新車のタマ不足が叫ばれ、「欲しいのに買えない!」という事態に。さらに中古車価格も跳ね上がり……。 人気モデルの新車が買えず、中古車相場は高騰中 2021年4月22日にホンダのニューモデル「GB350」が発売され、 […]

〈動画〉乗るならどっち? ホンダGB350 vs ヤマハSR400比較試乗インプレ by 丸山浩

現在話題を集める新型シングルバイク・ホンダGB350。おそらく現在の日本において、この注目車ともっとも比較されるであろうネオクラシック系モデルと言えば、ヤマハSR400だろう。排気量が近く、ともにシングルエンジンを搭載する両車。魅力の違いはどんなところにあるのか? ヤングマシンのメインテスターとしておなじみの丸山浩氏が比較試乗を行なった。

有終の美・ヤマハSR400ファイナルエディション/リミテッド【稀代の名車よ永遠なれ】

またしてもヤマハの象徴が消える。この流れはもはや止められないのか…? 覚悟していたとはいえ、いざ突きつけられると何ともたとえようのない空虚さに襲われる。空冷/単気筒/キックスターター…。機械と人間の清い関係性を伝え続けてきた「SR400」が43年目にしてファイナルを迎えることを、我々は受け入れなければならない。 ヤマハを象徴する長寿モデルが43年の歴史にピリオド ’78年から43年に渡 […]

ついに最後…! ヤマハ「SR400ファイナルエディション」伝説の最後に1000台限定車も【3/15発売】

ヤマハは、1978年に初代モデルが登場し、43年の歴史を紡いできた空冷2バルブ単気筒のリアルクラシック、SR400のファイナルエディションを発表した。職人の手によるサンバースト塗装を施した1000台限定の「SR400 Final Edition Limited」と併せて、2021年3月15日に同時発売される。 ぼかし塗装“サンバースト”のファイナルエディションリミテッドや、懐かしいツートーンも登場 […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報