新型バイクカタログ

カワサキ ニンジャH2 SX/SE[新型バイクカタログ]:スーパーチャージャーの俊足旗艦

ニンジャH2 SX/SE概要

バランス型スーパーチャージャーを搭載したカワサキの新世代フラッグシップスポーツツアラー。’22年の新型H2 SXにはボッシュ製のライダー支援システムARAS(Advanced Rider Assistance System)を採用。ミリ波レーダーを車両前後に配置し、ACC=アダプティブクルーズコントロール(前車追従型クルコン)やBSD=ブラインドスポットディテクション(死角検知)、さらに前方衝突警告といった装備を実現して安全性能を飛躍的に高めている。

上級版となるSEには以上に加えてSHOWA製の電子制御サスペンション・KECSとブレンボ製Stylemaキャリパーを搭載する。

’22 ニンジャH2 SX SE[欧州仕様]

スタイリング

ニンジャH2 SX SE|スタイリング

【’22 KAWASAKI Ninja H2 SX SE|EU MODEL】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ+スーパーチャージャー 998cc 200ps/11000rpm(ラム圧過給時210ps/11000rpm) 14.0kg-m/8500rpm ■267kg シート高835mm 19L ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●色:エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック ●予想価格:305万円前後 ●国内入荷時期:’22年初夏 ※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

ニンジャH2 SX SE|スタイリング

フレームまわりに変更はなく、シート高は仕向け地によって820/835mmの2種類が用意されている。シート本体も人間工学に基づいて改良され、長時間ライディングとスポーツライディングのためのポジションを両立した。 [写真タップで拡大]

ニンジャH2 SX SE|スタイリング

従来のイメージを踏襲しつつブラッシュアップされたニューフェイス。前後のミリ波レーダー装着に合わせてLEDヘッドライトやテールランプは小型のものに改められている。 [写真タップで拡大]

主要装備

ニンジャH2 SX SE|ARAS

【追尾型クルーズコントロールに死角検知も実装!】ARAS(アドバンストライダーアシスタンスシステム)はミリ波レーダーに加えて慣性観測装置や車速センサーからの情報をエンジンコントロールユニットに集めて統合的に制御。バックミラーにはBSD死角監視システムと連動して車両接近を知らせるLEDインジケーターが内蔵されている。 [写真タップで拡大]

ニンジャH2 SX SE|リヤ
ニンジャH2 SX SE|フロント

ARASのミリ波レーダーユニットは車両前後に内蔵している。そのためLEDヘッドライトは従来よりも小ぶりなものとなり、テールランプも形状が改められた。ミリ波レーダーの搭載は国産車では初、スポーツツアラーとしては世界初となる。 [写真タップで拡大]

ニンジャH2 SX SE|液晶
ニンジャH2 SX SE|アプリ

【6.5インチ大型液晶×スマホ連携】メーターには6.5インチの大画面TFTカラーディスプレイを新採用。ボッシュがベースを開発したアプリ「カワサキSPIN」にも対応し、Bluetoothで接続したスマホと連携。電話やナビなどの機能がメーターパネルと連動して使えるようになっている。 [写真タップで拡大]

ニンジャH2 SX SE|左ハンドル
ニンジャH2 SX SE|右ハンドル

【グリップヒーターも標準装備】スポーツツアラーとして、今や必須装備のひとつであるグリップヒーターもSTD/SEともに標準で装着。スイッチ類はコンパクトにまとめられている。ブレンボ製のブレーキレバーはAPS(アクセルポジションセンサー)やグリップヒーターに合わせて新形状となった。 [写真タップで拡大]

ニンジャH2 SX SE|スマートキー
ニンジャH2 SX SE|スマートキー

【スマートキーのKIPASS】メインスイッチはリモートのスマートキーを使うKIPASSを新たに採用。イモビライザー機能も備えている。燃料タンクキャップやリヤシートの開閉にはスマートキー内に収納されたインターナルカット形状のブレードキーを使用する。 [写真タップで拡大]

ニンジャH2 SX SE|スカイフック

【スカイフックは空飛足】SEが採用するKECSはSHOWAのスカイフック技術を採用。減衰特性は選択したライディングモードに連動して変化する。 [写真タップで拡大]

ニンジャH2 SX SE|カワサキクイックシフター

【カワサキクイックシフターも制御が進化】上下両方向対応のカワサキクイックシフターはECUのアップデートにより1600rpmから使用することが可能となった。 [写真タップで拡大]

ニンジャH2 SX SE|TPMS

【タイヤ圧管理など電制が満載】タイヤの空気圧をリアルタイムで測定し、220kPaから下がると警告を発してくれるTPMS=タイヤプレッシャーモニタリングシステムも装備。 [写真タップで拡大]

ニンジャH2 SX SE|ビークルホールド機能

ビークルホールド機能は、坂道発進でブレーキレバーから手を離しても、マシンが動き出すまでブレーキが作動したままとなり立ちゴケを防ぐ。 [写真タップで拡大]

ニンジャH2 SX SE|ESS

緊急制動時にはブレーキランプを自動点滅させて後続車に危険を知らせるESS=エマージェンシーストップシグナルが追突事故防止に役立つ。 [写真タップで拡大]

’22 ニンジャH2 SX[欧州仕様]

SEとの主な違いは足まわりだ。SXは通常サスペンションを採用する。

ニンジャH2 SX

【’22 KAWASAKI Ninja H2 SX|EU MODEL】●色:エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック ●予想価格:調査中 ●国内入荷時期:’22年初夏 ※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ニンジャH2 SX/SEに関連する記事

ケイズスタイルからカワサキ「ニンジャH2SX/SX SE/+」用カーボンパーツが続々登場!

カワサキ車のカスタムパーツを多くラインナップすることでお馴染みのケイズスタイルが、スーパーチャージドエンジン搭載のスーパーツアラー「Ninja H2 SX/SX SE/+」の2018~2021年モデル/2018~2022年モデル向けに多数のカーボンパーツをリリースした。スクリーンのリフトアップベースなどアイデア商品も! 純正外装に組み合わせて高級感と迫力ある外観を実現! カワサキ車を中心に多数のカ […]

最新のライダーサポートシステム搭載! カワサキ新型「ニンジャH2 SX」シリーズ日本上陸

カワサキは、ボッシュ製のARAS(アドバンスト ライダー アシスタンス システム)を国産バイクとして、またスポーツツアラーとして初めて搭載した新型モデル「Ninja H2 SX」「Ninja H2 SX SE」を発表した。スーパーチャージドエンジンによる究極性能に、さらなる快適性と安全性を加えて、間もなく発進だ! スマホ接続の『Kawasaki SPIN』、電子制御サスペンション、そして最新のライ […]

[’22前期]国産大型スポーツツーリング総まとめ#2(〜1000cc)【電脳装置満載の新世代ツアラー|新型バイクカタログ】

快適性と走る楽しさを両立したスポーツツーリングクラス。’21の3代目ハヤブサに引き続き、’22年も新型モデルが各社から続々と登場。ツーリングブームとともに目が離せないカテゴリーだ。 カワサキ ニンジャH2 SX/SE:前車追従型クルーズコントロールでハイウェイ移動は楽々 カワサキならではのバランス型スーパーチャージドエンジンを搭載するスポーツツアラーが’22でモ […]

カワサキ ニンジャH2 SX/SE[新型バイクカタログ]:スーパーチャージャーの俊足旗艦

ニンジャH2 SX/SE概要 バランス型スーパーチャージャーを搭載したカワサキの新世代フラッグシップスポーツツアラー。’22年の新型H2 SXにはボッシュ製のライダー支援システムARAS(Advanced Rider Assistance System)を採用。ミリ波レーダーを車両前後に配置し、ACC=アダプティブクルーズコントロール(前車追従型クルコン)やBSD=ブラインドスポットデ […]

カワサキ「ニンジャH2 SX/SE」「ヴェルシス650」国内でも2022年初夏に発売!

カワサキモータースジャパンは、海外で発表されたばかりの「Ninja H2 SX / SE」および「VERSYS 650」について、2022年初夏に日本国内へ導入すると発表した。価格や日本仕様のスペックについては追って明らかになりそうだ。 ちなみに北米では価格が発表されており、ニンジャH2 SX SEは2万7500ドル(日本円換算約316万4000円)、そしてヴェルシス650は8899ドル~9099 […]

カワサキ新型「ニンジャH2 SX/SE」登場! レーダー機能付きで、エンジンは中速トルク向上

カワサキは欧州で新型の「Ninja H2 SX/SE」を発表した。ボッシュのレーダー機能を軸としたARAS(ライダー支援システム)を新搭載し、エンジンは4000~8000rpmを中心に全域でパフォーマンスを向上。小型化したLEDヘッドライトや継続採用のコーナリングランプなどに加え、各種電子制御もマシマシになっている。 全身アップデートのスーパーツアラー、さらなる安全性と利便性を獲得 カワサキならで […]

次はカワサキ「ニンジャH2SX」の新型か?! ボッシュのスマホ連動システム『mySPIN』

バイクやクルマの電装部品などで次々に新しいアイデアを実現しているボッシュ(BOSCH)が、より安全かつ快適にスマートフォンの機能を利用できるソリューションを開発。最新の6.5TFT液晶ディスプレイとスマートフォンを連携する『mySPIN』を発表した。 皮切りはスズキGSX-S1000GTだった! ボッシュは、ドイツに本社を置く総合サプライヤーで、日本に二輪車部門の開発センターを置くことでも知られて […]

アダプティブクルーズコントロール(ACC)搭載モデル続々登場【新型ムルティストラーダV4Sも】

前車との距離に応じて車間を自動調整するアダプティプクルーズコントロール等を可能にする、先進のレーダーシステムを搭載した’21モデルが続々登場している。本記事ではドゥカティ新型ムルティストラーダV4Sに搭載されたボッシュ製アドバンストライダーアシスタンスシステム(ARAS)を中心に、各社の動向を紹介する。 ドゥカティ ムルティストラーダV4S:2輪車初・ボッシュ製ARAS搭載 モノコック […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース