買ったその日から超絶便利!!

これがスマホ連動の最新2大トレンドだ!【ゾクゾク増殖中! “つながる”バイク最新事情】

これがスマホ連動の最新2大トレンドだ!【ゾクゾク増殖中! "つながる"バイク最新事情】

近頃、スマートフォンと連動できる機能を備えたバイクが一挙に増えてきた。電話の発着信に、音楽、ナビゲーション機能。スマホがバイクの機能の一部として使えるようなもので、慣れればとても便利な機能だ!! そこで今回は、最新のスマホ連動機能を総チェックしてみよう。まずここでは現在の2大トレンドとも言うべきシステム、”mySPIN”と”アップルカープレイ&アンドロイドオート”について解説していく。

●文/まとめ:ヤングマシン編集部(沼尾宏明) ●メイン写真:山内潤也

無線接続でスマホの情報がメーターに映し出される!

スマホを活用すると、よりバイクが快適に、楽しくなる。別売のマウントでスマホをバイクに取り付ける人も多いが、振動でスマホが故障するケースも。特に手ブレ機能搭載のスマホカメラが壊れた事例が多く、アップルではバイクへの装着を警告している程だ。

一方、スマホ連動機能のあるバイクならブルートゥースでスマホとバイクの無線接続が可能。スマホをジャケットなどに入れておけるので故障の心配が少なく、マウントも不要なので、バイクを買った日から即便利に使える。 何よりメーター上にスマホの様々な情報が映し出され、視認性が高いのがポイント。

また、ハンドル手元のスイッチでメニューなどを操作できるため、いちいちスマホを触る必要がなく、とても使い勝手が良いのだ。 今までは外国車が中心だったが、国産車にも広がってきたのが現状。特に最近のトレンドがここで紹介する2タイプだ。

インカム使用イメージ

【使用にはインカムが必須!】車種によってはスマホに加え、インターカム(インカム)を接続しないと連携できない。そもそもナビの音声や音楽を聞くにはインカムが要るし、スマホ連動バイクを使いこなすために必須だ。 [写真タップで拡大]

【トレンドその1:mySPIN】

機能充実でコスパも優秀

mySPIN(マイスピン)は、ドイツの電装部品メーカー、ボッシュによるシステム。ブルートゥースでスマホと接続でき、メーターにナビや電話着信などを表示可能だ。

ドゥカティやBMWなど欧州バイクメーカーを中心に普及が進んでおり、国内メーカーでは今年2月に発売されたスズキのGSX-S1000GTが第1号。続いて4月に登場したカワサキの新型ニンジャH2 SXにも搭載されている。

メーターに表示できるアプリは限定されており、マップに関しても対応アプリのみ表示可能となる。

mySPINはこんなことができる!

  • マップをメーターに映せる
  • 電話の発信&着信ができる
  • “連絡先”や”スケジュール”も使える
  • スマホの音楽ライブラリを使用可能
GSX-S1000GT ナビ画面

国産ではスズキが採用一番乗り。画面はGSX-S1000GTにて実際に使用した時のもの。専用アプリの名称は”SUZUKI mySPIN”だ。 [写真タップで拡大]

Kawasaki SPIN アイコン

【専用アプリが必要】まず車種に対応したアプリをスマホにインストール。バイクの近くで初期設定してペアリングする。一度接続すれば、基本的には次回から自動接続される。 [写真タップで拡大]

機能選択画面

【5機能が基本メニュー】スマホ内の連絡先、カレンダー、音楽リストをメーターに映し出す。電話着信があれば、相手や電話
番号も表示。マップは対応アプリのみ表示できる。 [写真タップで拡大]

BMW 10.25インチ大画面

【中には巨大画面もアリ】マイスピン由来のシステムはフルカラーTFT液晶6.5インチが一般的。BMWのように10.25インチの巨大サイズでは分割二画面表示も可能だ。 [写真タップで拡大]

【トレンドその2:アップルカープレイ&アンドロイドオート】

多くのアプリが使える!

クルマにて普及してきたシステムで、バイクでは豪華クルーザー系に多い。スマホとバイクを有線接続し、スマホで使っているアプリの多くがメーター上で使える。

Siriなど音声操作もでき、基本的にブルートゥースインカムがないと使用不可。インカムは、スマホではなくバイク本体と接続する。

アップルカープレイ&アンドロイドオートはこんなことができる!

  • スマホアプリの多くをメーターで使える
  • グーグルマップなどメジャーなアプリもOK
  • Siriなど音声入力にも対応
  • タッチパネル対応車種がほとんど
アンドロイドオート画面

画面はアンドロイドオートのもの。多くのクルマでも採用実績があり、機能性は最強。上位モデルは大体コレだ。 [写真タップで拡大]

タッチパネル

【タッチパネル!】いつも使うアイコンがメーター上に表示される上に、同システム搭載車はほぼ全てがタッチパネル式メーター。ハンドルのスイッチでも操作可能だ。 [写真タップで拡大]

スマホ同様の表示例

【ほぼスマホそのまま】一部対応していないアプリもあるが、グーグルマップやラインなど日頃使っているメジャー所を使用できる。安全性の観点から動画には未対応だ。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース