〈動画〉カワサキ「ニンジャH2 SX」シリーズ新旧 最高速300km/h対決!! はたして軍配は?

●外部リンク:TRICK STAR

全日本ロードレースや鈴鹿8耐を含む世界耐久選手権での活躍、ニンジャZX-25Rターボでの250km/h達成、さらにニンジャH2Rによる385km/h達成(いずれもメーター読み)など、数々のチャレンジで知られるトリックスターは、市販モデルの性能を向上するためのカスタムパーツの開発にも余念がない。

その一方で、トリックスターファンの一般ライダーに向けても最高速体験の場を設けるなど活動の幅を広げ続けている。そんな最高速アタックのステージとしてお馴染みのJARI(日本自動車研究所)城里テストセンターのオーバルコースで、モデルチェンジしたばかりのニンジャH2SXシリーズの新旧対決が敢行された。

持ち込まれたのは、2020年型ニンジャH2 SX SE+と、2022年型ニンジャH2 SX SE。いずれも最高出力は200psを11000rpmで発生するが、平成32年排出ガス規制に適合した新型は従来型とどう違うのか。その結果は動画でとくとご覧あれ!

このほか、新型ニンジャH2 SXシリーズに適合する製品は下記のページでご覧いただける。イカヅチマフラーも開発中というから楽しみだ!


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース