外装の樹脂部分ほぼ全てをカーボン化!

エーテックより、ニンジャH2 SX系(2018-2021)用カーボンパーツが登場

高品質なカーボンパーツを“ブラックダイヤモンド”というブランド名でリリースしているエーテック。その新製品にカワサキ・ニンジャH2 SX系用が加わった。2018年〜2021年型のH2 SX/SE/SE+に対応しており、カウルやフェンダーなどの外装はもちろん、インナーパネルやミラーといった細部まで同社自慢のドライカーボンパーツに変更できる。


●文:ヤングマシン編集部 ●外部リンク:エーテック

H2 SXを全身カーボンで武装する!

エーテックのH2 SX用カーボンパーツは、アッパー&サイドカウル、テール部やタンクカバーといった目につく外装類はもちろんのこと、吸気ダクトやカウルインナー、エンジンカバーやヒールガードといった小物類までラインナップされるのがポイント。

そのラインナップの豊富さは、露出している樹脂部分はほぼ全てカーボン化できると言って過言ではないほど。カワサキのフラッグシップツアラーとして元々プレミアム性の強いH2 SXをさらに高級感あふれる1台に仕立てることが可能だ。

また、ドライカーボンパーツのほとんどで「綾織(あやおり)」「平織(ひらおり)」「カーボンケブラー」「開繊(かいせん)」と、カーボンの織り目や素材が異なる4種類が選べるのもエーテック製品の特徴。ラインナップの詳細はエーテックのWEBサイトを参照頂くとして、ここでは細部パーツの何点かをピックアップしてお伝えする。

エーテック|H2 SX|カーボンパーツ

A-TECH Ninja H2 SX [写真タップで拡大]

エーテック|H2 SX|カーボンパーツ

A-TECH Ninja H2 SX [写真タップで拡大]

エーテック|H2 SX|カーボンパーツ

エアロスクリーン(3万3880円〜)基部のカーボン部分は先述の4種類から、スクリーン部分は全6色から選択可能。 [写真タップで拡大]

エーテック|H2 SX|カーボンパーツ

純正用ミラーカバー【L/Rセット】(1万9800円〜)純正ミラーの上からかぶせて装着。材質は4種類から選択可能。 [写真タップで拡大]

エーテック|H2 SX|カーボンパーツ

フロントフェンダーSPL3(7万3260円〜)空力特性を最大限に考慮した形状。ほかに純正形状の製品と、エーテックの独自形状を3タイプ用意する。 [写真タップで拡大]

エーテック|H2 SX|カーボンパーツ

ラムダクトカバー(4万9500円〜)車体左側のラムエアダクトをドレスアップ。材質は4種類から選択可。 [写真タップで拡大]

エーテック|H2 SX|カーボンパーツ

EG-GUARDセット(4万5760円〜)ジェネレーターカバーとクラッチカバーに被せてエンジンをガード。カーボン材質は4種類。 [写真タップで拡大]

エーテック|H2 SX|カーボンパーツ

フロントスプロケットカバー(3万3000円〜)形状は純正品と同一。カーボン材質は4種類から選べる。 [写真タップで拡大]

エーテック|H2 SX|カーボンパーツ

テールライトカバー(3万3000円〜)形状は純正品と同一。カーボン材質は4種類から選べる。 [写真タップで拡大]

エーテック|H2 SX|カーボンパーツ

フェンダーレスキット(3万800円〜)ウインカーとナンバー灯は純正を使用(リフレクターは付属)。材質は4種類を設定。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース