第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

[’22前期]国産大型スポーツツーリング総まとめ#2(〜1000cc)【電脳装置満載の新世代ツアラー|新型バイクカタログ】

快適性と走る楽しさを両立したスポーツツーリングクラス。’21の3代目ハヤブサに引き続き、’22年も新型モデルが各社から続々と登場。ツーリングブームとともに目が離せないカテゴリーだ。


●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司/田宮徹/宮田健一)



カワサキ ニンジャH2 SX/SE:前車追従型クルーズコントロールでハイウェイ移動は楽々

カワサキ ニンジャH2 SX/SE

[写真タップで拡大]

カワサキならではのバランス型スーパーチャージドエンジンを搭載するスポーツツアラーが’22でモデルチェンジ。ECUを含むシステムコアを入れ替えて、エンジンパフォーマンスアップや電子制御の強化等さらなる進化を果たした。なかでも注目は、国産車初となるボッシュ製のミリ波レーダー支援システム=ARASの採用。これにより前車追従型クルーズコントロール/死角検知/前方衝突警告といった先進安全装備を獲得した。他にも坂道発進を容易にするビークルホールドアシスト/エマージェンシーストップシグナルなども追加。カラーTFTメーターはスマホ連動でボッシュがベースを開発したアプリ「カワサキSPIN」に対応している。ショーワのスカイフックテクノロジーを採用した電子制御サスペンションとブレンボキャリパーを装備した上級版のSEも引き続き設定される。



スズキ GSX-S1000GT:電脳装備を一気に強化。デザインもサイバー風味だ

スズキ GSX-S1000GT

[写真タップで拡大]

シンプル装備が特徴のひとつだったフルカウルスポーツのGSX-S1000Fが、ユーロ5対応に伴い車名も「GT」に代えて大幅に進化。Fでは未装備だったクイックシフター/フルカラーメーター/スマホ接続機能といった電子制御装備をたっぷり採用し、グランドツアラーとしてライバルに肩を並べる存在となった。やはり’21でモデルチェンジとなったネイキッドのGSX-S1000とはエンジンやメインフレームといった主要コンポーネンツを共用するが、タンデム快適性を高めるための新作シートレールやハンドルやステップへの振動対策など外装以外にも各所に手が加えられている。メーターがフルカラーなのもこのGTのみだ。



カワサキ ニンジャ650/KRTエディション:90万円強でスマホ接続など機能充実

カワサキ ニンジャ650/KRTエディション

[写真タップで拡大]

68psの扱いやすいパラツインと”ちょうどいい”サイズ感で、日常域からツーリングまで楽しめるフレンドリーさが魅力のニンジャシリーズ中堅モデル。’20のモデルチェンジでシリーズ共通の逆スラント顔のカウルやスマホ連携機能を持ったフルカラーTFTメーターなどでブラッシュアップを果たしたほか、欧州仕様ではユーロ5に対応。国内仕様も’21年12月発売の’22モデルにて、WMTCモードの燃料消費率表示こそ23.6→23.0km/Lとなったが、最高出力&最大トルクは従来と同じままで新排出ガス規制適合となった。車体色はSTDのカラー&グラフィックが変更され、KRTエディションは従来色が継続。車両本体価格はどちらの色も共通で、’21から1万1000円アップの91万3000円だ。



ホンダ CBR650R:スポーツ性能とツーリング性能がバランス

ホンダ CBR650R

[写真タップで拡大]

100万円強で買えるフルカウル4気筒スポーツとして人気のモデル。アグレッシブなデザインのカウルに、ショーワ製のSFF-BP倒立フォークとラジアルマウントのブレーキキャリパーをフロントに採用するなど、CBR650Fに「R」な部分をしっかり組み込んだパッケージングが魅力だ。直4エンジンはアッパーカウル左右のダクトから吸気するラムエアシステムを備え95psを発揮。オン/オフ2段階のトラクションコントロールも備え、ワインディングを中心にスポーツライディングを手軽に楽しませてくれる。欧州で発表された’22モデルはカラーチェンジのみで、グラフィックを変更したレッドと、オレンジのハイライトが入ったマットブラックの2色が用意されている。



ヤマハ ナイケンGT:フロント2輪がスポーツ性能に大きな安定感をプラス

ヤマハ ナイケンGT

[写真タップで拡大]

バンク角に応じて傾くフロント2輪にリヤ1輪を組み合わせたヤマハ独自のLMW(リーニングマルチホイール)フラッグシップ「ナイケン」。旋回時に最適な舵角を生み出すLMWアッカーマンジオメトリー技術でスポーツツアラーとしての性能を存分に発揮する。エンジンは先代MT-09系の並列3気筒で排気量は845cc。2段階+オフのトラクションコントロール/3段階パワーモード/クイックシフターといった電子制御装備を備えている。GTは大型スクリーン/専用シート&タンデムグリップ/グリップヒーターなどを標準装備とした上級仕様。国内仕様の’22モデルはこのGTのみが受注生産で発売された。仕様/諸元/車体色は従来と同じ。



ホンダ VFR800F:ホンダ伝統の90度V4

ホンダ VFR800F

[写真タップで拡大]

往年のRC30やRC45のDNAを受け継ぐホンダ伝統の90度V型4気筒エンジンやプロアームに加え、バルブ休止機構のハイパーVTECを特徴とするスポーツツアラー。インターセプターカラーの現行型は’18に登場し、トラクションコントロールやETC2.0車載器も標準装備だ。


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース