スズキGSX-S1000[新型バイクカタログ]【フォルムも尖り系にした俊足ファイターウェポン】

スズキGSX-S1000[新型バイクカタログ]

’21 GSX-S1000 概要

初代は’15年に発表され、国内仕様も設定。旧GSX-R1000ゆずりのエンジンを軽量なアルミツインスパーフレームの車体に搭載したストリートファイターで、鋭い走りが人気を集めているモデルだ。

ユーロ5対応となる’21モデルは’21年6月より欧州をはじめ世界各国で順次発売され、国内では’21年8月に発売された。そのスタイルは従来の猛獣を思わせる有機的なデザインからエッジの効いたメカニカルなものに変わっただけでなく、スズキとしては初となるモノフォーカスタイプのLEDヘッドライトを縦2連に並べる独特の意匠を採用した。

時代の潮流に合わせて電子制御スロットルとなり、新たに3段階出力特性/5段階トラクションコントロール/クイックシフターを統合管理する「S.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム) 」も搭載。パワーは従来よりアップの152psとなった。

’21 GSX-S1000

'21 スズキGSX-S1000 | トリトンブルーメタリック

【’21 SUZUKI GSX-S1000】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 150ps/11000rpm 10.7kg-m/9250rpm ■車重214kg シート高810mm 19L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ●色:トリトンブルーメタリック グラスマットメカニカルグレー グラススパークルブラック ●価格:143万円 ●発売日:’21年8月4日 ※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

'21 スズキGSX-S1000 | グラススパークルブラック
'21 スズキGSX-S1000 | グラスマットメカニカルグレー

カラーバリエーションはブルーメタリック/グレー/ブラックの3色展開。 [写真タップで拡大]

'21 スズキGSX-S1000 | エンジン
'21 スズキGSX-S1000 | エンジン内部イラスト

【ユーロ5対応+4psアップ】吸気カムシャフト、バルブスプリング、クラッチ、排気系など上記画像の黄色い部分を刷新。ユーロ5対応と同時に4psアップを果たした。 [写真タップで拡大]

'21 スズキGSX-S1000 | 最新電子デバイス実装図解

【最新電子デバイス実装】ライドバイワイヤ̶を採用した最新の電子制御で強化。3段階パワーモード/5段階に広がったトラクションコントロール/オートシフターを備える。 [写真タップで拡大]

'21 スズキGSX-S1000 | 待望の大型 LCDパネル

【待望の大型LCDメーターパネル】メーターは大型化された反転液晶パネルに変更。筐体や全体的なスタイルはKATANAを踏襲するが、追加された電子制御の表示項目が増えている。※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

'21 スズキGSX-S1000 | LEDヘッドライト
'21 スズキGSX-S1000 | テールランプ

【縦型モノフォーカスタイプLED】スズキとしては初となるモノフォーカスタイプのLEDヘッドライトを縦に2つ並べてイメージ一新。テールランプやウインカーもすべてLEDだ。※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

'21 スズキGSX-S1000 | メーターカバー
'21 スズキGSX-S1000 | フレームサイド

【大理石なマダラ調メーターカバー/フレームサイド】メーターカバーやフレームサイドは大理石調のマダラ模様で質感をアップ。これまでのスズキ車に見られなかった新しい演出手法だ。※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

'21 スズキGSX-S1000 | ウイングレット
'21 スズキGSX-S1000 | シングルシートカバー

【スズキ量産車で初のウイングレット】前方に設置されたウイングレットはスズキ量産車では初。オプションのシングルシートカバーと共にメカニカルな雰囲気を引き立たせている。※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

GSX-S1000に関連する記事

【SUZUKI GSX-S1000】「走る・曲がる・止まる」を追求し、ライダーのことを考え抜いたクラフトマンシップの真髄!

カテゴリーに関係なくバイクの基本を追求し、一貫してライダーのことを考えたもの作りを続けるスズキ。2015年以来のフルモデルチェンジを果たした新型GSX-S1000は、精悍で鋭いスタイリングとは裏腹に、バイクの基本性能を磨き上げたスズキらしい仕上がりになっていた! スズキのエンジニアが一貫してきたこだわりと愛情 新しいGSX-S1000は、全ての操作が滑らかだ。振動の少ないエンジンや、アップ&ダウン […]

スズキ GSX-S1000試乗インプレッション【価格アップも納得。扱いやすく進化】

’14年のインターモトで初登場、翌’15年に発売されたスズキのストリートファイターが「GSX-S1000」だ。’17年のマイナーチェンジを経て、この’21モデルで初のフルチェンジを実施した。電子制御スロットルやクイックシフターの新採用など、電脳化を促進したことで価格は24%上昇。その真価をチェック! ’21 スズキ GSX-S1000 [◯] あのドン突きが解消。クイックシフターも優秀 […]

[’22前期]国産大型ネイキッド総まとめ#1(751cc〜)【懐古スタイルを捨て、より先鋭的に|新型バイクカタログ】

懐古系モデルが人気を集める一方で、オートバイのスタンダードスタイルであるネイキッドクラスは、電脳時代をストレートに反映した近未来デザインを続々と採用。’22も最新鋭となったMT-10を皮切りにサイバーな進化を続ける。 電脳時代に合わせた先進デザインが増えてきた むき出しのエンジンにアップライトなハンドルポジション、公道ユースに合わせた出力特性やハンドリングと、オートバイの基本スタイルと […]

伊スズキが新型「GSX-S1000」GPエディション/ヨシムラSERTモチュールエディションを発売!

イタリアスズキは、MotoGPと世界耐久選手権に参戦するファクトリーマシンの公式カラーにインスパイアされた特別カラーの「GSX-S1000」および「GSX-S950」を2021年11月のEICMAで発表していた。この車両のデリバリーがついに始まった模様だ。 GSX-R1000R レジェンド仕様に続くレプリカカラー! 世界グランプリ(WGP/MotoGP)最高峰クラスでチャンピオンを獲得した歴代ファ […]

’21新型スズキGSX-S1000徹底解剖:開発者インタビュー【攻撃的なネイキッドの美しさ】

フルモデルチェンジして発売されたスズキGSX-S1000について、発売時点での新型コロナ禍の状況を鑑み、スズキは開発陣のインタビュー映像をメディア向けに配信した。ここでは6人の開発者を紹介するとともに、彼らが新型GSX-S1000に込めた技術/知恵/思いをまとめてお伝えする。 アグレッシブなニューフェイス参上 ’21年8月4日、スズキはフルモデルチェンジとなった新型GSX‐S1000を […]

’21新型スズキGSX-S1000徹底解剖:新旧&ライバル比較・総括【先代から確実なブラッシュアップを果たした】

ワインディング/高速道路/市街地とあらゆるシーンで新型スズキGSX-S1000の実力を検証した今回の企画。先代のスポーツ性を継承し、最新電子制御で武装したGSX-S1000は、ビギナーからベテランまで、スポーツバイクとしての魅力が詰まった車両だ。本記事では、テスター丸山浩氏が今回の比較結果全体を総括する。 総括:GSX‐Sの面白さはK5エンジンに帰結する 基本キャラクターとしては先代のスポーツ性を […]

’21新型スズキGSX-S1000徹底解剖:ライバル比較編〈vs MT-09/ニンジャ1000SX〉

新型スズキGSX‐S1000の実力を検証する今回の企画。本記事では、ライバル対決として’21年夏に国内登場した3代目ヤマハMT-09SPと、カワサキの直4ベストセラー・ニンジャ1000SXの2台もワインディングに持ち込み、テスター丸山浩氏が比較試乗を行なった。 ヤマハMT-09:まったく異なる峠の世界観 まずは同じスポーツネイキッドのMT-09からだ。試乗したのはフロントにKYB、リヤ […]

’21新型スズキGSX-S1000徹底解剖:新旧比較インプレ・高速&街乗り編【電子制御追加で使い勝手が向上】

新型スズキGSX‐S1000の実力を検証する今回の企画。電子制御スロットルとなり、新たに3段階のパワーモードや5段階のトラクションコントロール、クイックシフターなどを装備したが、それらは高速走行や市街地ではどう影響するのか? ワインディング編に引き続き、テスター丸山浩氏が新旧モデル合わせて試乗比較する。 中間パワーの底上げが高速移動もより俊足に 峠に至るまでの高速道路では、新型の速さが際立っていた […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース