Z900RSが5年連続で大型バイク首位! 2022年に売れたバイクTOP10【401cc以上・小型二輪】

バイク業界の現在を知ることができる二輪車新聞では、2023年1月1日号で2022年のバイク新車出荷台数(125cc以下)/販売台数(126cc以上)の推定値を掲載した。新排出ガス規制の導入によって多くの機種がモデルチェンジしたほか、生産終了モデルも……。ここでは小型二輪クラスの401cc以上にフォーカスして販売台数ランキングをお伝えしたい。


●文:ヤングマシン編集部(ヨ) ●出典: 二輪車新聞

Z900RSは1.6倍増! GB350とともに小型二輪カテゴリーを牽引

二輪車新聞は、元旦号で2022年の二輪車総需要(需要台数=販売台数のこと)を総括。これは毎年発表されるデータで、どの排気量クラスが盛り上がっているのか、売れた機種はなんだったのかを知ることができる貴重な特集号だ。ここでは二輪車新聞のデータをもとに、小型二輪の251~400ccクラスにフォーカスした記事をお届けする。

ちなみに需要台数とは販売台数を意味するが、原付一種/原付二種クラスは全国的な販売データがないため出荷台数でカウントしているとのこと。原付二種および軽二輪クラスは前年を割り込んでいるが、全体としてはほぼ前年並みの41万台を維持したという。

251~400ccクラスの記事でもお伝えしたが、小型二輪クラス全体(251cc以上の全て)では前年比21.7%増の10万1700台を達成し、4年連続のプラスで24年ぶりの10万台超えに。2021年には二輪車全体で8年ぶりの40万台超を記録していたが、2022年も小型二輪および原付一種クラスの奮闘でほぼ同レベルの41万台を維持した。

401cc以上のクラスに注目すると、やはり断トツの数字を記録したのはZ900RSだった。以前の型式で発売された2022年モデルがクラス首位、令和2年排出ガス規制に適合した新型が12位にランクインし、合計では8000台を超えるセールス。2021年の4853台(昨年の記事より参照)に比べると実に1.66倍もの販売台数となった。もちろん5年連続の401cc以上クラス首位である。

以下に小型二輪[401cc~]クラスの上位10傑を紹介していこう。記事末にはその他20位までのモデルを含めたランキング詳細も掲載している。

※販売台数は全て二輪車新聞による推定値

1位:Z900RS/カフェ/SE/50thアニバーサリー[カワサキ]6803台

直列4気筒ストリートファイターのZ900をベースに、レジェンダリーな外装とワイヤースポークをイメージした専用ホイールで、見事なまでに往年のZ1/Z2イメージを再現した「Z900RS」シリーズ。’17年暮れのデビュー以来、大型自動二輪のトップセールス街道を爆進する超人気モデルだ。2段階+オフのトラクションコントロールとツーリングに便利なETC2.0車載器を標準装備。

2022年モデルではSTDと足まわりが豪華な「SE」に加えて、Z生誕50周年を記念する特別仕様車がラインナップされた(完売済)。初代Z1/Z2の火の玉カラーをモチーフとし、特別な重ね塗り技法による深みあるキャンディカラーを実現。ホイールもゴールド色となるほか、サイドエンブレムやタンクトップのロゴなどに専用装飾が施されている。

また、ランキング12位には令和2年排出ガス規制に適合した新型の2023年モデルがランクインしており、合計すると8057台にもなる。

カワサキ|Z900RS 50th ANNIVERSARY

Z900RS 50th ANNIVERSARY ■水冷4ストローク並列4気筒 948cc 111ps/8500rpm ■車重217kg シート高800mm 燃料タンク容量17L ●価格:149万6000円 ●発売日:2022年2月1日 ※写真/諸元/価格/発売日は50周年アニバーサリーモデル [写真タップで拡大]

2位:レブル1100/DCT[ホンダ]3972台

CRF1100Lアフリカツインに使われている水冷パラレルツインエンジンに低中回転域重視の変更を加え、専用の鋼管フレームに搭載。日本では2021年3月にDCT、同年5月にMTがデビューした。低いシート高とムダを排除したボバースタイルを追求。35度のバンク角でスポーティなライディングに対する許容度も高めている。4タイプに切り替えられるライディングモードを装備。クルーズコントロールとグリップヒーターとETC2.0車載器も標準装備している。

2022年2月にはツーリング仕様のレブル1100Tが新登場の予定だ。また、同日にはSTDモデルにもニューカラーが用意される。

レブル1100/DCT ■水冷4ストローク並列2気筒 1082cc 87ps/7000rpm■車重223kg/DCT=233kg シート高700mm 燃料タンク容量13L ●価格:MT=110万円/DCT=121万円 ●発売日:MT=2021年5月13日/DCT=2021年3月11日 ※写真はDCT [写真タップで拡大]

3位:FLHCS/FLFBS/FXBRS/FXFBS/FXLRS/FXBBS[ハーレーダビッドソン]2310台

ハーレーダビッドソンはソフテイルファミリーやツーリングファミリーをひとつの機種として計上し、それらの合計で3位にランクイン。

写真のファットボーイは筋肉質なフォルムが自慢で、「ターミネーター2」の活躍が印象深い。2021年モデルではクロームパーツを多数採用し、より華やかになった。2022年モデルからはディッシュホイールを、スポークを持つオープンセンタースタイルに変更。またタンクバッジのデザインを小変更。スターマークをそのままに、ウイング部を後方ひとつとしている。

ハーレーダビッドソン|ファットボーイ114

ファットボーイ114 ■空冷4ストロークV型2気筒 1868cc 95ps/5020rpm■車重317kg シート高675mm 燃料タンク容量18.9L ●価格:308万8800円(’22前期は292万3600円~) [写真タップで拡大]

4位:W800/ストリート/カフェ/メグロK3[カワサキ]1970台

W1に始まるカワサキWシリーズのDNAを現代に受け継ぐ空冷バーチカルツインのネオクラシック。ベーシックなストリート/ビキニカウルとローハンドルでスポーティなカフェ/フロント19インチでもっともクラシカルな最上級版となる無印の3バリエーションで展開されている。

また、カワサキWsiri-zu no先祖となったメグロブランドを復活させたメグロK3も兄弟車としてラインナップされる。

2022年モデルで令和2年排出ガス規制に適合した新型エンジンに切り替わり、2022年8月/9月には2023年モデルが発売済みだ。

W800 ■空冷4ストローク並列2気筒 773cc 52ps/6500rpm■車重226kg シート高790mm 燃料タンク容量15L ●価格:119万9000円 ●発売日:2022年8月10日 ※写真/諸元/価格/発売日は2023年モデルのW800 [写真タップで拡大]

5位:CB1100/EX/RS[ホンダ]1951台

2021年10月に登場したRS&EXのファイナルエディションをもって、その歴史に終止符を打つこととなった空冷直列4気筒のビッグネイキッド。このファイナルエディションにはそれぞれ専用車体色やタンク上面に特製ステッカーが奢られ、最後を飾るにふさわしい佇まいが与えられている。エンジン自体は、21世紀に入った後にわざわざ空冷で新規開発されたものだけに、非常に惜しい存在だ。

前後18インチのワイヤースポークホイールで、クラシック色がより色濃いモデルがEX。前後17インチキャストホイールと別体リザーブタンク付きリヤサスで、スポーティな走りを実現したのがRSだ。タンク形状の異なるベーシック版の無印STDは、2021年早々の段階で先に生産を終えていた。

CB1100EX ファイナルエディション ■空冷4ストローク並列4気筒 1140cc 90ps/7500rpm■車重255kg シート高780mm 燃料タンク容量16L ●価格:136万2900円 ●発売日:2021年11月25日 ※写真/諸元/価格/発売日はEXファイナルエディション [写真タップで拡大]

6位:GSX-S1000/GT/カタナ[スズキ]1658台

ネイキッドのGSX-S1000が先行して新型に切り替わり、これをベースとしたGTが2022年に新登場。KATANAもベースを共有することから同一機種としてカウントされる。

写真のGSX-S1000GTはスポーティなグランドツアラーで、GSX-S1000同様のトラクションコントロール/パワーモード/クイックシフターはもちろんのこと、電脳面はさらに充実しており、フルカラーTFTメーター/スマホ接続機能/クルーズコントロール/ETC2.0車載器などが標準装備だ。特にメーターは、スマホアプリとの連動でナビ画面の表示も可能なのが特徴。車体も専用に新作されたシートレールやハンドルやステップへの振動対策など各所に手が加えられ、タンデムを含めたツアラーらしい快適性を高めるための工夫がなされている。

スズキ|GSX-S1000GT

GSX-S1000GT ■水冷4ストローク並列4気筒 998cc 150ps/11000rpm■車重226kg シート高810mm 燃料タンク容量19L ●価格:159万5000円 ●発売日:2022年2月17日 [写真タップで拡大]

7位:1200カスタム/ロードスター/フォーティーエイト[ハーレーダビッドソン]1627台

空冷スポーツスターファミリーは、フラットトラックレーサーを由来とするミッション一体式のエンジンをリヤ2本サスペンションのフレームに搭載。軽快な走りが信条だが、新排ガス規制に対応することなく、遂にその歴史に幕を降ろすことに。

フォーティーエイトには専用装備をあしらったファイナルエディションが限定1300台で用意されたが、2021年12月6日の予約受付開始から瞬く間に完売してしまった。

ハーレーダビッドソン|フォーティーエイト

フォーティーエイト ファイナルエディション ■空冷4ストロークV型2気筒 1202cc 66ps/6000rpm■シート高710mm 車重252kg 燃料タンク容量7.9L ●価格:179万9600円~ ●予約開始日:2021年12月6日(予約完売) [写真タップで拡大]

8位:CB650R/CBR650R[ホンダ]1584台

100万円と少しで買えるフルカウル4気筒として人気のモデル。アッパーカウル左右のダクトから吸気するツインラムエアシステムを採用しており、648ccの直列4気筒は最大95psを発揮する。オン/オフ2段階のトラクションコントロールも備えている。車体はスチール製ツインスパーフレームで、フロントにはショーワ製SFF-BP倒立フォークとラジアルマウントブレーキキャリパーを装着。急制動時にハザードを高速点滅させるESS機能も持つ。

兄弟車のCB650Rは、ヘリテイジ要素を融合したネオスポーツカフェとして仕上げられたネイキッドモデルだ。

ホンダ|CBR650R

CBR650R ■水冷4ストローク並列4気筒 648cc 95ps/12000rpm ■車重206kg シート高810mm 燃料タンク容量15L ●価格:105万6000円~108万9000円 ●発売日:2021年1月18日 [写真タップで拡大]

9位:スポーツスターS[ハーレーダビッドソン]1547台

2021年に導入された新生スポーツスター。エンジンは水冷となり、パンアメリカとベースを共有するレボリューションマックス1250Tエンジンを搭載。パンチのある加速をみせるが、コントローラブルで低速時の取り回しもしやすい。現在は1タイプのみだが、クラシックスタイルもそう遠くない将来に登場しそうだ。2022年モデルではカラーリングを変更。ブラックを継続とし、新色のホワイトとグリーンを加えた。

ハーレーダビッドソン|スポーツスターS

スポーツスターS ■水冷4ストロークV型2気筒 1252cc [121hp/7500rpm]■車重228kg シート高765mm 燃料タンク容量11.8L ●価格:216万4800円〜(’22前期は194万8100円〜)  ※[ ]内は北米仕様のみ発表、日本未発表の数値 [写真タップで拡大]

10位:YZF-R7 ABS[ヤマハ]1400台

MT-07の並列2気筒エンジンとフレームをベースに、フルカウル/セパレートハンドル/倒立フォークが与えられたミドルスーパースポーツ。73psの扱い切れるパワーと税込100万円を切るリーズナブルな価格で、エントリー層からサーキットを含めた本格スポーツ走行を楽しめるモデルとした。エンジンの最高出力&トルクはMTそのままに、アシストスリッパークラッチを新装備したのに加え、2次減速比をロングにして伸び感を向上。車体は倒立フォークやセンターブレース追加などで剛性を高めたほか、量産車では初となる純ラジアルマウントタイプのブレンボ製マスターシリンダーが採用された。

ヤマハ|YZF-R7

YZF-R7 ■水冷4ストローク並列2気筒 689cc 73ps/8750rpm■車重188kg シート高835mm 燃料タンク容量13L ●価格:99万9000円 ●発売日:2022年2月14日 [写真タップで拡大]

2022年小型二輪(401cc以上) 国内販売台数 上位20機種(検査届出ベース・二輪車新聞推定)

順位メーカー機種名台数
1カワサキZ900RS/カフェ/SE/50周年車(’17~)6803
2ホンダレブル1100/DCT(’21~)3972
3ハーレーダビッドソンFLHTC/FLFBS/FXBRS/etc.(’21~)2310
4カワサキW800/ストリート/カフェ/メグロK3(’21~)1970
5ホンダCB1100/EX/RS(’17~)1951
6スズキGSX-S1000(’21~)/GT/カタナ(’22)1658
7ハーレーダビッドソンフォーティエイト/1200カスタム/etc.(’18~)1627
8ホンダCB650R/CBR650R(’19~)1584
9ハーレーダビッドソンスポーツスターS(’22)1547
10ヤマハYZF-R7ABS(’22)1400
11スズキハヤブサ(’21~)1363
12カワサキZ900RS/カフェ/SE(’22)1254
13ヤマハボルト/ボルトR/SCR950(’17~)1063
14ハーレーダビッドソンローライダーS/ST(’22)1060
15スズキSV650/X ABS(’22)1015
16ヤマハXSR900(’22)1010
17トライアンフボンネビルT120/スピードツイン919
18カワサキZ650RS/50周年車(’22)902
19*カワサキニンジャZX-6R/KRT(’18~)864
20スズキGSX-S750ABS(’17~)820
●データ提供: 二輪車新聞

※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース