ホンダCT125ハンターカブ:’22モデルには新色グリーンが追加! [新型バイクカタログ]

ホンダCT125ハンターカブ[新型バイクカタログ]

※記事更新日:2022年2月15日

ホンダ CT125ハンターカブ:車両概要

スーパーカブをベースにアップマフラーやブロックタイヤを装備してトレール性能を高めたハンターカブCT110が発売されたのが’80年。’12にオーストラリア向けモデルで生産を終了したが、そのリバイバルモデルがCT125で、走破性を高めるためトップブリッジまで繋がるストロークの長いフロントフォークも踏襲し、最低地上高は165mm確保。ヘッドライト/ウインカーなど灯火類はフルLEDで、メーターはコンパクトな液晶式だ。

’22モデルとしては待望の新色”パールオーガニックグリーン”が追加された。従来色のグローイングレッド/マットフレスコブラウンは継続される。

ホンダ CT125ハンターカブ:’22モデル

’22 ホンダ CT125ハンターカブ|

【’22 HONDA CT125 HUNTER CUB】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 8.8ps/7000rpm 1.1kg-m/4500rpm ■車重120kg シート高800mm 5.3L ■タイヤサイズF=80/90-17 R=80/90-17 ●色:パールオーガニックグリーン マットフレスコブラウン グローイングレッド ●価格:44万円 ●発売日:’22年1月20日 [写真タップで拡大]

’22 ホンダ CT125ハンターカブ|グローイングレッド
’22 ホンダ CT125ハンターカブ|マットフレスコブラウン

ハンターカブのイメージカラーといえるグローイングレッドと、マットフレスコブラウンに、新色のパールオーガニックグリーンが加わった。 [写真タップで拡大]

ホンダ CT125ハンターカブ:ライディングポジション

'21 ホンダ CT125ハンターカブ|ライディングポジション

ポジションは広々とゆとりがあり、一般的な男性の背丈でも余裕がある。一方で小柄な女性にとっては少し大柄に感じるか。一方で車重は軽く、誰でも十分な扱いやすさと言える。[身長158cm] [写真タップで拡大]

ホンダ CT125ハンターカブ:エンジン/パワーユニット

'21 ホンダ CT125ハンターカブ|出力特性

エアクリーナーやアップマフラーといった変更に伴う専用チューニングが施されており、街乗りを意識して低~中速域のトルクを高めている。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CT125ハンターカブ|吸気ダクト/エアクリーナー
'21 ホンダ CT125ハンターカブ|渡河実験

【防水エアクリーナーボックス&水害にもめっぽう強い!】エアクリーナーからダクトを伸ばし、吸気口をリヤキャリア裏に配して水の侵入を防ぐ。本誌の渡河実験では水深50cm超えでも走行できた。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CT125ハンターカブ|マフラー

アップマフラーはデザイン上の重要なアクセントでもあり、ハンターカブの伝統だ。国内仕様にはタンデム対応のヒートガードを装備。 [写真タップで拡大]

ホンダ CT125ハンターカブ:シャーシ

'21 ホンダ CT125ハンターカブ|シャーシ

スーパーカブC125のフレームを一部共有しつつ、リヤフレームは延長。またフロントフォーク周辺の変更に伴ってヘッドパイプを再設計している。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CT125ハンターカブ|トップブリッジ

【高剛性な骨格】シャーシのベースはC125だが、トップブリッジ付きフォークに合わせヘッドパイプ周辺を強化し、スイングアームのピボットプレートも追加。 [写真タップで拡大]

ホンダ CT125ハンターカブ:足まわり

'21 ホンダ CT125ハンターカブ|フロントまわり
'21 ホンダ CT125ハンターカブ|リヤまわり

フロントブレーキはφ220mmディスクを採用。ABSを標準装備している。作動性のいいフロントフォークと相まって、ピッチングも感じやすい。リヤブレーキはφ190mmディスクの採用でコントローラブル。走りにスポーツ性をもたらしている。リヤのアクスルトラベルは77mmを確保。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CT125ハンターカブ|フロントフォーク

ユニットステアを採用する他のカブシリーズとは異なり、トップブリッジ付きのフロントフォークを採用。走行性能を高める。 [写真タップで拡大]

ホンダ CT125ハンターカブ:主要装備

'21 ホンダ CT125ハンターカブ|ヘッドライト

フォルムに溶け込む丸型のLEDヘッドライトが現代的な明るさを放つ。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CT125ハンターカブ|ディスプレイ

丸型メーターは反射式フルデジタルパネルで、速度/燃料/オド&トリップを表示するシンプルなもの。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CT125ハンターカブ|マッドガード

質感の高いスチール製のフロントフェンダーはマッドガード付きで、オンロードはもちろん小石や泥を巻き上げやすいオフロード走行時の心強い味方だ。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CT125ハンターカブ|リアキャリア
'21 ホンダ CT125ハンターカブ|ピニオンステップ

【使える大型キャリア】横幅409mm×前後477mmの大型キャリアは荷掛けフックを4カ所に装備。純正ラゲージボックスも用意。ピニオンステップも装備しており、シートを装着すれば二人乗りも可能だ。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ホンダ CT125ハンターカブに関連する記事

まるでストリートビュー?! 2022東京モーターサイクルショーを再現した『ヨシムラVRブース』公開

ヨシムラジャパンは、3月に開催された東京モーターサイクルショーに出展したブースをWEB上で再現した『ヨシムラVRブース』を公開した。ブース内を歩き回って視点も変えられ、まるでグーグルマップのストリートビューのような気分で、ゆっくりと展示車両を観察できるぞ! マフラーのサウンドチェックや車両詳細も全部ある! ヨシムラが2022東京モーターサイクルショーに出展したブースをまるごと再現したバーチャルWE […]

ヒロミ、ハンターカブで高速道路を走る。え? アレ125ccじゃないの?「ふふふ、違うんだな」

タレントのヒロミさんが、自身のYouTubeチャンネル『Hiromi factory チャンネル』にて、愛車のハンターカブで高速道路を快走した様子を披露しました。あれ? ハンターカブってたしか125ccの原付二種。高速道路走れましたっけー!?!? ハンターカブは、ヒロミさんが数多く所有するバイクの中でも、特にサイズ感とデザインがお気に入りという、かわいいレジャーバイクです。 人気バイクだけにカスタ […]

新色グリーンに改めて試乗! ホンダCT125ハンターカブインプレッション

’20年3月の正式発表前に7300台ものオーダーが入り、今もなお納車半年待ちの状態が続いているCT125ハンターカブ。’22年2月に新色のパールオーガニックグリーンが追加されたので、魅力を再確認するべくあらためて試乗してみた。なお、価格については据え置きだ。 [◯] 塗色の面積が広いため、印象がガラリと変わる CT125の車体色は、これまでグローイングレッドとマットフレスコブラウンの2色だったが、 […]

〈開発期間約2年の成果現る〉CT125ハンターカブ用カスタムリヤサスペンション開発奮闘記#4【2輪市場で販売中】

CT125ハンターカブカスタム沼にどっぷり肩まで浸かった、モトメカニック編集部・ミヤシ。自分の使い方にあった理想のリヤサスペンションを作る奮闘記、第4話です。酔の席で始まったこのプロジェクト、ここまでスプリングレート/仕様違いで4つのバージョンをテスト。ソロライド、特に林道やオフロードコースでのスポーツ走行で必要十分な性能を持った設定のスプリングや、大量の荷物を満載してツーリングしても破綻しない強 […]

【2輪市場で販売中】CT125ハンターカブ用カスタムリヤサスペンション開発奮闘記#3〈林道テスト編〉

CT125ハンターカブカスタム沼にどっぷり肩まで浸かった、モトメカニック編集部・ミヤシ。自分の使い方にあった理想のリヤサスペンションを作る奮闘記、第3話です。酔の席で始まったこのプロジェクト、ここまでスプリングレート/仕様違いで3つのバージョンをテストし、ソロライド、特に林道やオフロードコースでのスポーツ走行で必要十分な性能を持ったサスペンションを作り上げることに成功。しかしミヤシの使用用途のほと […]

CT125ハンターカブ用カスタムリヤサスペンション開発奮闘記#2〈オフロード&九州ツーリングテスト編〉【2輪市場で販売中】

CT125ハンターカブカスタム沼にどっぷり肩まで浸かった、モトメカニック編集部・ミヤシ。自分の使い方にあった理想のリヤサスペンションを作る奮闘記、第2話です。酔の席で始まったこのプロジェクト、第1弾のテストモデルはソロライドには必要十分な性能を持ったサスペンションでしたが、キャンプ用品などをフル積載した場合、簡単にフルボトムしてしまうことが発覚(前回掲載)。そこで再度モトテック(アラゴスタモーター […]

〈旅にキャンプに林道に〉CT125ハンターカブ用カスタムリヤサスペンション開発奮闘記#1【2輪市場で販売中】

カスタムというかチューニングというべきなのでしょうか? 自分の使用用途に合わせてバイクのパーツを交換する行為。林道でのオフロード走行からキャンプ道具を満載してのロングツーリングがしたいと、モトメカニック編集部ミヤシがCT125ハンターカブを購入したのは’20年6月。それを実践し始めて、どうしても交換したくなったのは”リヤサスペンション”。それも自分好みの逸品を。 […]

バイク専門クラウドファンディング型ECサイト『2輪市場 by ヤングマシン』始動!!【まずはハンターカブカスタム】

ヤングマシン編集部は、バイク業界初*の、バイク関連アイテムに特化したクラウドファンディング型ECサイト『2輪市場 by ヤングマシン』をオープンしました。(*当社調べ) バイク業界初! バイクファンのためのクラウドファンディングサイト 新しいネットショッピング(EC)のカタチとして定着しつつある、クラウドファンディング。バイク関連でも、電動バイク/カスタムパーツ/アパレルウェアなど、一般的な商品流 […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース