ホンダCT125ハンターカブ[新型バイクカタログ]:タイで新色グリーン発表!

ホンダCT125ハンターカブ[新型バイクカタログ]

CT125ハンターカブ 概要

スーパーカブをベースにアップマフラーやブロックタイヤを装備してトレール性能を高めたハンターカブCT110が発売されたのが’80年。’12にオーストラリア向けモデルで生産を終了したが、そのリバイバルモデルがCT125で、走破性を高めるためトップブリッジまで繋がるストロークの長いフロントフォークも踏襲し、最低地上高は165mm確保。ヘッドライト/ウインカーなど灯火類はフルLEDで、メーターはコンパクトな液晶式だ。

’21年3月にタイで開催されたオンラインイベントでは新色・サファリグリーンが発表。『ヤングマシン』誌’21年1月号のスクープが見事に的中した形だ。カラー以外のスペックに変更はなく、従来カラーも継続される様子だ。

’21 CT125ハンターカブ[タイ仕様]

'21 ホンダ CT125ハンターカブ|タイ仕様

【’21 HONDA CT125 HUNTER CUB|THAILAND MODEL】タイ仕様の新色・サファリグリーン。 [写真タップで拡大]

’21 CT125ハンターカブ

ホンダ CT125ハンターカブ|グローイングレッド

【’20 HONDA CT125 HUNTER CUB】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 8.8ps/7000rpm 1.1kg-m/4500rpm ■車重120kg シート高800mm 5.3L ■タイヤサイズF=80/90-17 R=80/90-17 ●色:マットフレスコブラウン、グローイングレッド ●価格:44万円 ●発売日:’20年6月26日 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ CT125ハンターカブ|マットフレスコブラウン
[写真タップで拡大]

国内カラーバリエーションは、初代ハンターカブCT110をイメージさせるグローイングレッドと、アウトドア系で人気のアースカラーのマットフレスコブラウンだ。

'21 ホンダ CT125ハンターカブ|ライディング

[写真タップで拡大]

'21 ホンダ CT125ハンターカブ|トップブリッジ
[写真タップで拡大]

【高剛性な骨格】シャシーのベースはC125だが、トップブリッジ付きフォークに合わせヘッドパイプ周辺を強化し、スイングアームのピボットプレートも追加。

'21 ホンダ CT125ハンターカブ|リアキャリア
[写真タップで拡大]

【使える大型キャリア】横幅409mm×前後477mmの大型キャリアは荷掛けフックを4カ所に装備。純正ラゲージボックスも用意。シートを装着すれば二人乗りも可能だ。

'21 ホンダ CT125ハンターカブ|
'21 ホンダ CT125ハンターカブ|

【防水エアクリーナーボックス&水害にもめっぽう強い!】エアクリーナーからダクトを伸ばし、吸気口をリヤキャリア裏に配して水の侵入を防ぐ。本誌の渡河実験では水深50cm超えでも走行できた。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

CT125ハンターカブに関連する記事

いま新車で買える!! 林道ツーリングを楽しめるマシンたち〈国産モデル編|ゴーライド編集部厳選〉

これから林道ツーリングに行ってみたいというオフロードビギナーや、久しぶりに林道へ行ってみようというリターンライダー、さらに乗り換えや増車を考えている人たちのために、オフロードマシン総合誌『ゴーライド』編集部が選んだ、”新車で購入できる/未舗装路もバリバリ走って林道ツーリングを楽しめる”マシンたちを、まずは国産編から一挙掲載するゾ!  オフロードも林道走行も楽しめるのはやはり […]

ちょっと変わった積載アイテムなど、人気のCT125ハンターカブ向け最新パーツ〈プロト〉

令和2年6月の発売から1年経過した現在でも、人気が衰えることのないホンダCT125ハンターカブ。使い方は人それぞれで、様々なカテゴリーのカスタムパーツが続々と市場に投入されている。その一部を紹介しよう。 CT125ハンターカブ[JA55]’20型用新型パーツ 「ロトパックスコンテナシリーズ」で仕様変更も思いのまま まず紹介するのは、アメリカで人気のクルマやバイク/ATVなどに搭載可能な […]

郵便屋さん御用達でソロキャンプ!? ハンターカブ&クロスカブ用のシブカワ系「ハンドルカバー」登場!

兵庫県の大久保製作所が展開する“ヤママルト”は、50年以上にわたって全国の郵便屋さんや新聞屋さんに愛され続けている業務用ハンドルカバーのブランドだ。そんなプロ用アイテムで積み上げたノウハウを、普段のツーリングやアウトドアでも使いやすいデザインに仕立て直した製品が発売される。 メイドインジャパンの誇り、プロライダーに愛されたハンドルカバーはキャンプツーリングにも最適だ 冬場になると、郵便配達や新聞配 […]

ホンダ「CT125ハンターカブ」に新色グリーン! 超人気原付二種が全3色ラインナップに

ホンダモーターサイクルジャパンは、スーパーカブC125の兄弟車で昨年から超人気モデルの「CT125ハンターカブ」に新色を設定し、2022年1月20日に発売する。価格は従来と同じ44万円に据え置かれた。 新色はパールオーガニックグリーン アップマフラーに大型リヤキャリア、前後スポークホイール、スチール製フェンダー、そしてアンダーガードなど、アウトドアレジャーに対応した装備の数々を採用するCT125ハ […]

2021新型バイク総まとめ:日本車51〜125cc原付二種クラス【新125&110横型エンジン投入でホンダ原二再躍進!】

アジアや欧州で新型の先行販売が報じられるたび、「すぐに国内販売を!」と期待に胸躍る原付二種クラス。ホンダの新横型エンジンの勢いは止まらず、モデルチェンジはもちろん、ダックス125など”復刻125″も現実味を帯びてきた!? 進撃止まぬ原付二種の勢いはファーストバイクの領域に タイ/インドネシア/台湾などのアジア地区ではこのクラスが活況。欧州でも免許制度の兼ね合いで125ccま […]

CT125・ハンターカブでニーグリップができて荷物も入る!!アイディア製品「誕生秘話」

静岡県浜松市「モトサービスエッジ」がCT125・ハンターカブ用センターキャリアを開発 オン/オフロードを問わない幅広い状況下での利便性に加え、クラシカルなデザインで人気を博するホンダ CT125・ハンターカブ125。 一方でユーザーからは「リヤキャリアに頼らない積載性がもっとほしい」「ニーグリップができないのが怖い」といった声も聞かれる。 そんな「CT125・ハンターカブのここがもう少し」を解決す […]

ホンダCT125ハンターカブはビッグアドベンチャーの”レプリカ”!?【丸山浩の人気車分析】

コロナ禍が影響して新車の入荷数が増えない一方で、密を避けられる遊びとしてバイクの人気がちょい復活。結果、大量のバックオーダーを抱えている車種も多い。では、注文が殺到する車種はどこに魅力があるのか? ヤングマシンテスターとしておなじみの丸山浩氏があらためて試乗して、売れてる理由を再検証! 本記事では、既存ファンから新規ユーザーまで巻き込んで、バカ売れしている原付二種のハンターカブがターゲットだ。 カ […]

ハンターカブで高速を走りたい! カブ史上最大排気量「CT150」誕生の予感〈YM未来予想〉

みなさんご存じの通り巷で大人気のホンダCT125ハンターカブ。「コイツに兄貴分の150が追加される?」そんなウワサを聞きつけたら、当然黙っていられないのがヤングマシン。さっそく”ビッグハンター”の可能性を考察した。実現すれば、高速道路が走行可能となって一段とツーリングがはかどるゾ! ユーザーの要望を受け、より使い勝手アップか?! ’20年6月の発売以来、未だに品 […]

冒険味溢れるCT125ハンターカブ用カスタムパーツ【専用釣り竿ホルダーも!!|ダートフリーク】

長く愛され続けている”CT110″としてのハンターカブの機能美を踏襲しつつ、現代的な機能やオフ要素をより取り入れたモデルとして爆発的な売れ行きを誇るホンダ CT125ハンターカブ。そのままでもアウトドアや林道走行を楽しめる機能を装備しているが、30年以上に渡りオフ乗りを支え続けてきた日本屈指のオフロードパーツメーカー・ダートフリークから、趣味性/オフロード性/冒険要素を盛り […]

ホンダCT125ハンターカブにボルトオンでコンパクトなタコメーターを追加〈デイトナ〉

街乗りからキャンプツーリング、さらには林道走行まで幅広く楽しめるギアとして人気集中のホンダCT125ハンターカブ。アクセサリーやカスタムパーツが続々と登場している中、デイトナからリリースされたのが「VELONA(ヴェローナ)電気式タコメーターキット」だ。 人気のCT125ハンターカブに電気式タコメーターを追加! CT125ハンターカブの純正メーターにはタコメーターが装備されていないのだが、長距離ツ […]

ホンダCT125ハンターカブのあらゆる遊び方に即応するカスタムパーツ〈デイトナ〉

これまでのスタイルを踏襲しながらも、最新の機能に加えオフロード走行にも対応する冒険要素を盛り込んだモデルとして、幅広い層から絶大な支持を受けるホンダ CT125ハンターカブ。そんな同モデルにさらなる利便性/快適性/積載性をプラスするカスタムパーツがデイトナから発売されている。 人気の1台が多様に楽しめる専用設計パーツ類 近年人気のアウトドアツーリングや積載性/快適性を追求した装備品、かつその走りを […]

CT125ハンターカブ 自分仕様のオリジナルパーツを作ってみた〈サイドカバー&リヤサス編〉

’20年、発売と同時にCT125ハンターカブを購入。その後物欲に任せたボルトオンカスタムもひと段落したところで、ここも改善したいよ〜、といった箇所も出てきました。そのうちまずはサイドカバーとリヤサスペンションの強化に着手。市販化されているパーツでは物足りず、兼ねてから作りたかった”自分仕様”にしたくて、関係各位に協力を仰いで具現化しちゃいました(正しくは&#82 […]

コロナ禍で新車が買えない?! 欲しいのに…世界的な半導体、コンテナ不足が招く生産遅延

コロナ禍がバイク文化に与えた影響はきわめて大きい。人と接する必要なく移動できる手段として多くの二輪免許保持者がバイクを稼働させはじめており、新車や中古車市場も活況。ところが、あちらこちらで新車のタマ不足が叫ばれ、「欲しいのに買えない!」という事態に。さらに中古車価格も跳ね上がり……。 人気モデルの新車が買えず、中古車相場は高騰中 2021年4月22日にホンダのニューモデル「GB350」が発売され、 […]

CT125ハンターカブ ボルトオン定番カスタムパーツ第2弾【ダート走行時に劇的効果あり×6選】

モトメカニック編集部が実際にCT125ハンターカブに装着して試した、ボルトオンカスタムパーツ群。第2弾として以下6アイテムを紹介する。●ZETA スペシャライズドハンドルバー/アドベンチャーアーマーハンドガード/エンジンプロテクションアンダーガード/サイドスタンドエクステンダー ●NGC アーシングヘルパーセット ●江沼チヱンEK428SR-X2 ZETA スペシャライズドハンドルバー 原付二種ツ […]

CT125ハンターカブ ボルトオン定番カスタムパーツ第1弾【マルチメーター&エンジンガード】

マルチメーター:欲しかった機能満載の決定版 純正メーターよりも表示画面が大きくて発色が良く、しかも明るいオプミッド製スピードメーターの登場。純正はスピードとオド&トリップのみのシンプル仕様だが、OPマルチメーターは様々な機能をボルトオン&カプラーオンで実現する。 パイプエンジンガード:ガードの傷はバイクの勲章! 転倒や障害物から護る 1インチのスチールパイプを採用した骨太な外観のエンジンガード。立 […]

『マシン オブ ザ イヤー2020』結果発表:ストリートスポーツ50~125cc部門【ハンターカブ初戦で勝利】

2輪4輪のプライズで日本最長&最古の歴史を誇る『マシン オブ ザ イヤー』。当年モデルの中から読者投票で人気ランキングを決めるガチ企画、ヤングマシン読者2239名が選んだ’20人気モデルやいかに? ストリートスポーツ50〜125cc部門では、ホンダの”野生児”CT125ハンターカブがデビューイヤーでの勝利を手にした。 〈総評〉ホンダ軍団続々も、スズキ勢が気を吐く 多数の原付 […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報