コレが現代のホンダ125cc勢力図だッ! 充実の個性派原付二種レーダーチャート分析【’23最新版】

原付二種が大人気…とはいうけれど、いまや国産ファンバイクやミニモトは原付二種オンリー。しかも、ほとんどがホンダ!! もはや原付二種人気はホンダが支えているといって過言でない!? 本記事では、ダックスの登場でますます盛り上がるホンダの横置き125エンジンシリーズを、編集部による独断と偏見で構成したレーダーチャートを用いて分析する。


●文:ヤングマシン編集部(宮田健一) ●写真:真弓悟史●CG:SRD ●外部リンク:ホンダ

横型125兄弟たちから要素を上手く取り入れたダックス125

試乗した印象からキャラクター別に5台を並べてみると、ダックス125はAT限定免許で乗れる手軽さや、2人乗りもできる利便性や快適性を武器に、他の4車の要素も兼ね備えながら全体の中間のようなポジションにいることが分かった。特にハンターカブやモンキーとはかなり近いところにいる印象だ。

ハンターカブほどではないけど、そこそこアクティブにいろんな場所に乗っていけて、モンキーほど趣味性の高さはない代わりに、2人乗りでも手軽に楽しむことができる。そのバランス具合こそが特徴と言えるイメージだ。

残りの2台については、グロムはミニバイクレースも含めたスポーツ的な走りを求める人、C125はスーパーカブというブランドに惚れ込み抜いてその最高級車を手にしたいと願っている人と、それぞれターゲットが決め打ちな印象を受けた。そのため、他のモデルとはちょっと離れたところにいる感じだ。

このほか、バイク界全体から見るとその差が狭いので採点するのは難しかったが、あえて付けてみた5車の中での相対的な結果は以下の通りだ。利便性は装備や実用性も加味したもの、乗りやすさには車格や足着き、乗り心地などが含まれている。

得点で見ても、ダックスはその気になれば2人乗りの代わりにしっかり物が積め、カスタムもけっこう楽しむことができ、足着きも優秀で乗りやすく、フラットダートくらいならトコトコ走りでこなしちゃう…といった具合に、全体的にまんべんなくこなしてくれるキャラクターが浮き彫りになった。これまでのモデルたちが放ってきた魅力の要素をうまく備えているのがダックス125だと言えるだろう。

ホンダ ダックス125:誰かと共にパッと遊びに出掛けたい

乗りやすさは自動遠心クラッチ、車格&足着き性などで満点。同じく万能性もフラットダート程度はこなせる幅広さで満点。タンデム性能は言うに及ばず。利便性やカスタム性、積載性なども高得点と、全方位で優等生な結果だ。

’22 HONDA DAX 125

【’22 HONDA DAX 125】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 123cc 9.4ps/7000rpm 1.1kg-m/5000rpm ■107kg シート高775mm 3.8L ■タイヤサイズF=120/70-12 R=130/70-12 ●色:パールネビュラレッド パールカデットグレー ●価格:44万円 [写真タップで拡大]

’22 HONDA DAX 125

[写真タップで拡大]

ホンダ CT125ハンターカブ:ワイルドにアウトドアも楽しみたい

巨大なリヤキャリアによる積載性と豊富にパーツが揃っているカスタム性が一番の強みだ。万能性については足着き性や大きな車格が時にはネックとなるかも。タンデムについてはピリオンシートがオプションということでこの評価だ。

’23 HONDA CT125 HUNTER CUB

【’23 HONDA CT125 HUNTER CUB】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 123cc 9.1ps/6250rpm 1.1kg-m/4750rpm ■車重118kg シート高800mm 5.3L ■タイヤサイズF=80/90-17 R=80/90-17 ●色:マットアーマードシルバーメタリック パールオーガニックグリーン グローイングレッド ●価格:44万円 [写真タップで拡大]

’23 HONDA CT125 HUNTER CUB

[写真タップで拡大]

ホンダ モンキー125:大人のホビーが欲しい人に

何よりもカスタムや趣味性にステイタスを振り分けているのがモンキー125。コンパクトで女性も安心の足着きの良さが乗りやすさにつながっているが、他より利便性や万能性などで活躍できる場は若干限られてきそうだ。

’21 HONDA MONKEY 125

【’21 HONDA MONKEY 125】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 9.4ps/6750rpm 1.1kg-m/5500rpm ■車重104kg シート高776mm 5.6L ■タイヤサイズF=120/80-12 R=130/80-12 ●色:パールネビュラレッド パールグリッターリングブルー パールシャイニングブラック ●価格:44万円 [写真タップで拡大]

’21 HONDA MONKEY 125

[写真タップで拡大]

ホンダ  スーパーカブC125:スーパーカブマニアのためのお宝モデル

CT125同様のタンデム点数を除いては比較的まんべんなく高得点。カスタム性がやや低いがそもそもノーマルでメーカーカスタムといった豪華仕様。スマートキーも唯一採用だ。項目に高級度があればブッチギリ一番。

’21 HONDA SUPER CUB C125

【’21 HONDA SUPER CUB C125】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 9.7ps/7500rpm 1.0kg-m/5000rpm ■車重125kg シート高780mm 3.7L ■タイヤサイズF=70/90-17 R=80/90-17 ●色:パールネビュラレッド パールニルタブルー ●価格:44万円 [写真タップで拡大]

’21 HONDA SUPER CUB C125

[写真タップで拡大]

ホンダ グロム:スポーティに走りたい元気派に

ダックス以外でノーマルでタンデムできるのはグロムだけ…など、まんべんなく得点を稼いでいるが、スポーツ性能に振っているため全体的にはそこそこの点数に抑えられた印象。ある意味ベーシックな125と見てもいいかも。

’21 HONDA GROM

【’21 HONDA GROM】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 123cc 10ps/7250rm 1.1kg-m/5500rpm ■車重102kg シート高761mm 6L ■タイヤサイズF=120/70-12 R=130/70-12 ●色:フォースシルバーメタリック マットガンパウダーブラックメタリック ●価格:38万5000円 [写真タップで拡大]

’21 HONDA GROM

[写真タップで拡大]

ホンダさん、ヤングマシンとしては…モトラを熱望してます!

モンキーやハンターカブの復活で活況なホンダの125。これを受けてWEBヤングマシンでは、’21年1月22日から約1か月間、復活して欲しい車両の人気投票を行った。そこでブッチギリで1位に輝いたのが「モトラ125」。流行りのキャンプツーリングでもハンターカブと勝負できそうだし、万一の災害時にも活躍しそうだ!

HONDA MOTRA

時代が求めるヘビーデューティ原付二種だッ!※CG [写真タップで拡大]


※万能性はアウトドアレジャーや街乗りなど様々なシーンで使いやすいか、変速操作などのイージーライド性、等を考慮しています。 ※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース