ホンダの125ccシリーズ5台比較! エンジン/足まわり編〈スーパーカブC125/ハンターカブ/ダックス/モンキー/グロム〉

原付二種クラスに多機種攻勢を仕掛けるホンダ。車種間でパーツを流用してはいるものの、それを感じさせないほど作り分けは見事だ。どこがどう違うのかしっかりチェックしよう! 本記事では、5台のエンジン/足まわりの違いについて検討する。


●文:ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真:真弓悟史 ●外部リンク:ホンダ

ホンダ ダックス125 エンジン/足まわり:特徴的なアップマフラーをギリギリまで車体に寄せる

ホンダ ダックス125|エンジン
ホンダ ダックス125|エンジン

【新123cc】現行グロムに端を発する63.1mmストロークの空冷SOHC2バルブ単気筒。9.4ps、1.1kg-mはモンキー125と共通だが、それぞれ発生回転数は異なる。マフラーは車体にギリギリまで寄せるため、ショックユニットと干渉しそうな部分をコの字形状に。 [写真タップで拡大]

ホンダ ダックス125|足まわり
ホンダ ダックス125|足まわり

5本スポークの前後ホイール、2種類の標準装着タイヤ(ヴィーラバー/IRC)はグロムと共用で、さらにスイングアームもグロムをベースにツインショック用としている。 [写真タップで拡大]

ホンダ ダックス125|足まわり

φ31mm倒立式フロントフォークもセッティングまで含めてグロムから流用している。 [写真タップで拡大]

’22 HONDA DAX 125

【’22 HONDA DAX 125】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 123cc 9.4ps/7000rpm 1.1kg-m/5000rpm ■107kg シート高775mm 3.8L ■タイヤサイズF=120/70-12 R=130/70-12 ●色:パールネビュラレッド パールカデットグレー ●価格:44万円 [写真タップで拡大]

ホンダ CT125 ハンターカブ エンジン/足まわり:国内仕様も間もなく新型に。低回転域で最大トルク発生

ホンダ CT125 ハンターカブ|エンジン
ホンダ CT125 ハンターカブ|エンジン

ホンダ125ccシリーズで唯一57.9mmストロークの旧型エンジンを搭載する。8.8psは5車で最も非力だが、最大トルク1.1kg-mを4500rpmという一番低い回転数で発揮。ハイマウント吸気ダクトやアップマフラーの採用で渡河時の浸水さえ防ぐ。 [写真タップで拡大]

ホンダ CT125 ハンターカブ|足まわり
ホンダ CT125 ハンターカブ|足まわり

ブレーキディスク径はフロントφ220mm/リヤφ190mmで、リヤのディスクブレーキはカブシリーズ初。フロントのみABSを採用。標準装着タイヤはIRC製だ。 [写真タップで拡大]

ホンダ CT125 ハンターカブ|足まわり

上下のブラケットでインナーチューブを支持する正立式フォークを採用する。 [写真タップで拡大]

’22 HONDA CT125 HUNTER CUB

【’22 HONDA CT125 HUNTER CUB】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 123cc 9.1ps/6250rpm 1.1kg-m/4750rpm ■車重118kg シート高800mm 5.3L ■タイヤサイズF=80/90-17 R=80/90-17 ●色:マットアーマードシルバーメタリック パールオーガニックグリーン グローイングレッド ●価格:44万円 [写真タップで拡大]

ホンダ モンキー125 エンジン/足まわり:5段ミッションの変速比はベースのグロムと共通

ホンダ モンキー125|エンジン
ホンダ モンキー125|エンジン

’22年型で63.1mmストロークとなり、クラッチ機構がクランク軸からメイン軸へと移動。ベースはグロムだが、モンキーらしい特性を追求し9.4ps/1.1kg-mを発生。アップマフラーは’22年型でエンド形状が変更された。 [写真タップで拡大]

ホンダ モンキー125|足まわり
ホンダ モンキー125|足まわり

タイヤはグロムやダックスが70偏平なのに対し、モンキーのみ外径が一回り大きくなる80偏平を採用。長円断面のスイングアームは専用設計で、’22年型からABS仕様のみに。 [写真タップで拡大]

ホンダ モンキー125|足まわり

先代グロムから流用したY字スポークの12インチホイールを採用している。 [写真タップで拡大]

’21 HONDA MONKEY 125

【’21 HONDA MONKEY 125】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 9.4ps/6750rpm 1.1kg-m/5500rpm ■車重104kg シート高776mm 5.6L ■タイヤサイズF=120/80-12 R=130/80-12 ●色:パールネビュラレッド パールグリッターリングブルー パールシャイニングブラック ●価格:44万円 [写真タップで拡大]

ホンダ スーパーカブC125 エンジン/足まわり:スムーズなシフトフィール、低振動&低ノイズの技術も

ホンダ スーパーカブC125|エンジン
ホンダ スーパーカブC125|エンジン

ヘリカルプライマリーギヤや高精度クランクジャーナルベアリングでノイズを低減。さらにシフトドラムベアリングやシフトアームラバーで変速フィールを滑らかに。カブシリーズの最上位だけにコストのかけ方が違う。 [写真タップで拡大]

ホンダ スーパーカブC125|足まわり
ホンダ スーパーカブC125|足まわり

切削加工を施した17インチのアルミキャストホイール。スポークは中空だ。IRC製の標準装着タイヤはチューブレスの専用設計。リヤブレーキは5車で唯一のドラムだ。 [写真タップで拡大]

ホンダ スーパーカブC125|足まわり

フォークをアンダーブラケットのみで支えるユニットステアを採用する。 [写真タップで拡大]

’21 HONDA SUPER CUB C125

【’21 HONDA SUPER CUB C125】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 9.7ps/7500rpm 1.0kg-m/5000rpm ■車重125kg シート高780mm 3.7L ■タイヤサイズF=70/90-17 R=80/90-17 ●色:パールネビュラレッド パールニルタブルー ●価格:44万円 [写真タップで拡大]

ホンダ グロム エンジン/足まわり:海外でも人気のミニモト。10psは最もハイパワーだ

ホンダ グロム|エンジン
ホンダ グロム|エンジン

一足早く63.1mmストローク&高圧縮比となった新型エンジンは、オフセットシリンダーやローラーロッカーアームを採用し、5車で最もハイパワーな10psを発生。ハンドクラッチ&5速ミッションはモンキーと共通だ。 [写真タップで拡大]

ホンダ グロム|足まわり
ホンダ グロム|足まわり

リバイバルシリーズではないため、グロムのみリンクレスのモノショックを採用している。グロムを含む5車すべてがニッシン製のブレーキキャリパーを採用し、ABSはフロントのみとされる。 [写真タップで拡大]

ホンダ グロム|足まわり

フォークはダックスにも流用されたφ31mm倒立式だ。 [写真タップで拡大]

’21 HONDA GROM

【’21 HONDA GROM】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 123cc 10ps/7250rm 1.1kg-m/5500rpm ■車重102kg シート高761mm 6L ■タイヤサイズF=120/70-12 R=130/70-12 ●色:フォースシルバーメタリック マットガンパウダーブラックメタリック ●価格:38万5000円 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース