ヤマハ ボルトRスペック [’22後期 新型バイクカタログ]:空冷Vツインのシンプルクルーザー

ヤマハ ボルトRスペック

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年8月22日

ヤマハ ボルトRスペック 概要

挟角60度の941cc空冷Vツインエンジンを搭載。車体設計には、ムダを排除してシンプルなルックスを追求したボバースタイルを取り入れている。前後ブレーキディスクはウェーブ形状。燃料タンクはフランジレス構造のティアドロップ型だ。現在は、バックスキン調シート表皮などで質感を高めた上級版のRスペックのみ販売中。北米でもRスペックのみ残されている、ただし、日本と環境規制に対する数値が同じ欧州のXV950シリーズはすでにラインナップ落ちしており、このままだと日本でも新たな排ガス規制が適用となる11月に姿を消す可能性が高い。

’22 ヤマハボルトRスペック[北米仕様]

主要諸元

'22 ヤマハ ボルトRスペック|ストームグレイ[北米仕様]

【’22 YAMAHA BOLT R-SPEC|US MODEL】■空冷4ストSOHC4バルブ 942cc ■車重245.8kg 690mm 12.9L ■タイヤサイズF=100/90-19 R=150/80B16 ●色:ストームグレイ ●価格:8599ドル ※写真は北米仕様 [写真タップで拡大]

’21 ヤマハ ボルトRスペック

主要諸元

ヤマハ ボルトRスペック|グレーイッシュブルーメタリック4

【’21 YAMAHA BOLT R-SPEC】■空冷4ストSOHC4バルブ 941cc 54ps/5500rpm 8.2kg-m/3000rpm ■車重252kg 690mm 13L ■タイヤサイズF=100/90-19 R=150/80B16 ●色:グレーイッシュブルーメタリック4 ブラックメタリックX ●価格:104万5000円 [写真タップで拡大]

ヤマハ ボルトRスペック|ブラックメタリックX

カラーバリエーションはブルー/ブラックの2色展開。 [写真タップで拡大]

エンジン

'22 ヤマハ ボルトRスペック|エンジン

空冷Vツインエンジンを鋼管ダブルクレードルフレームにリジッド懸架することで、車体強度メンバーとして活用しながら心地よいパルス感をライダーに提供する。 [写真タップで拡大]

足まわり

'22 ヤマハ ボルトRスペック|リヤサスペンション

後輪駆動はベルト式。ラインナップに残るRスペックは、リヤツインショックがゴールドリザーバータンク付きで、切削加工が施された前後ホイールも特徴としてきた。 [写真タップで拡大]

主要装備

ヤマハ ボルトRスペック|メーター

丸型ケースの液晶スピードメーターは、同じく丸型のハロゲン式ヘッドライト/ウインカー/LEDテールランプと同モチーフ。スモークレンズで極めてシンプルに。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ヤマハ ボルトRスペックに関連する記事

環境規制サバイバル! 生き残るバイクはどれだ!? ビッグバイク編

‘22年11月以降に生産されたバイクは、50ccを除き「次期排ガス規制」に対応していないと国内で販売できなくなる…。まだ動向が確定していないモデルはナント40車種以上! 存続か、消滅か、ヤングマシン独自調査で占ってみた! 本記事は大型バイク部門。生存しそうな車種も多いが、減少する一方の600ccスーパースポーツは危うし。そしてリッター級のGSX-R1000Rにも赤信号が! スズキ GSX-R100 […]

ヤマハ ボルトRスペック [’22後期 新型バイクカタログ]:空冷Vツインのシンプルクルーザー

ヤマハ ボルトRスペック 概要 挟角60度の941cc空冷Vツインエンジンを搭載。車体設計には、ムダを排除してシンプルなルックスを追求したボバースタイルを取り入れている。前後ブレーキディスクはウェーブ形状。燃料タンクはフランジレス構造のティアドロップ型だ。現在は、バックスキン調シート表皮などで質感を高めた上級版のRスペックのみ販売中。北米でもRスペックのみ残されている、ただし、日本と環境規制に対す […]

2021新車バイクラインナップ〈日本車大型クルーザークラス〉レブル/ゴールドウイング etc.

シートにドカッとお尻を乗せて足を前に投げ出すような、スポーツライディングとは対極にあるポジションが特徴的なクルーザーモデル。最近はゴールドウイングなどのツアラーも合わせて”クルーザー”と呼ばれるようになっている。’21年はホンダからレブル1100が登場することにより、国産クルーザークラスが活性化する可能性が高い。本記事ではホンダレブル1100/500/ゴールドウ […]

ヤマハ「BOLT R スペック」と「BOLT」がマイナーチェンジで新ヘッドライトを採用……Rスペックには新色追加

スポーティなハンドリングとシンプルなボバースタイルで人気のヤマハ製クルーザー「BOLT(ボルト) R スペック ABS」と「BOLT(ボルト) ABS」がマイナーチェンジを受けた。2020年モデルはポジションランプを追加したヘッドライトを採用し、さらにRスペックは新色のブルーに変更されている。2020年6月18日発売。 ヘッドライトにポジションランプを追加、Rスペックには新色 “Ultimate […]

’20新車バイク総覧〈大型クルーザー|国産車#2/2〉ホンダ ヤマハ カワサキ

リラックスした乗車姿勢とロングホイールベースによる直進安定性を誇り、悠々と旅ができる大型クルーザー。カジュアルな外観と軽快な走りが特徴の国産アメリカン系として、ホンダ レブル500、ヤマハ ボルト/Rスペック、カワサキ バルカンSの3台を紹介する。 ホンダ レブル500:無骨&軽快なミドルボバー シンプルなボバースタイルに、くさび型フォルムを組み合わせた斬新な「レブル500」。180度クランクの4 […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース