ヤマハ ボルトRスペック[新型バイクカタログ]:空冷Vツインを積む国産ボバークルーザー

ボルトRスペック 概要

ムダを排除してシンプルを追求する、ボバーカスタムのテイストを追求。排気量941ccの空冷60度Vツインエンジンを、鋼管製フレームにリジッドマウントする。前後ブレーキディスクはウェーブ形状。ヘッドライトは現行もハロゲンバルブ仕様だ。切削加工が施された前後アルミキャストホイール/リザーバータンク付きリヤサスペンション/バックスキン調シート表皮を特徴とする上級版のRスペックのみラインアップに残る。

’21 ボルトRスペック

ヤマハ ボルトRスペック|グレーイッシュブルーメタリック4

【’21 YAMAHA BOLT R-SPEC】■空冷4ストSOHC4バルブ 941cc 54ps/5500rpm 8.2kg-m/3000rpm ■車重252kg 690mm 13L ■タイヤサイズF=100/90-19 R=150/80B16 ●色:グレーイッシュブルーメタリック4 ブラックメタリックX ●価格:104万5000円 ●発売日:’21年6月8日 [写真タップで拡大]

ヤマハ ボルトRスペック|ブラックメタリックX
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはブルー/ブラックの2色展開。

ヤマハ ボルトRスペック|メーター
[写真タップで拡大]

丸型ケース内に配されたモノクロ液晶メーターは、敢えてシンプルな表示内容として雰囲気を合わせる。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ボルトRスペックに関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車大型クルーザークラス【傑作レブル1100が新たなライバルを生み出すか?!】

大型クラスにおいては、世界的な絶対王者としてハーレーダビッドソンが君臨するクルーザークラス。近年、国内メーカー製のラインアップは減少傾向が続いていたのだが、レブル1100の新登場でトレンドがちょっと変わりそうな雰囲気も…。現状の寂しいラインアップからの脱却なるか? レブルシリーズの成功で風向きが変わった 国内メーカー製のビッグクルーザーは、この10年ほどでラインアップがかなり減った。この大きな要因 […]

2021新車バイクラインナップ〈日本車大型クルーザークラス〉レブル/ゴールドウイング etc.

シートにドカッとお尻を乗せて足を前に投げ出すような、スポーツライディングとは対極にあるポジションが特徴的なクルーザーモデル。最近はゴールドウイングなどのツアラーも合わせて”クルーザー”と呼ばれるようになっている。’21年はホンダからレブル1100が登場することにより、国産クルーザークラスが活性化する可能性が高い。本記事ではホンダレブル1100/500/ゴールドウ […]

ヤマハ「BOLT R スペック」と「BOLT」がマイナーチェンジで新ヘッドライトを採用……Rスペックには新色追加

スポーティなハンドリングとシンプルなボバースタイルで人気のヤマハ製クルーザー「BOLT(ボルト) R スペック ABS」と「BOLT(ボルト) ABS」がマイナーチェンジを受けた。2020年モデルはポジションランプを追加したヘッドライトを採用し、さらにRスペックは新色のブルーに変更されている。2020年6月18日発売。 ヘッドライトにポジションランプを追加、Rスペックには新色 “Ultimate […]

’20新車バイク総覧〈大型クルーザー|国産車#2/2〉ホンダ ヤマハ カワサキ

リラックスした乗車姿勢とロングホイールベースによる直進安定性を誇り、悠々と旅ができる大型クルーザー。カジュアルな外観と軽快な走りが特徴の国産アメリカン系として、ホンダ レブル500、ヤマハ ボルト/Rスペック、カワサキ バルカンSの3台を紹介する。 ホンダ レブル500:無骨&軽快なミドルボバー シンプルなボバースタイルに、くさび型フォルムを組み合わせた斬新な「レブル500」。180度クランクの4 […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報