カワサキZ650[新型バイクカタログ]【メーターが豪華な快適ミドルパラツイン】

Z650 概要

ニンジャ650のネイキッド版に当たるのがZ650。ニンジャともども’20にユーロ5対応のモデルチェンジを受けた。この際に最新Z顔となり、スマホ連動のカラーTFTメーターをゲット。タンデムシート形状も変更して快適性アップが図られた。ユーロ5対応に伴い最大トルクは微減したものの、エアクリーナーボックスとスロットルボディを繋ぐダクト形状を変更して中回転域におけるトルクは向上。最高出力も従来と同じ68psをキープしたのも特徴だ。

国内はフレームやグラフィックをグリーンのアクセントとしたブラックの1色が設定。’22モデルはホワイトとグラフィックパターンが変更されたブラックの2色となる北米仕様が先行発表されている。

’22 Z650[北米仕様]

カワサキZ650|パールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレー

【’22 KAWASAKI Z650/ABS|US MODEL】●価格:7349ドル(約80万7000円/7849ドル(約86万1500円) [写真タップで拡大]

カワサキZ650|メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック
[写真タップで拡大]

北米仕様のカラーバリエーションはパールロボティックホワイト×メタリックマットグラフェンスチールグレー/メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラックの2色。

’21 Z650

国内仕様はグリーンのフレームがアクセントとなるブラックの’20モデルがまだ発売中。仕様的には’22もこのモデルから変化なしだ。

カワサキZ650|メタリックスパークブラック

【’20 KAWASAKI Z650】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 649cc 68ps/8000rpm 6.4kg-m/6700rpm ■車重189kg シート高790mm 15L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ■ブルートゥース ●色:メタリックスパークブラック ●価格:84万7000円 ●発売日:’20年2月1日 [写真タップで拡大]

カワサキZ650|エンジン
[写真タップで拡大]

【快速ツイン】扱いやすい2気筒エンジンと共にフレンドリーさは抜群だ。

カワサキ Z650|メーター
[写真タップで拡大]

【900と同じカラーTFT液晶メーター】ミドルクラスながらZ900と同じスマホ接続機能付きフルカラーTFTメーターという豪華装備が自慢。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

Z650に関連する記事

カワサキの特別仕様車!「Z H2 冬パッケージ」と「Z650 旅パッケージ」

カワサキモータースジャパンは、カワサキプラザ店で取り扱うZ H2(2021年モデル)およびZ650(2020年モデル)に特別仕様を設定し、「Z H2 ウインターパッケージ」、「Z650 ツーリングパッケージ」として販売する。もちろん価格はそれぞれのアクセサリーをバラで買うよりもお得な設定だ。 Z H2 ウインターパッケージ ZシリーズのフラッグシップモデルZ H2にウインターパッケージが登場。快適 […]

2021新型バイク総まとめ:日本車大型ネイキッドクラス【GSX-S1000の電撃刷新でサイバー系が躍進!】

ユーロ5対応とともに電脳進化が進む大型ネイキッドクラス。’21年はGSX-S1000がフォルムも未来を先取したかのようなサイバーな雰囲気になって新生。MT-09&07兄弟もモノアイのニューフェイスで国内登場した。迎え撃つ既存モデルも熟成にて勝負を挑む。 スズキとヤマハの新作ネイキッド対決に注目 フルカウルを持たず、むきだしのエンジンが存在を主張するネイキッドクラスは、どんな時代でも&# […]

Z650RSのベースはコイツだっ?! カワサキが「Z650」の2022年モデルを欧州で発表

カワサキは欧州で、スポーツネイキッド・4気筒の「Z900」および2気筒の「Z650」にニューカラーを設定し、2022年モデルとして発売すると発表した。2021年9月27日には、Z900RSに続くネオクラシックモデルのZ650RSがローンチするのではと見込まれているが、これに先行しての登場となる。 ジョナサン・レイ選手がバイクの免許を取ったのもZ650です! カワサキは欧州でZ650およびZ900の […]

650の「Z&ニンジャ」先祖は80年代のアメリカンだった!? カワサキ水冷並列2気筒の長〜い歴史

カワサキスピリット=長寿エンジン? W1やマッハIII、Z1やニンジャ(GPZ900R)など、名車と言われる大型モデルが数多いカワサキだが、カワサキというメーカーの特徴に「長寿エンジンの多さ」がある。 たとえば1976年登場のZ650を原点として「ザッパー系」と呼ばれる空冷4気筒750cc(実際は738cc)は、2007年に生産終了となったゼファー750まで存続したし、それより一回り小さい空冷4気 […]

カワサキの絶対王者が仮免許で公道を走る! ~ジョナサン・レイ、初めてのバイク免許

2015年にカワサキレーシングチーム(KRT)に参加して以来、6年連続でスーパーバイク世界選手権のチャンピオンを獲得し続けているジョナサン・レイ選手が、地元の北アイルランドで基本トレーニングとバイクテストの両方に、一発目のの試験で合格した。 34歳ジョナサン・レイ選手、バイクの運転免許を取得す カワサキZ650のメーター前方に大きく掲げられた、赤い文字で「L」が入った標識プレート。これが示すのは、 […]

1970年代に「ザッパー」の愛称で大ヒット! 時代を築いた名車Z650誕生ストーリー【カワサキ空冷4発の系譜】

1970年代に登場したカワサキの「Z650」は、ザッパーの愛称で親しまれ、絶大な人気を誇った名車中の名車。しかもこのモデルはその後30年近く続く、カワサキの空冷ナナハン4気筒のルーツとなったという点で、歴史的にも非常に重要なバイクだと言えます。この記事では、そんな名車ザッパーがどんな性格のバイクで、そのDNAはどのようなバイクに受け継がれていったか? また、当時を知る筆者が感じた乗り味など、その魅 […]

カワサキ北米モデル「Z125プロ」ほかZシリーズの2022年型「Z400/Z650/Z900」が登場!

カワサキは北米で2022年モデルを一挙に発表。すでに記事をお届けしたZ900RS/カフェやニンジャZX-14Rに続いてご紹介するのは、日本ではカワサキ唯一の原付二種125cc公道スポーツバイクとして販売されているZ125PROをはじめとしたZシリーズだ。ホワイトやグレーをあしらったZ400/Z650/Z900も必見! 倒立フォークも装備する“cheeky(生意気)”なストリートファイター「Z125 […]

2021新車バイクラインナップ〈大型ネイキッドクラス|日本車最新潮流解説〉

’21年の大型ネイキッドカテゴリーは各メーカーとも続々とユーロ5に対応したモデルチェンジを実施。同時にヤマハMT-09/07やホンダCB1000Rなど、スタイリングもさらに未来を先取りしたかのような新しいセンスが採り入れられている。電脳化もますます進んでおり、目が離せない。 大型ネイキッド:’21はプレミアムなZ H2に主力価格帯のMT兄弟が挑む むき出しのエンジンがメカニ […]

カワサキ’21モデルの新色はほぼ出揃った!〈前編|ニンジャ&Zシリーズ〉

ニンジャ400:ニンジャシリーズにも’21注目色が登場 専用ユニットと250並みの170kgを切る車体で、圧巻の動力性能を示す人気400スーパースポーツ・ニンジャ400。’21は3色すべてがニューカラーとなる。ライム×黒は、アンダーカウルなどを白とした最新KRT仕様。全身ブラックも投入した。青は、注目のパールナイトにロゴが大きく入る斬新なイメージだ。 ニンジャ1000SX: […]

’20カワサキZ650 試乗インプレッション【傑作ミドルがより深化。Zらしさを強調】

兄弟車のニンジャ650とともにユーロ5に対応し、最新のSugomiデザインをまとったZ650。メーターがスマホ対応となるなど、利便性がアップしている。 [◯] トルクは微減したが、走りへの影響は皆無 以前にレポートしたニンジャ650のバリエーションモデル「Z650」に試乗した。’20年型での主な変更点はニンジャに準じており、スタイリングは兄貴分のZ900を彷彿させるシャープなものとなっ […]

’20新車バイク総覧〈大型ネイキッド|国産車#2/5〉カワサキ-2

攻撃的なルックスを持つビッグネイキッド群。リッターモデルはスーパースポーツ由来の強心臓を積むモデルが多く、「ストリートファイター」や「スーパーNK」とも呼ばれる。一方、ミドルネイキッドはフレンドリーさがウリだ。前ページのZ H2、Z1000に続き、カワサキの’20年型ネイキッドモデル「Z900」「Z650」を紹介する。 イージーに速い、ダウンサイズZ〈Z900〉 Z1000の直列4気筒をボアダウン […]

2019新車走評:国産大型ネイキッド編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #07]

トガッたルックスを持ち、SS由来の強心臓を搭載するモデルも多数――。「ストリートファイター」や「スーパーNK」と呼ばれるマシンが居並ぶ当クラス。国産は、始祖であるカワサキのZシリーズに対し、ヤマハがMTシリーズでイッキに勢力を拡大。そこにホンダの近未来カフェ、CB-Rシリーズが加わった。走り自慢のツワモノから、やさしい相棒まで揃う。 刺激的なのはリッター級。等身大の相棒も選べる ヘリテイジ系と真逆 […]

令和に買いたい!【650/750/900ネイキッド MT-09/07、CB650R、Z650、SV650、etc】2019ニューモデル大集合

ヘリテイジ系と真逆の現代的かつ過激なルックスを持ち、SS由来の強心臓を搭載するモデルも多数――。「ストリートファイター」や「スーパーNK」と呼ばれるマシンが居並ぶリッターネイキッドが幅を利かせてきた中、2014年に登場したMT-09がダウンサイジングの流れを決定的に。そのMT-09の最新型をはじめ、オーバー600cc~アンダー1000ccの間に魅力的なモデルが揃う。 レースレギュレーションに縛られ […]

Z650の2019モデル、カラー&グラフィックを変更して2/1発売

気軽に乗れる扱い易さと優れたスポーツ性能を両立したライトウェイトネイキッドバイク・Z650。650ccとは思えない軽量&コンパクトさが、心地よいハンドリングを生み出すとともにスーパーネイキッドZの誇る五感を刺激する乗り味に貢献している。また、Zシリーズならではの「Sugomi」パフォーマンスと先鋭的な車体形状の「Sugomi」デザインを継承。アクティブでエキサイティングなライディングスタイルを楽し […]

【初夢スクープ#3:カワサキ編】新型MACH(マッハ)や新型Z650RS

221㎰にウイング付きのパニガーレV4R、207㎰のS1000RR――。’20年始動の新排ガス規制=ユーロ5を前に、海外勢が限界を突破してきた。これに対し、日本車はどう出るのか? 独自情報を元にテッパンなモデルから、妄想&願望混じりのマシンまで、本誌が2019年を一挙に占う。HEISEI最後の“初夢”スクープ連弾をとくと見よ! 次に来るカワサキのミドルに刮目せよ! 今後、カワサキのミドルがアツいこ […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報