カワサキ650ヒストリー|モーサイ

650の「Z&ニンジャ」先祖は80年代のアメリカンだった!? カワサキ水冷並列2気筒の長〜い歴史

●レポート:阪本一史 ●写真:カワサキ/八重洲出版/小見哲彦 ●編集:上野茂岐(モーサイ編集部

カワサキスピリット=長寿エンジン?

W1やマッハIII、Z1やニンジャ(GPZ900R)など、名車と言われる大型モデルが数多いカワサキだが、カワサキというメーカーの特徴に「長寿エンジンの多さ」がある。

たとえば1976年登場のZ650を原点として「ザッパー系」と呼ばれる空冷4気筒750cc(実際は738cc)は、2007年に生産終了となったゼファー750まで存続したし、それより一回り小さい空冷4気筒はZ400FX(1979年)を元祖に、大ヒットモデルのゼファー400まで搭載され、そこからさらに4バルブ化という大幅な改良を施されゼファーχに搭載され、こちらは2009年まで存続した。

最近の例なら、W650(1999年登場)で新開発された空冷バーチカルツインが、排気量アップを含めた進化熟成を経て現在のW800まで続いている(ヨーロッパの最新環境規制「ユーロ5」に空冷のまま適合している)。

一度開発したエンジンを、手を加えつつ長く存続させる──それは裏を返せば、新規エンジンにかかる開発・生産コストを抑制するという「舞台裏」的な側面ではあるが、実はユーザー側にとっても少なからずメリットがある。

まずコストの抑制=販売価格が抑えられるというのがあるが、それ以外もベースエンジンから連綿と続くだけに、エンジン内の消耗パーツは長期間供給されるから1台を長く愛用しやすいのだ。

だからだろうか、カワサキ車を愛するライダーは、修理を重ねつつ長く乗る傾向が強いような印象が筆者にはある。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報