カワサキ ニンジャ250 [’22後期 新型バイクカタログ]:ハードなルックスと利便性を両立する、250フルカウルスポーツの立役者

カワサキ ニンジャ250[新型バイクカタログ]

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年9月8日

カワサキ ニンジャ250 概要

初代ニンジャ250Rから進化を重ね、3代目となる現行モデルは’18年のフルチェンジで大幅にパワーとトルクを増し、重量は2気筒の250フルカウルポーツで最軽量。ニンジャH2からフィードバックしたトレリスフレームや、エンジン背面のスイングアームマウンティングプレートが最適な剛性を発揮。タンデムシート下は2段式の収納で、ETC車載器やシャックルロックも収容でき、利便性にも優れる。

’22 カワサキ ニンジャ250

'22 カワサキ ニンジャ250|キャンディパーシモンレッド×メタリックグラファイトグレー

【’22 KAWASAKI Ninja 250】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 248cc 37ps/12500rpm 2.3kg-m/10000rpm ■車重166kg シート高795mm 14L ■タイヤサイズF=110/70-17 R=140/70-17 ●色:キャンディパーシモンレッド×メタリックグラファイトグレー メタリックカーボングレー×メタリックフラットスパークブラック ●価格:65万4500円 [写真タップで拡大]

'22 カワサキ ニンジャ250|メタリックカーボングレー×メタリックフラットスパークブラック

’22モデルはデジタル的なグラフィックが入ったレッド×グレー/グレー×マット系ブラックのツートーンの2色を展開する。 [写真タップで拡大]

'22 カワサキ ニンジャ250|スピードメーター

ギヤポジションインジケータを内蔵するアナログ式のタコメーターや、多機能液晶(右側)/ワーニングランプ(左側)など、レイアウトはZX-25Rと共通だが、文字盤や反転液晶などの細部が異なる。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

カワサキ ニンジャ250に関連する記事

カワサキ ニンジャ250 [’22後期 新型バイクカタログ]:ハードなルックスと利便性を両立する、250フルカウルスポーツの立役者

カワサキ ニンジャ250 概要 初代ニンジャ250Rから進化を重ね、3代目となる現行モデルは’18年のフルチェンジで大幅にパワーとトルクを増し、重量は2気筒の250フルカウルポーツで最軽量。ニンジャH2からフィードバックしたトレリスフレームや、エンジン背面のスイングアームマウンティングプレートが最適な剛性を発揮。タンデムシート下は2段式の収納で、ETC車載器やシャックルロックも収容でき […]

環境規制サバイバル! 生き残るバイクはどれだ!? 中型免許クラス オンロード部門

‘22年11月以降に生産されたバイクは、50ccを除き「次期排ガス規制」に対応していないと国内で販売できなくなる…。まだ動向が確定していないモデルはナント40車種以上! 存続か、消滅か、ヤングマシン独自調査で占ってみた! 本記事は中型免許クラス部門。CBR400R/400X/ニンジャ400は規制をクリア。残る主要モデルのGBとYZF-R3はどうなるか? ホンダ GB350/S【次世代の空冷シングル […]

車検ありのニンジャ400/車検なしのニンジャ250 どっちを選ぶ? ちょっとマジメに比べてみた

愛車選びの際に悩ましいのは、どの排気量クラスにするかということ。高速道路に乗れなくていいなら維持費も安い125cc(原付二種)以下を選ぶのも手だが、趣味のバイクとして「これ1台!」なら126cc以上を選ぶという方も少なくないのでは。そこで気になるのは、車検の有無で費用がどのくらい変わるのかである。 まずは車種の前に予算でしょ……!? バイクが欲しい! と考えたとき、真っ先に気になるのは「どのバイク […]

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:126〜250cc軽二輪総まとめ#1(スポーツ&ツーリング)

ニンジャZX-25R登場からはや1年余り。4気筒エンジンの追撃車は出現しないが、2気筒や油冷シングルは血気盛ん。本格オフも台頭する中、爆売れを続けるレブルの存在感が際立つ。ジャンルに捉われない”本気度”こそが、250クラスの勝負の分かれ目かも…。 126〜250cc軽二輪クラスの潮流:身近さと本気度のバランスで人気を競う 普通二輪免許で乗れ、かつ車検の不要な250クラス。そ […]

4スト250cc車の5時間耐久レース「九州エンデュランスフェスタin SPA直入」が11月21日に開催

大分県のサーキット・SPA直入が主催する「九州エンデュランスフェスタin SPA直入」が今年も11月21日(日)に開催される。幅広いスキルのライダーが楽しめる,4スト250cc車をメインとした5時間耐久レースで、レジェンドライダーも数多く出場するのが特徴だ。 今年は柳川明選手&井筒仁康氏が参戦! 「もてぎ7時間耐久ロードレース」通称“もて耐”に出場したSPA直入の関係者がその面白さに感動し、ぜひ九 […]

カワサキ 2022年モデルのニンジャ250はツートーンカラーに統一! KRTエディション廃止

カワサキモータースジャパンは、ちょうどいいスポーツバイクとして人気のニンジャ250にニューカラーを設定し、2022年モデルとして2021年9月24日に発売する。全てがツートーンカラーになったことで、価格は65万4500円に統一された。 400のブルー追加に対し、コチラはレッドで違いを出す! カワサキはニンジャ250の2022年モデルとして2色のニューカラーを発表。シャープなスタイリングにライトウェ […]

カワサキ2021新車バイクラインナップ〈126〜250cc軽二輪クラス〉ZX-25R etc.

2021新車バイクラインナップ>日本車>車検レス軽二輪126〜250cc 最新潮流解説 KAWASAKI:ニンジャZX-25R|ニンジャ250|Z250|KLX230|ヴェルシスX250ツアラー HONDA:CBR250RR|CB250R|レブル250|CRF250L/ラリー YAMAHA:YZF-R25|MT-25|セロー250ファイナルエディション|トリッカー SUZUKI:ジクサーSF250 […]

カワサキ「ニンジャ250」’21モデルは12/1発売! KRTカラーとメタリックカーボングレー

カワサキは、並列2気筒エンジン搭載の軽二輪「ニンジャ250(Ninja 250)」にニューカラー×2色を設定し、2021年モデルとして発売する。KRTエディションの価格は据え置きとなり、メタリックカーボングレーは新価格の64万3500円となる。発売日は本日、2020年12月1日。 スーパーバイク世界選手権の今シーズンカラーを反映したKRTエディション カワサキはニンジャ250の2021年モデルとし […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース