vs CBR250RR, ニンジャ250/400

ニンジャZX-25R実測対決・ライバル3番勝負#1【最新鋭4気筒250ccの実力を検証】

  • 2020/11/8
ニンジャZX-25R実測対決・ライバル3番勝負【最新鋭4気筒250ccの実力を検証】

4気筒vs2気筒、カワサキvsホンダ、250vs400…。最新鋭250cc直4スポーツ・カワサキ ニンジャZX-25Rの実力を検証するため、2気筒最強のホンダCBR250RRをはじめ、ニンジャ250/400といったライバルたちを集めて、サーキットタイム計測/0-1000m加速/ダイノマシンでのパワー測定/公道走行と、ヤングマシンメインテスター・丸山浩を調査隊長に様々な方向からの直接対決を実施。はたしてZX-25Rは、そのすべてで打ち勝つことができるのか!?

ニンジャZX-25R実測対決・ライバル3番勝負【最新鋭4気筒250ccの実力を検証】
[写真タップで拡大]

【テストライダー:丸山浩/神永暁直4エンジンを高回転目一杯まで回しての限界走行が必要な今回のガチンコテストには、これまでも数々の一斉テストをこなしてきた丸山浩(右)と神永暁(左)の、おなじみウィズミー・プロフェッショナルレーシング師弟コンビが挑む。

3番勝負概要:限界テストから普段使いまで、新4気筒250cc・ZX-25Rの真価を炙り出す

ついに発売となったニンジャZX-25R。現代に蘇った唯一無二の”直4・250″で、噂どおりクラス最強としてブッチギリのパフォーマンスを見せてくれるのか、誰もが気になるその実力を実際に試す時が来た。

用意したライバルは3台。まずはこれまで2気筒250スポーツの中で”別格”の存在として君臨してきたホンダCBR250RR。次に、2気筒250のスタンダード的な存在であるカワサキ ニンジャ250。そして、直4・250は上の排気量も喰えるのかを検証するために400ccからニンジャ400。ヤングマシンメインテスター・丸山浩を隊長に、これら合計4台のマシンを、

  1. サーキットでのタイムにより、ハンドリングを含む総合的なスポーツ性能
  2. 0-1000m加速による絶対的な動力性能
  3. ダイノマシンによる最高出力&最大トルクの実測検証
  4. 各テスト場所間の移動における公道比較

…と、4つのシーンで徹底的に検証する。ここに250スポーツの新たな戦国絵巻の幕が切って落とされた!

[写真タップで拡大]

[左から] 1番勝負 vs ’21ホンダCBR250RR、2番勝負 vs ’20カワサキ ニンジャ250、3番勝負 vs ’20カワサキ ニンジャ400 KRTエディション [右端] ’21 カワサキ ニンジャZX-25R SE KRTエディション

テスト1: サーキット計測〈筑波サーキット コース1000〉

筑波サーキットのショートコース。4輪も走れるコース幅で走行会でも人気だ。3コーナーからのタイトセクションが勝負の分かれ目。

ニンジャZX-25R実測対決・ライバル3番勝負【最新鋭4気筒250ccの実力を検証】
[写真タップで拡大]
ニンジャZX-25R実測対決・ライバル3番勝負【最新鋭4気筒250ccの実力を検証】
[写真タップで拡大]

【筑波サーキット コース1000】全長:約1km ホームストレート:253m

テスト2:0-1000m加速〈日本自動車研究所(JARI)〉

4輪&2輪メーカーも車両開発に使用している、日本を代表する自動車試験施設。今回は全長1.5kmの多用途試験路を使用し、全開で走り抜ける。

ニンジャZX-25R実測対決・ライバル3番勝負【最新鋭4気筒250ccの実力を検証】
[写真タップで拡大]
ニンジャZX-25R実測対決・ライバル3番勝負【最新鋭4気筒250ccの実力を検証】
[写真タップで拡大]

【日本自動車研究所(JARI) 多用途試験路】全長:1500m

[写真タップで拡大]

【GPSデータロガー デジスパイス3】サーキットタイムと0-1000mの計測には、多機能GPSロガーのデジスパイス3を使用。解析ソフトでコースのライン取りも追うことができる。■デジスパイス

テスト3:パワー測定

ニンジャZX-25R実測対決・ライバル3番勝負【最新鋭4気筒250ccの実力を検証】
[写真タップで拡大]
ニンジャZX-25R実測対決・ライバル3番勝負【最新鋭4気筒250ccの実力を検証】
[写真タップで拡大]

【シャシダイナモメーターブルーライトニングレーシング】ダイノジェットの測定システムを搭載したBLRラボ・スーパートラックで、全国各地でパワーチェックサービスを展開。FIコントローラーのi-CONも人気だ。■ブルーライトニングレーシング

テスト4:公道〈東京都台東区~茨城県東茨城郡〉

ヤングマシン編集部から常磐道を経由して筑波サーキット、そこからJARIのある茨城県東茨城郡まで、約150kmの移動を使って公道性能もチェック。

[写真タップで拡大]

新生4気筒車・ZX-25Rのライバル&兄弟 マシンチェック

ニンジャZX-25Rは、エンジンだけではなくクラスを超えた各部の作り込みも自慢。今回テストを行った4車のライディングポジションやメカニズムなどをここで並べて、どこが違いがあるのか確認しておこう。

モデル概要

【ニンジャZX-25R:みんなが待ってた“250・4気筒”】DOHCの直4エンジンを鋼管トレリスフレームに搭載する、現代に蘇った“250・4気筒”。SFF-BP倒立フォークやモノブロックキャリパーなど装備もレーシーだ。SEにはクイックシフターやフレームスライダーといったパーツが標準装備。

【CBR250RR:”2気筒最強”に磨きをかけた】エンジンまわりを改良して3psパワーアップし、’20年9月に発売開始となった新型。クイックシフター対応や足まわりの見直しなども行われ、2気筒最強としてこれまでの“別格”ぶりに磨きをかけた。車両価格は従来と同じに抑えている。

【ニンジャ250:バランスの取れた250標準形】250スポーツのスタンダードと呼べる立ち位置の2気筒マシン。正立フォークやバイアスタイヤ、アップライトなセパハンなど、ストリートを優先した車体構成となっているが、現行型でスポーツランの守備範囲も広げられた。

【ニンジャ400:実は250より人気とか!?】ニンジャ250と共通車体に400ccエンジンを搭載し、車重差はわずか1kg増。余裕のパワーが加わった扱いやすさは250以上で、弟分よりも好調なセールスを記録している。パワーに応えるため、タイヤはラジアルを採用。

KAWASAKI Ninja ZX-25R SE KRT EDITION

ニンジャZX-25R SE KRTエディション [写真タップで拡大]

HONDA CBR250RR

CBR250RR [写真タップで拡大]

KAWASAKI Ninja 250

ニンジャ250 [写真タップで拡大]

KAWASAKI Ninja 400 KRT EDITION

ニンジャ400 KRTエディション [写真タップで拡大]

※ZX25-Rとライバル3車のスペック徹底比較はさらに続きますが、ニュースサイトへの配信はここまでとさせていただきます。

〈次のページは…〉ZX25R vs ライバル3車 スペック徹底比較
固定ページ:

1

2 3

カワサキ ZX-25Rの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

カワサキ ZX-25R

カワサキ ZX-25R

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 27 価格種別 中古車 0

本体

87.93万円

価格帯 82.5~91.3万円

本体価格

本体

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

4.08万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

92.01万円

価格帯 82.5~98.28万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す