スズキGSX-R1000R[新型バイクカタログ]【モトGP王者のDNA|ユーロ5対応はまだ】

GSX-R1000R 概要

可変バルブタイミング(SR-VVT)やフィンガーフォロワーロッカーアームなど、モトGPマシンの技術を存分にフィードバックしたスズキのスーパースポーツ。国内仕様はショーワのバランスフリー倒立フォークとIMUを活用したコーナリングABSを装備する上級版のRのみが設定されている。

電子制御面は3段階パワーセレクトのS-DMSと10段階設定のモーショントラックTCS-S(トラクションコントロール)の組み合わせにより30通りの出力特性が選択可能。その他にもローンチコントロール/クイックシフター/スズキおなじみのローRPMアシスト/イージースタートシステムを備える。

6代目となる現行型は’17に登場し、’19で可変ピボット機構やステンメッシュフロントブレーキホースを追加するマイナーチェンジを実施した。

’21 GSX-R1000R

スズキGSX-R1000R

■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 197ps/13200rpm 11.9kg-m/10800rpm ■203kg シート高825mm 16L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/55ZR17 ●色:トリトンブルーメタリック×ミスティックシルバーメタリック マットブラックメタリックNo.2×グラスマットメカニカルグレー マットブラックメタリックNo.2 ●価格:215万6000円 [写真タップで拡大]

スズキGSX-R1000R
スズキGSX-R1000R

カラーバリエーションは、ブルーとブラックに新色マットグレーの3色展開。 [写真タップで拡大]

スズキGSX-R1000R|可変バルブタイミング
[写真タップで拡大]

【可変バルブタイミング】モトGPで開発された可変バルブタイミング機構のSR-VVTを搭載。遠心力で動くガイドボールでタイミングを切り替える。

スズキGSX-R1000R|フレーム
[写真タップで拡大]

曲がる車体】フレームはメインスパー内側を鋳造、外側をプレス成形として剛性バランスを最適化。軽快な車体フィーリングを持つ。

スズキGSX-R1000R|反転液晶メーター
[写真タップで拡大]

反転液晶メーター】6段階の輝度調整を持つ反転液晶のデジタルメーターを採用。プログラム可能なRPMインジケーターを持つ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

GSX-R1000Rに関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車大型スーパースポーツクラス【軽量ツインYZF-R7が一石を投じる!】

レースで勝つことより、純粋に走りを極めることを目的に誕生したこのスーパースポーツクラス。しかし、時代の流れととともにやはり勝利が至上命題となり、先鋭化した戦場となってしまった。’21年はそんな流れに一石を投じるヤマハYZF-R7が登場。新潮流が生まれるか? スペック&価格の先鋭化に対し、新生R7が一矢を報いる! かつては日本車の独断場であったが、外国車勢の巻き返しもあり、世界中のメーカ […]

マットグレーが新鮮! スズキ「GSX-R1000R」の2021年モデルに新色が登場!

スズキは、同社の最高峰スーパースポーツ「GSX-R1000R ABS」に新色を追加し、従来から1色を継続とした計3色のラインナップを2021年もモデルとして発売する。価格は215万6000円で据え置きされ、発売日は2021年7月30日。 MotoGPのテクノロジーを注ぎ込んだスーパースポーツ 上級モデルの“R”でありながら215万6000円という価格で人気のスズキ「GSX-R1000R ABS」が […]

ヨシムラ SERT Motulが世界耐久選手権 開幕戦「ル・マン24時間」を完全制覇!

フランスのル・マンで2021年6月12日から13日にかけて開催された「2021 FIM世界耐久選手権(EWC)」の第1戦「ル・マン24時間耐久レース」において、昨シーズンのチャンピオンチームにヨシムラが合流した最強チーム「ヨシムラSERT Motul」が、2位に8周差をつける855周で完勝した。 最終戦鈴鹿8耐(11月7日)を目指し、「2021 FIM世界耐久選手権」開幕戦で躍動 バイクの耐久ロー […]

2021新車バイクラインナップ〈日本車大型スーパースポーツ1000ccクラス〉

2021新車バイクラインナップ>日本車>大型スーパースポーツ 最新潮流解説 1000ccクラス:カワサキ ニンジャZX-10R/RR|ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード/SP|ヤマハYZF-R1/R1M|スズキGSX-R1000R|カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R 600ccクラス:カワサキZX-6R/KRTエディション|ホンダCBR600RR|ヤマハYZF-R6レースベース車 […]

2021新車バイクラインナップ〈大型スーパースポーツクラス|日本車最新潮流解説〉

純粋にバイクが持つ速さを追い求め、最先端の技術や装備が惜しみなく注ぎ込まれている、文字通り最強/最速のカテゴリー=スーパースポーツ。’20年はホンダが超絶パワーの新型CBR1000RR-Rファイアーブレードを投入して話題になったが、’21年はこれに対抗すべくレース最速のカワサキ ニンジャZX-10Rがさらに牙を研いだ。 大型スーパースポーツ:レース性能を重視し、よりエッジィ […]

次期排ガス規制クリア? 絶版? ’20-’21新車バイク動向予想〈大型スポーツモデル編〉

’21年以降、バイク新車ラインナップに大変動が起きる。欧州で’21年1月から次期排ガス規制のユーロ5が全面導入され、規制をクリアしていない車両は”絶版”を余儀なくされてしまうのだ。新型の噂を含め、どんなマシンが生き残るのか、はたまた去りゆくのか緊急予想を敢行。本記事では大型スポーツカテゴリー(リッタークラス&600ccクラス)の行方を探る。 大型スポーツカテゴリー:安泰の旗艦リッターに対し、600 […]

ヤングマシン歴代実測加速タイムベストテン【新型CBR1000RR-R強し!】

※過去の『ヤングマシン』実測テストからデータを集計(主に日本自動車研究所の高速周回路で測定)。 YM実測ゼロヨンランキング【惜しい! 渾身作RR-Rギリ9秒台ならず】 停止状態から400mまでの加速タイムを競うゼロヨン。この距離で行うドラッグレースも多く、市販車で10秒台は相当なダッシュ力と言える。もう少しで夢の9秒台に突入しそうなのが超新星のCBR1000RR-R。YZF-R1の記録を破り、歴代 […]

ヤングマシン歴代実測最高速ベストテン【21年間破られぬハヤブサの金字塔】

※過去の『ヤングマシン』実測テストからデータを集計(主に日本自動車研究所の高速周回路で測定)。 世紀末覇王が未だ君臨も、最新スーパースポーツが壁を超えてきた 『ヤングマシン』本誌名物の実測テストからデータを集計。歴代最高速キングには’99初代ハヤブサが輝いた。公道市販車では21年にわたって未だトップの座に君臨し続けているのだから驚異的だ。これに対抗すべく、カワサキが’00年 […]

スズキ「GSX-R1000R」2020年モデル新色登場【価格は据え置きの215万6000円】

スズキのスーパースポーツ、GSX-R1000Rがニューカラーをまとって登場する。今までにない黒×赤に加え、MotoGPのスズキエクスターカラーをベースとしたトリトンブルーメタリックのグラフィックを変更。これにスズキ100周年カラーを加え、全3色のラインナップになる。価格は215万6000円、発売日は2020年7月30日。 MotoGPのテクノロジーを注ぎ込み、車体色もMotoGPに倣う 上級モデル […]

スズキ創立100周年で「GSX-R1000R ABS」の特別色が登場! GSX-RRのカラーリングがモチーフ

スズキは、同社を代表するスポーツバイク「GSX-R1000R ABS」にスズキ創立100周年を記念した特別カラーを施し、2020年4月24日に発売する。60年前、ロードレース世界選手権にスズキが初めて出場した際の50ccレーサーがモチーフで、2020年シーズンのMotoGPにはファクトリーマシンのGSX-RRが同カラーを採用して参戦する。 2020年のMotoGPファクトリーマシンをモチーフとした […]

’20新車バイク総覧〈大型スーパースポーツ|国産車#2/2〉スズキ カワサキ

’19年秋の東京モーターショーやEICMAが大いに盛り上がったことからもわかる通り、今年’20年は新車の当たり年。中でもスーパースポーツ1000㏄クラスは、究極の「走る・曲がる・止まる」を追求するとともに、レースを視野に入れた公認取得マシンとしての性格も併せ持つため、国産各メーカーの威信を賭けた戦いが繰り広げられるカテゴリーだ。前ページのホンダCBR1000RR-RとヤマハYZF-R1Mに引き続き […]

2019新車走評:国産大型スーパースポーツ編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #01]

バイクの基本性能である「走る・曲がる・止まる」を極限まで追求したスーパースポーツ1000。国産4メーカーのマシンは200ps級で、おしなべて優等生的な速さが特徴となる。レース参戦を視野に入れたモデルが主流だが、異色の存在がカワサキのH2/R。スーパーチャージャーによる陶酔の加速感が魅力だ。 レーシーなYZF-R1に対し、ライバルは公道も照準 各社自慢の最先端メカを満載する1000ccのスーパースポ […]

【2019海外直送・独日最強決戦】直4スーパーバイク1000 全開スーパーTEST[#04 最終ジャッジ&データ比較]

2019年は日本車キラーのBMW S1000RRが、『シフトカム』などの新テクノロジーを盛り込んでフルモデルチェンジ。ついにサーキットへと解き放たれた。ドイツ・PS誌では日本に先立ち、条件が同じ1000cc直4スーパーバイクのライバルを集めて、サーキットで全開テストを敢行。最終回となる第4回では、ラップタイムだけじゃない多岐にわたる項目でガチ採点。1000cc直4スーパーバイクの最強マシンが決定さ […]

【2019海外直送・独日最強決戦】直4スーパーバイク1000 全開スーパーTEST[#03 スズキ&カワサキ編]

2019年は日本車キラーのBMW S1000RRが、『シフトカム』などの新テクノロジーを盛り込んでフルモデルチェンジ。ついにサーキットへと解き放たれた。ドイツ・PS誌では日本に先立ち、条件が同じ1000cc直4スーパーバイクのライバルを集めて、サーキットで全開テストを敢行。第3回は、今回の車両ではBMW S1000RR以外で唯一の可変バルブタイミングを備えるスズキGSX-R1000Rと、スーパーバ […]

【2019海外直送・独日最強決戦】直4スーパーバイク1000 全開スーパーTEST[#02 ホンダ&ヤマハ編]

2019年は日本車キラーのBMW S1000RRが、『シフトカム』などの新テクノロジーを盛り込んでフルモデルチェンジ。ついにサーキットへと解き放たれた。ドイツ・PS誌では日本に先立ち、条件が同じ1000cc直4スーパーバイクのライバルを集めて、サーキットで全開テストを敢行。第1回ではアンダルシア・サーキットでS1000RRがベストラップをマークし、続く第2回ではホンダとヤマハが挑む様をお届けしよう […]

令和に買いたい!【ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ1000ccスーパースポーツ】 2019ニューモデル大集合

スプリントにおける究極の「走る・曲がる・止まる」を追求したカテゴリー。1000ccは、スーパーバイク世界選手権(SBK)や世界耐久などレースを視野に入れた公認取得マシンとしての性格も併せ持つ。今や200psが標準となり、+αをどれだけ絞り出せるかがトレンド。さらに、モトGP譲りの「ウイング」まで登場した。 超高回転化で限界越え! 公道に翼まで降りてきた 各社自慢の最先端メカを満載する大型スーパース […]

新型バイクカタログ[日本車|クラス別]

WEBヤングマシン|最新バイク情報