ホンダ レブル1100/DCT[新型バイクカタログ]:アフリカツインエンジン+シリーズ共通のボバー風

レブル1100/DCT 概要

DCT仕様が’21年3月、MT仕様が5月に発売開始となり、登場と同時に人気沸騰。アドベンチャーのCRF1100Lアフリカツインに使われている水冷並列2気筒エンジンに低中回転域重視の仕様変更を加えて、専用の鋼管フレームに搭載する。現行レブル500/250と同じく、ムダを排除したボバーカスタム風のルックスや低いシート高を実現。バンク角は35度を確保して、スポーティなライディングに対する許容度を増してある。シンプルに見えて電子制御は充実しており、スタンダード/スポーツ/レイン/ユーザーから選択できるライディングモードも搭載。出力特性/トラクションコントロール設定/エンジンブレーキの強さ、DCT仕様の場合は変速のタイミングも連動して切り替わる。

’21 レブル1100/DCT

ホンダ レブル1100 DCT|ボルドーレッドメタリック

【’21 HONDA REBEL 1100/DCT】■水冷4ストOHC4バルブ直列2気筒 87ps/7000rpm 10.0kg-m/4750rpm ■車重223kg/233kg シート高700mm 13L ■タイヤサイズF=130/70B18 R=180/65B16 ●色:ボルドーレッドメタリック ガンメタルブラックメタリック ●価格:110万円/121万円 ●発売日:’21年3月11日/5月13日 [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100|ガンメタルブラックメタリック
[写真タップで拡大]

MTとDCTでカラーバリエーションは共通化されていて、ブラックとレッドの2タイプ。多くの部分をブラックアウトして、精悍な雰囲気に仕上げてある。

ホンダ レブル1100|DCT
ホンダ レブル1100|STD

アフリカツイン用に低中回転域重視の仕様変更を施した水冷パラレルツインエンジンは、270度クランクがリズミカルなフィーリングを生む。(写真左DCT/右STD) [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100/DCT|フロントサスペンション
[写真タップで拡大]

正立フロントフォークのインナーチューブ径は41mmで、ダークネイビーカラーの酸化チタンコートが施されている。前後サスペンションともプリロードアジャスター付き。

ホンダ レブル1100/DCT|メーター
[写真タップで拡大]

ネガポジ反転表示のモノクロ液晶メーターは、クロノグラフを想起させるレイアウト。速度と回転数に加えて、ライディングモードの状態などが表示される。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

レブル1100/DCTに関連する記事

ホンダ レブル1100 DCTに、レブル250大好き女子ライダー(身長153cm)が乗るとどうなる?

レブル様、1100になってもちゃんとフレンドリーなままですか? 2021年春に登場して以降、好調な販売が続いているというレブル1100。1000ccオーバーの大排気量でありながら、扱いやすく、価格もリーズナブルという点が支持されている理由ではないでしょうか。 「扱いやすい」というのはもともとレブルシリーズの特徴。シート高が低いこともあって、レブル250、レブル500は女性ライダー人気も高いモデルで […]

ホンダ レブル1100 DCT ディテール写真解説【タフで力強いスタイリングに扱いやすさをプラス】

’17年にグローバル展開され、一躍世界的人気モデルとなったレブル250/300(海外仕様)/500。熱い支持を受け’20年に発表されたのがレブル1100だ。1082cc並列2気筒エンジンを搭載した本格的クルーザーでありながら、通勤/通学といった日常的なストリートユースもこなす。レブルシリーズ初のDCTモデルもラインナップした。日本では’21年3月に発売された。 […]

2021新型バイク総まとめ:日本車大型クルーザークラス【傑作レブル1100が新たなライバルを生み出すか?!】

大型クラスにおいては、世界的な絶対王者としてハーレーダビッドソンが君臨するクルーザークラス。近年、国内メーカー製のラインアップは減少傾向が続いていたのだが、レブル1100の新登場でトレンドがちょっと変わりそうな雰囲気も…。現状の寂しいラインアップからの脱却なるか? レブルシリーズの成功で風向きが変わった 国内メーカー製のビッグクルーザーは、この10年ほどでラインアップがかなり減った。この大きな要因 […]

〈動画〉速い旨い安い! 気に入ったッ!!【ホンダ レブル1100(6速MT)試乗】

まずは抜群の足着き性! レブル一族らしい軽快なハンドリング、取り回しのしやすさも大健在。そこにアフリカツインの1082cc並列ツインをドリュリュと滋味深く味付けして搭載し、なんとなんと価格は税込110万円スタート! もう売れない理由が見つからないが、その予想通りにベストセラー街道を爆進中なのがホンダ レブル1100。クラッチ操作不要のDCT仕様も設定されるが、今回は6速MT仕様をテスト。ヤングマシ […]

ホンダ レブル1100/500/250=3兄弟試乗インプレ徹底比較【コスパ王頂上決戦?!】

“走る/曲がる/止まる”に”安い”まで揃った、ホンダ レブル1100/500/250の3兄弟。本記事ではヤングマシンのメインテスター・丸山浩が試乗走行を通じてその性能/キャラクターについて詳しく比較した。アナタにピッタリのレブルはどれなのか、ぜひ参考にしてほしい。 レブル3兄弟試乗インプレ:シリーズ通じて思想は同じだ まず、レブルシリーズの基本となる […]

ホンダ新型レブル1100試乗インプレ【女性ライダー/担当ライター/YM編集長はどう感じた?】

250cc版の国内販売が絶好調なクルーザー・ホンダレブルシリーズの長兄として、’21年3月にDCT版、5月にはマニュアル仕様が発売された「レブル1100」。前記事のヤングマシンメインテスター・丸山浩氏の試乗レポートに引き続き、女性ライダー/担当ライター/ヤングマシン編集長のインプレッションをお届けする。 女性ライダーの場合「1100cc簡単ねっ! 両足かかとベッタリに惚れちゃう」 跨って最初に感動 […]

ホンダ新型レブル1100試乗インプレッション by 丸山浩【安い/旨い/カッコいい!!】

250cc版の国内販売が絶好調なクルーザー・ホンダレブルシリーズの長兄として、’21年3月にDCT版、5月にはマニュアル仕様が発売された「レブル1100」。今回の試乗を担当したヤングマシンのメインテスター・丸山浩氏によれば、「足着きがめちゃくちゃ優れている”普通の”バイク」「安い/旨い/かっこいい」「運動性と速さはネイキッド並み」とのこと。さっそく高速走行とワイ […]

〈動画〉レブル3兄弟250/500/1100:丸山浩の乗り比べインプレ【1100でもこの足着きの良さ!!】

ベストセラーのレブル250/500に続き、ブランニューモデル・ホンダレブル1100が’21年3月11日に発売された(DCTのみ先行)。CRF1100Lアフリカツイン系の並列2気筒エンジンを搭載したリッターマシンでありながら、極限まで無駄を排したつくり込みにより、MT110万円/DCT121万円という価格を実現。国産車ではライバル不在と言える大型クルーザー市場に、新たな旋風を巻き起こすことが期待され […]

ホンダ新型レブル1100、DCT版先行発売!シンプルさ追求で110万円〜〈ディテール詳解編〉

ベストセラーのレブル250/500に続き、ブランニューモデル・レブル1100のDCT版が’21年3月11日に先行発売された。CRF1100Lアフリカツイン系の並列2気筒エンジンを搭載したリッターマシンでありながら、極限まで無駄を排したつくり込みにより、MT110万円/DCT121万円という価格を実現した。 +11万円のDCTモデルも登場し、国産車ではライバル不在 ヤングマシンが以前から […]

この質感で110万円/121万円! AT免許でも乗れる「レブル1100」DCT版が3/11に先行発売

ホンダはベストセラー国産クルーザーのオーバー1000cc版、レブル1100 DCT(REBEL 1100 DCT)を2021年3月11日(MTは5月13日)に発売する。レブル250/500とともに撮影&実車に触れることができたので、1stインプレッションとともに詳細をお届けしたい。同時に映像レポートも掲載する。 “キング”レブルは筋肉質なデザインで質感も高い! なのに足着きはレブル250並み レブ […]

2021新車バイクラインナップ〈日本車大型クルーザークラス〉レブル/ゴールドウイング etc.

シートにドカッとお尻を乗せて足を前に投げ出すような、スポーツライディングとは対極にあるポジションが特徴的なクルーザーモデル。最近はゴールドウイングなどのツアラーも合わせて”クルーザー”と呼ばれるようになっている。’21年はホンダからレブル1100が登場することにより、国産クルーザークラスが活性化する可能性が高い。本記事ではホンダレブル1100/500/ゴールドウ […]

【映像】この質感で110万円から! AT免許でも乗れる「レブル1100」1stインプレッション

ホンダはベストセラー国産クルーザーのオーバー1000cc版、レブル1100(REBEL 1100)を3月/5月に発売する。レブル250/500とともに撮影&実車に触れることができたので、さっそくお届けしたい。同時に映像レポートも掲載する。 “キング”レブルは筋肉質なデザインで質感も高い! なのに足着きはレブル250並み レブルざんまい! そんなオープニングで始まる映像レポートをフリーライターの谷田 […]

110万円/121万円! ホンダ「レブル1100」国内発売、MTは5月/DCTは3月

ホンダはベストセラーのレブル250、レブル500に続き、ブランニューモデルの「レブル1100/DCT」を国内正式発表。アフリカツイン系の並列2気筒エンジンを搭載したリッターマシンでありながら、極限まで無駄を排したつくり込みで、価格は110万円/121万円を実現した。 +11万円のDCTも登場し、国産の同クラスではライバル不在! 本誌が以前からスクープしていたレブル1100が、ついに正式発表された。 […]

ホンダ「レブル1100、X-ADV、CB1000R、NC750X、PCX、CB125R、グロム」を国内販売!

ホンダは欧州やアメリカで2021年モデルを続々と発表したが、これらの中から今後国内で販売を予定しているモデルを公式HPで紹介した。タイと欧州で最初に発表された「GROM」から、正式発表間もない「REBEL 1100」まで、一挙に7機種。正式発表が待ち遠しい! 海外発表済みの2021年モデルより国内販売予定車×7機種 ホンダは、公式HPにおいて2021年モデルとして国内販売を予定しているグローバルモ […]

【詳細解説】ホンダ新型「REBEL 1100(レブル1100)」DCT版も登場!【海外発表】

ホンダは欧州と北米でブランニューモデル「REBEL 1100(レブル1100)」を発表。DCTとマニュアルミッションがあり、北米価格はDCT=9999ドル/MT=9299ドル。なんと日本円換算で約97万3000円からという破格のビッグサプライズだ! ↓↓国内モデルが正式発表されました↓↓ ビッグレブルのエンジンはアフリカツインがベース、価格は3分の2以下?! ホンダは欧州と北米でブランニューモデル […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報