第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

EICMAモデルほか国内市販予定車

世界初公開車も! ホンダが発売前の「CL250」「CL500」「レブル1100T」「CBR250RR」を青山で展示【11/15~12/4】

ホンダは、2022年11月15日~12月4日に「Hondaウェルカムプラザ青山で、EICMA2022(ミラノショー)で発表した新型モデルをはじめ、発売されたばかりの「ホーク11」の展示、さらには「プロジェクトBIG-1・30周年記念展示」を併せて行うことを発表した。


●文:ヤングマシン編集部 ●外部リンク:ホンダ



EICMAのCL500、レブル1100TだけでなくCL250、日本GPで初公開したCB250RRも!

CL250/500、レブル1100Tの実車を見られる最初の機会が提供される! ホンダが「ウェルカムプラザ青山(東京都港区南青山2-1-1・開館時間10時~18時)」で“Motorcycle New Model Show in Aoyama”を開催するというのだ。

展示されるモデルの中でまず注目は、レブル250/レブル500をベースとしたCL250/CL500だろう。並列2気筒エンジンを搭載するCL500についてはイタリア・ミラノで開催中のEICMAで発表されたばかりのホットモデル。さらに、共通する車体に単気筒エンジンを搭載するCL250については世界初の一般公開となる。

また、欧州ではCMX1100T REBELとして発表されたレブル1100Tと、MotoGP日本グランプリで展示された新型CBR250RRもあるという。これに加え、市販モデルではホーク11(HAWK 11)、さらにプロジェクトBIG-1ノ30周年を祝う最新のCB1300シリーズと、初代CB1000スーパーフォア、1998年の初代CB1300スーパーフォアも特別企画として記念展示される。

CL250については純正アクセサリー装着車も展示。話題のスクランブラーモデルを目の当たりにしてほしい!

CL250 [写真タップで拡大]

CL250 純正アクセサリー装着車 [写真タップで拡大]

CL500 [写真タップで拡大]

Rebel 1100T [写真タップで拡大]

CBR250RR [写真タップで拡大]

HAWK 11 [写真タップで拡大]

プロジェクトBIG-1・30周年記念展示

“プロジェクトBIG-1”の30周年を記念し、最新モデル「CB1300 SUPER FOUR SP 30th Anniversary」「 CB1300 SUPER BOL D’OR SP 30th Anniversary」に加え、初代モデル「CB1000 SUPER FOUR(1992)」と「CB1300 SUPER FOUR(1998)」を展示。1992年の誕生当時からのデザインスケッチなどで“プロジェクトBIG-1”の30年を振り返りながら、普遍的な魅力を伝える特別展示だ。

CB1300 SUPER FOUR SP 30th Anniversary [写真タップで拡大]

CB1300 SUPER BOL D’OR SP 30th Anniversary [写真タップで拡大]

初代CB1000 SUPER FOUR(1992) [写真タップで拡大]

初代CB1300 SUPER FOUR(1998) [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース